シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ドビンに誘われて...

f0203836_21481496.jpg


かつてドビンがよく寄り道をしていた甘味茶屋に寄ってみた。

尾道の町は、ヨーロッパの町によく見られる「新市街と旧市街」を彷彿とさせるものがある。
観光客に人気の千光寺山界隈はいわば旧市街で、数多くの寺院と迷路のような古い町並みが続く。
まるで過去へとタイムスリップしたかのように、セピア色の景観がそこかしこに散らばっている。

尾道駅から商店街を抜け、平行して走る国道と山陽本線の線路を渡ると、そこからはもう別世界。
たちまちノスタルジックな雰囲気が満ちあふれ、流れる空気はやわらかくゆったりとしている。
地中海の町とは色も形も違うけれど、ここは紛れもないシエスタの町だ。

お目当ての茶屋は、踏切から千光寺へと続く石段を少し上ったところにある。
お店は昔ながらの民家をそのまま流用したモノ。
この辺りは、このように古民家を再利用したお店が多い。

玄関で靴を脱ぎ、ひんやりとした板張りの廊下を歩く。
色とりどりの花が咲く庭を望む席に通された。
もちろん畳敷きの和室で、その柱や梁の深い飴色が年月を語っている。

開け放たれた窓からは、そよそよと心地よい風。
その風が時おり下を走る電車の音を拾ってくるくらいで、蚊の飛ぶ音が聞こえるくらいの静けさ。
蚊取り線香の白い煙を、悪戯好きなそよ風が曲げてゆく。

名物の『はっさく大福』をいただく。
同じ尾道市・因島(いんのしま)産の八朔が、餡の中にひと房まるごと入っている。
何となく風変わりに思えるけれど、八朔独特の酸味と香り、餡のやさしい甘さとのコラボレーションは絶妙!。

美味しいお菓子とお茶をいただいて、ココロもカラダもすっかりリラックス。
こんな風通しの良い静かな畳の部屋にいたら、ついついシエスタしたくなってしまう。
他にお客さんはいなかったから、寝転んでしまおうかと思ったケド...。

帰り際、ふとレジ横の壁に何か貼ってあるのが眼に触れた。
犬の...写真が...たくさん...
在りし日のドビンだ。

懐かしくて、つい見入ってしまった。
何気なく茶屋に寄ってみたけれど...
もしかしたら、ドビンが案内してくれたのかも...?。

写真の中には、観光客を先導して歩く「ガイド犬・ドビン」の姿があった。

はっさく大福とお抹茶のセット
コーヒーもよく合う
入梅から秋までは八朔の収穫が無いので大福もお預け


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「第1回 フォトフェス in Tokyo」に出展します(詳しくはコチラ
2013年6月8日(土)
10:00〜16:30
東京都・大田区産業プラザPiO
1F・大展示ホール
ブースナンバー・E1


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-06-06 22:01 | Trackback | Comments(0)

春の恵み、イロイロ

f0203836_198396.jpg


暑い日があったり、寒い日があったりと、なかなか落ち着かないこの春の天気。

それでも、我が家の庭を見ていると、季節は確実に初夏に向かっているのがわかる。
レモンやオリーブの木には花が咲き、ルッコラやオレガノはぐんぐんと葉を伸ばしている。
冬の間はただの枯れ木のようだったブーゲンビリアもようやくお目覚めのようで、小さな花芽を膨らませている。

庭ではいくつか、野菜も育てている。
レタスは毎日サラダでいただくには充分だし、まだ青いけれどトマトも実をつけている。
『花より団子』ではないけれど、新鮮な野菜を穫ってすぐに食べられるのは本当にありがたい。

そしてコレも、その収穫のひとつ。
さて、コレな〜んだ?。

「エシャロット!」
「え?、エシャレットじゃないの?」

前者の方、不正解。
後者の方、半分正解。
正解は...

