シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

温かな山小屋

f0203836_20393298.jpg


アラスカの森を守るレンジャーの山小屋にて。

アラスカン・ハスキーの子犬たち。
この子たちは、ここで生まれて、ここで育ち、ここで一生を送る。

彼らの親は、犬橇(いぬぞり)の引き手を担っている。
総勢40~50頭はいるだろうか。

スノーモービルが台頭しているとはいえ、犬橇も冬のアラスカの森ではまだまだ重要な移動手段。
雪の無い季節の間(...と言っても、僅か3ヶ月ほどだけど...)も、雪の代わりに砂利を敷き詰めた道で毎日訓練が続けられる。

極寒の気候に強く、強靭な足腰と豊かなスタミナを備えたアラスカン・ハスキーは、生まれながらにしてその資質を持っている。
この子たちもまた、ゆくゆくは一人前の引き手へと育っていく。
そして、その中の一番のエリート2頭が、リーダーとして犬橇の先頭を任される。

もっとも、今はそんなことなど知る由も無い。
レンジャーの足下で、ひたすら眠っている。

穏やかな寝顔。
スースーという寝息...。

そんな様子を見ているレンジャーの表情もまたとても穏やかだ。

極寒の地の山小屋は、暖炉の火と癒しの空気で満たされ、それはそれは温かかった。

暖炉の前で眠る子犬たち
温まった毛布はまるで母親の温かさ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2011-11-05 21:06