ラッキョウ

よく混同されるのだけど...
エシャロットは全くの別モノで、形も小さなタマネギのような感じ。
南欧では香味野菜としてポピュラーなのだけれど、日本ではほとんど見かけることが無い。

そして...
春に収穫される早穫りラッキョウの販売促進のために、独自につけられた商品名。
それが、エシャレット。

ちょうど1年前に植えたのだけど、ちょうどこの時期が旬。
ちゃんとできているかどうか、おそるおそる掘り起こしてみた。
もっとも、このドキドキ感が楽しいのだけれど。

結果...、大豊作!。
スーパーで売られているものと比べると、ほんの少しばかり小振りだけれど、お味の方は文句無しの満点。
季節の恵みに感謝!。

ん?.........
やっぱり.........
『花より団子』?。

獲れたてのホヤホヤを『島ラッキョウ風塩漬け』にして...
ラッキョウ特有のニオイは軽くて辛みもずっと少ない
みずみずしくてシャキシャキとした食感が最高!


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「デザインフェスタ vol.37」に出展します(詳しくはコチラ
2013年5月18日(土)・19日(日)
11:00〜19:00
東京ビッグサイト・西ホール
4階・ブースナンバー I-127


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-05-11 19:24 | Trackback | Comments(0)

悪魔の化身

f0203836_23392337.jpg


アタマが異様に大きくて、グニャグニャと芯の無いカラダ...
ブチブチとした突起物が無数に並ぶ、手とも足ともつかないモノがたくさん...
欧米では昔から『悪魔の化身』とされる嫌われ者。

ただし、地中海沿岸国ではその限りでは無い。
それどころか、みんなに慕われている人気者だ。
それは...

タコ♪

イタリアやスペイン、そしてもちろんギリシャでも好んで食されている。

タベルナに行って
「今日のおススメはなぁに?」
と尋ねれば...
「最高のタコがあるよ!」
と、まるで決まり文句のように返ってくる。

「赤ワイン煮」も美味しいけれど...
素材の味を大切にするギリシャ料理なら、やっぱりシンプルにグリルでいただきたい。
「タコ焼き」ではなく、「焼きタコ」だ。

チャコールでじっくりと焼かれた大きなタコの足。
コレに、オレガノやディルなどのハーブを散らして香り付け。
あとは例によって、テーブルの上に置かれたオリーブオイルと塩で整えて...

ハイ、召し上がれ♪


地中海はタコの宝庫
太くても軟らかくて味もしっかり
モロッコ産は日本のスーパーマーケットでもおなじみ


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「世田谷アートフリマ vol.19」に出展します(詳しくはコチラ
2013年4月20日(土)
11:00〜18:00
世田谷文化生活情報センター
キャロットタワー・4階
(東急田園都市線/世田谷線・三軒茶屋駅隣接)
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-04-12 23:46 | Trackback | Comments(4)

ギリシャのヨーグルト

f0203836_2325952.jpg


ヨーグルト

...といえば、日本では某メーカーの「ブルガリアヨーグルト」が思い浮かぶ。
昔からよくテレビCFが流れていたし、食された方も多いのでは?。
そんなことから、ヨーグルトはブルガリアが原産というイメージが強い。

ヨーグルトは遥か昔、紀元前から親しまれてきた食べ物。
その起源については諸説あるのだけれど、その中でも東地中海地方、現在のトルコを原産地とする説が大勢。
もっとも、ブルガリアはトルコのすぐ北西隣の国だから、決して大きく間違ってはいない。

そして...
ブルガリアの南、トルコの西に隣接する国...
ギリシャでも、ヨーグルトは無くてはならない食材。

ギリシャのヨーグルトは、日本では「水切りヨーグルト」と呼ばれるタイプ。
文字どおり、余分な水分や乳清を除去したモノで、とてもクリーミーな感じ。
有名なトルコアイスのように、スプーンを突き刺して手を離しても倒れないほどモッチリとしている。

その味はモチロン、とにかく濃厚!。
日本で手に入る一般的なモノとは全く別のシロモノだ。
しっかりとした食感があって、その分お腹にもたまる。

ギリシャではこの濃厚なヨーグルトに、これまた濃厚な純国産のハチミツをたっぷりとかけていただく。
水飴などの添加物を一切加えていないピュアなハチミツとの相性は抜群。
最高の素材同士が創り出すハーモニーなのだから、美味しくないワケが無い。

ところで、日本ではほとんど食する機会が無いこのギリシャのヨーグルト。
まだ地域限定ながら、手に入れることができる。
ただ、工場は日本国内なので、厳密には『ギリシャ様式製法ヨーグルト』かも。

森永乳業
『濃密ギリシャヨーグルト PARTHENO パルテノ』

公式ウェブサイト  http://partheno-gy.jp/
公式facebook   http://www.facebook.com/partheno.gy/

ギリシャ本国のヨーグルトをそのままに再現していて、美味!。
どこかで見つけたなら、是非お試しあれ。

ハチミツに誘われてやってきたミツバチ
このあと2匹、3匹と飛んできたけれど...
濃厚なヨーグルトとハチミツが羽や足に絡まって飛び立てず×××


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-03-12 23:43 | Trackback | Comments(0)

チョコレートの日

f0203836_19463694.jpg


今日、2月14日はバレンタインデー

「お菓子業界の策略だ!」
なーんて声も聞こえてくるけれど...
やっぱり、女子も男子もドキドキの一日♪。

ところで、チョコレートといえば、連想するのはベルギーやフランス、スイスあたり。

旅から帰国の途中、スイス・チューリッヒ空港での乗り継ぎ時間を利用して、ショッピングエリアを覗いてみた。
期待どおり、もの凄い数の銘柄のチョコレートがところ狭しと並んでいた。
さすがは、国民一人あたりのチョコレート消費量が世界一と言われる国。

チョコレートが大好きな私には凄くウレシイのだけれど...
スイスは物価の高い国なので、チョコレートとはいえ免税店でさえナカナカのお値段。
でも、せっかくスイスに来たのだからと、いくつか買って帰ることにした。

私が買ったのは、リンツにミルカ、それにゴールドケン。
リンツはスイスはもとより、世界を代表する銘柄。
日本では見かけない製品も、現地にはたくさん。

普段は国産の某・赤いパッケージのモノが好きで、それが世界一美味しいと思っていたけれど...
!!!!!
スイスのチョコレートって、オイシイ!。

そういえば、キットカットを造っているネスレもスイスの会社。
そして、ネスレといえばネスカフェだけど...
スイスのチョコレートは、コーヒーによく合うかも。

今朝、駅の柱の陰にチョコを片手に潜んでいる女子生徒を見かけた。
うまく渡せたかな?。

ガンバレッ、女子!

Happy Valentine's Day!


私が中学生の時のバレンタインデー
「コレに入れて帰るんだ!」と
ゴミバケツ用の大きなポリ袋を持ってきた男子がいたな〜
帰りの時点でヒトツも入ってなかったけど...?


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-02-14 20:00 | Trackback | Comments(2)

またひとつ...

f0203836_17514146.jpg


あと少しで、今年も終わってしまう。

子供の頃の一年は随分と長く感じたものだけれど、今ではあっという間の時間に感じてしまう。
せめて年越しはゆったりと過ごしたい。
こんな時は、お酒が全くダメな私でも、ほんの少しだけ飲んでみたいという気になってしまう。

シエスタの町でお土産にいただいた、ウゾのボトルがあったのを思い出した。
小さなグラスに、ほんの少しだけ注いでみる。
それを、さらに水で割る。

曇りの無い透明だったウゾは、水を加えると一瞬にして白く濁る。
まるでマジックのようだ。
そんな風に、来年はパッと明るい年になればいいのだけれど。

去り行く年に
そして来たる年に...

ヤーマス!(乾杯!)

みなさん
良いお年を!


ちょっと格好をつけてみたけれど
ワタシはやっぱりお酒はムリ!
ウゾ・キャンディーの方が美味しいナ♪


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2012-12-31 23:15 | Trackback | Comments(2)

オミヤゲのハナシ

f0203836_23435577.jpg


"お土産話" ではなく、 "お土産のハナシ" なので悪しからず。

私は旅先であまり買い物をしない。

別にトコトンお金を切り詰めているワケではない。
何より "旅" が好きで、旅の間はソレを目いっぱい楽しむので、それでもうお腹いっぱいだからかもしれない。
それに、旅の思い出はカメラに収めているので、それで充分だからカモ。

でも、今回の旅では珍しくそこそこ買い物を楽しんだ。
それも、食べ物ばっかり!。
あ、全部が自分用ではなく、ナカヨシさんへのお土産もあるので、念のため。

ギリシャの島々には、それぞれに名産品がある。
その殆どは、島で採れたものを、昔ながらの方法で加工したもの。

ハチミツやオリーブオイルにしたって、オートメーションの工場で大量生産するものではない。
村の人々がそれぞれの家や集落で収穫して、それを自家精製したものだ。
大量生産品よりずっと濃厚で芳醇なその味わいは、生産者の温かな愛情が伝わってくる。

昔ながらのやり方は、無駄が多くて非効率かもしれない。
だけど、効率を追い求めた大量生産品は、もっと大切なモノを犠牲にしてしまっているような気がする。

ところで、もし島で気になるモノを見つけたら、迷わずその場で買うのがマル!。
島で売っているお土産には、その島でしか売っていないものが多いからだ。

「もっと田舎の島に行くから、そっちの方が安いかも」
「帰りにアテネに寄るから、そこで買おう」
...なんて思っていると、あとで地団駄を踏むコトになってしまうので注意!。

私が今回買ってきたモノは、そんな島でしか手に入らないものばかり。
タイムのハチミツにオリーブペースト、伝統的なお菓子にスパイス、それにハンドメイドのアクセサリー。
おかげで帰りのスーツケースはパンパン!。

そして...

島からアテネへの国内線、オーバーウエイトで超過料金15ユーロ也×××。
買い過ぎにはくれぐれも気をつけて。

全てが村で作られたもの
ハチミツはタイムの花からミツバチたちが集めたもので
本当にホッペタが落ちてしまいそう


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「第18回 あ〜てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」に出展します
2012年12月7日(金)〜9日(日)
11:00〜18:30
横浜赤レンガ倉庫1号館・2階
ブースナンバー78
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2012-12-01 23:56 | Trackback | Comments(2)

漆黒の村

f0203836_22524740.jpg


バリ島の農村部の夜は暗い。

と言っても、必要最低限のことをするには何とかなる明るさだ。
ここに居ると、日本がいかに電気を浪費しているか、考えさせられてしまう。

夕食を摂るため、ワルン(食堂)を探しに出てみた。
街灯の無い夜の田んぼの畦道を歩くのはなかなか厳しいが、ちょうどこの日は満月。
その明るさは、ランタン代わりに充分だった。

観光客で賑わうクタやレギャン辺りの繁華街と違い、農村ではワルンのような客商売の店でさえ灯りは暗い。
たまたま入ったワルンは、その中でも一層暗い店だった。

そのワルンのメニューはナシ・チャンプル、ただ一品のみ。
ナシ・チャンプルとは、ご飯と何品かのおかずが同じ皿に盛られているモノ。
このおかずが店によってイロイロなので、楽しみにしている。

店には一応蛍光灯がひとつ点いてはいたが、なにしろ暗かった。
窓の外の満月の灯りの方が、よっぽど明るい。
ヒトは暗いところにいても徐々に慣れて見えてくるものだけど、時間が経てど変わることは無かった。

テーブルで料理が出てくるのを待っていると、足下を毛がフサフサとした何かやわらかなモノがすり抜けていく。
ビックリして足をあげると、

ニャ〜〜〜

...ネコだった。
それも黒ネコ。
ココでは保護色、見えるはずも無い。

黒ネコに幾度となく足をスリスリされていると、料理が運ばれてきた。
美味しそうな匂いが、ペコペコのお腹に響く。
さあ、いただきまーす!。

うん、美味しいっ!!!

素朴だけど、優しい味。
旅で疲れたカラダに染みる。
本当に美味しい。
ただ...

何を食べているのか、さっぱりわからない

あまりに暗くて、今自分がいったい何を口にしているのか、皆目見当がつかないのだ。
とってもローカルなお店だったので英語も通じず、結局どんなおかずだったのかわからずじまいだったケド、あっという間にペロリと完食。
とても美味しくいただいた。

帰り道の月明り
まるで太陽のように明るかった


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「世田谷アートフリマ vol.18」に出展します
2012年9月22日(土)
11:00〜18:00
世田谷文化生活情報センター
キャロットタワー・4階
ブースナンバー66
(東急田園都市線/世田谷線・三軒茶屋駅隣接)
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2012-09-15 23:04 | Trackback | Comments(4)

またヒトツ...

f0203836_22164359.jpg


先日は、私の○○回目の誕生日だった。

子供の頃は嬉しかったケド...、今となってはできれば来て欲しくない日になってしまった。
そうは言っても、必ず毎年決まった日にやってくるのだから、どう足掻いたって仕方が無い。

こんな日は、何か美味しいモノを食べに行きたい。
とはいえ、豪華な店で堅苦しい食事なんて、まっぴらゴメン。
望むのは、リーズナブルに楽しめるお店。

RosshiesさんへGO!。

こちらのお店、野菜ソムリエの資格を持つオーナーさんが吟味して買付けた拘りの食材を使っていて、野菜好きの私には堪えられない。
その料理の数々もバラエティーに富んでいて、しかも独創的。
他のお店ではなかなか出会えないものばかりで、目移りしてしまう。

美味しい野菜を食べたかったので...
"アボカドと季節野菜の炒めもの" をオーダー。

黒キャベツに黄カブに、えーっと...
とにかく珍しい野菜がたくさん♪。
色とりどりで、まるでフルーツサラダみたい。

そしてもちろん、美味っ!。
ついつい、顔がニンマリとしてしまう。

地元・三浦や葉山に鎌倉の獲れたて、しかも選りすぐりの素材。
是非一度、ご賞味あれ。

オーナーさん
ケーキ、ご馳走さまでした〜☆


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

=お店データ=

Rosshies(ロッシーズ)

横須賀市野比5-6-30
046-807-3828
http://www.rosshies.com/


f0203836_2217913.jpg


"アボカドと季節野菜の炒めもの"
旬の野菜とアボカドをガーリックシーズニングで
580Yenデス


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2012-02-12 22:34 | Trackback | Comments(2)

旅の楽しみ

f0203836_2224783.jpg


私が旅で楽しみにしているコトのひとつ。
それは...

美味しいモノ!

コレ、旅の満足度に大きく影響しているかも。

せっかく京都に来たのだから、やはり京都らしいものを食べたい。
湯豆腐、湯葉、生麩、炊いたん...。
大の和食党の私には、どれも堪えられないものばかり。

出かける前に、いくつかのお店に目星をつけておいた。
ところが、いざ足を運んでみると、既に予約でいっぱいだったり、お休みだったり...。
ホテルでおススメしてもらったところなんて、廃業してたし。
ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

そんなわけで、一からお店を探すことに。
値段が高くて美味しいのは当たり前。
手頃な値段で美味しいところを探したいケド、それを見た目で判断するのは無理というもの。

それではと、第六感を信じて、
「えいやぁーっ!」
とばかりに突撃。

結果、どこも当たり。
それも、大アタリ!。
たまたま運が良かったのかどうか、とにかく美味しいモノにありつけた。

美味しいモノをいただくと、自然と笑顔になってしまう。
一日歩き通した疲れも、あっという間にどこかへ吹っ飛んでしまった。
おかげで、お腹もココロも "ほっこり" あたたか。

食で癒された、京の旅。

"甘鯛の酒焼き"
旬の甘鯛をシンプルに
素材の味を楽しむ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

「第16回 あ〜てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」に出展します
2011年12月9日(金)〜11日(日)
11:00〜18:30
横浜赤レンガ倉庫1号館・2階
ブースナンバー74
入場無料です

[PR]
by photographerasuha | 2011-12-05 22:37 | Trackback | Comments(2)