シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ミドリ+シロ+アカ...

f0203836_062922.jpg


トリコローレ・イタリアーノ。

言わずと知れた、イタリアの国旗。
3色を均等に配置したシンプルで鮮やかなデザインは、わかりやすく親しみやすい。
もっとも、ヨーロッパ諸国は3色国旗だらけだけれど。

あしらわれた色には、それぞれに意味がある。
緑は国土、白は雪、赤は愛国者の血。
由来となったフランス国旗に倣って、自由・平等・博愛とも解釈される。

この配色、見るからにイタリアらしい。
緑はバジリコやオレガノ、白はチーズや小麦粉、赤はトマトやペペロンチーノ。
つまり、イタリア料理には欠かせない食材の色が揃っている。

こんなエピソードがある。

その昔、時の国王ウンベルト1世夫妻がナポリを訪れたとき、王妃は庶民の味であるピッツァを賞味したいと望まれた。
ナポリで名高いあるピッツァ職人に声がかかり、彼はいくつかの自慢のピッツァを作り献上した。
と、そこへ彼の妻が彼女が焼いたピッツァを持って現れた。

そのモチーフとなったのは、イタリア国旗。
彼女は3色を、バジリコ・モッツァレラチーズ・トマトで表現してみせた。
それは当時、まだ誰も作ったことの無かった、全く新しいピッツァだった。

王妃はそのピッツァの名を尋ねられたが、なにしろ初めて世に出たモノ。
名前など無かった。
そこで、王妃の名前を、そのままその新作ピッツァに冠することにした。

その王妃こそ...
マルゲリータ

今ではピッツァの定番となった、「ピッツァ・マルゲリータ」誕生の瞬間だった。
ピッツァ・マルゲリータの由来については諸説あるので、真偽のほどは定かではないけれど...。
いずれにしても、緑・白・赤の3色は、イタリアを象徴するにはお似合いだ。

イタリアの旅でウンザリしてしまって、以来すっかり口にする機会が減ってしまったパスタにピッツァ。
パスタは最近になってやっと少し食べるようになったけど、ピッツァはあれから未だ全く口にしていない。
でも、こんなコトを書いていたら、ちょっとお腹が空いてきてしまった。

よし、そろそろ解禁とするかな?。

職人さんが働いていたお店は今も健在
ナポリにある「Brandi」というお店がソレ
今回は縁が無かったケド、いつか行ってみたいナ...


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「世田谷アートフリマ vol.21」に出展します(詳しくはコチラ
2014年4月19日(土)
11:00〜18:00
世田谷文化生活情報センター
キャロットタワー・4階
(東急田園都市線/世田谷線・三軒茶屋駅隣接)
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-03-27 00:25 | Trackback | Comments(0)
f0203836_1242148.jpg


降りも降ったり、湘南地方は2週連続の大雪だった。

「大雪」なんて言うと、雪国にお住まいの方に笑われてしまいそうだけど。
我が家でも30センチ近く積もって、3日経った今でも庭は真っ白。
前回の雪かきで体中が痛くなってしまったので、今回はもう自然に任せることにした。

普段雪が降らない場所ゆえに、これだけ降るとなにかと問題が出てくる。
スーパーに行けば、パンも牛乳も何もかもスッカラカン。
配送・物流がうまくいかないのだから仕方が無い。

一番困るのは、交通機関。
ダイヤが乱れても動いてさえいれば助かるのだけれど、この度は完全にストップしてしまった路線も。
おかげで、横浜の『CP+』も土曜日は開催中止に追い込まれてしまった。

そんな雪に埋もれた週末だったけれど、こんな時は逆転の発想。
せっかくドッサリと降ったのだから、楽しまなくちゃ。
というワケで、何をしようかとアレコレ考えて、前からやってみたかった「あるモノ」を作ってみることにした。

カナダ・ケベック州は、世界有数のメープルシロップの産地。
これからの季節は、まさに収穫の季節を迎える。
作りたいのは、その収穫期の早春に親しまれている「あるモノ」。

作り方はとても簡単。
まずは、キレイな雪をバットや洗面器に押し固めておく。
融けないように、家の外にそのまま放置。

次に、メープルシロップをコトコト煮詰める。
注ぎたてのビールのように泡が立つけれど、かき混ぜないでそのまま。
泡が落ち着いてきて、少しだけ焦げた匂いがしたら火からおろす。

さきほどの固めた雪の上にアツアツのシロップを垂らして、アイスクリーム用の木のスプーンや割り箸にクルクルと巻き付ける。
垂れない程度に固まったら...
ハイ、ケベック名物『メープル・タフィー』の出来上がり♪。

素朴だけど、甘くて香ばしくて、どこか懐かしい感じがする味。
カナダの写真を見ながらいただけば...
現地に行った気分が味わえるカモ?。

歯にくっつくので噛まないように注意
ゆっくり舌の上で溶かして味わう
さもないと虫歯に被せたモノが取れちゃうゾ!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-02-17 12:51 | Trackback | Comments(0)
f0203836_2134337.jpg


『名物に旨いもの無し』

よく耳にする諺だけど、わりとアタっていると思う。
イタリアのパスタやピザは、こちらの期待が大き過ぎたのか、少し残念だった。
まあ、たまたまそんなお店に入っただけのコトかもしれないけれど。

日本のイタリア料理は、シェフの創意工夫のおかげで、相当に美味しいモノが手軽にいただけるようになった。
もっとも、それらは日本人好みの味付けかもしれないので、イタリア人には本国のモノの方が美味しく感じられるかもしれない。

こう綴ると誤解を与えてしまいそうだけど、もちろん美味しいモノもたくさんあった。
旬のポルチーニのリゾットに、獲れたてアンチョビのマリネ、コッツェ(ムール貝)の白ワイン煮...
素材を活かした料理は、当たり前だけどちゃんと美味しかった。

イタリア名物といえば、ドルチェも有名。
日本でもお馴染みのティラミスやパンナコッタは代表格。
ローカルなモノも数多くあって、目移りしてしまう。

ただ、どれもかなり「甘い!」。
もう、本当に頭がキーンとなるほど、強烈に甘い。
ギリシャもそうだけど、南欧の人は甘いお菓子が大好きだ。

そこで、忘れてはいけないのが...
ジェラート

フレーバーはバラエティに富んでいて、選ぶのにアレコレ迷ってしまう。
でも、おススメはなんと言ってもリモーネ(レモン)。
イタリアらしいし、なにより歩き疲れたカラダにしみる。

それから、ピスタチオやヘーゼルナッツ、アーモンドなどのナッツ系。
これらのナッツは、イタリアやギリシャなど地中海沿岸国が名産地。
香ばしくて濃厚な味わいと、ナッツの食感が楽しい。

あとは、ヨーグルト、ココナッツ、ピーチ、ザクロ、ラズベリー、エスプレッソにミント...
種類が多過ぎて、もはや何があったか憶えてないけど、とにかくどれも美味しかった。

今、日本は冬真っただ中。
冷たいジェラートなんて...。
でも...コタツの中や暖房の効いた部屋でいただくジェラートもイイネ!。

ホッと一息、ジェラート・タイム
大体どこでも2ユーロくらい
エスプレッソと一緒にいただいてもbuono!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-01-25 21:15 | Trackback | Comments(0)

パスタこわい

f0203836_23401622.jpg


落語の演目に、『饅頭(まんじゅう)こわい』という名作がある。

「この世に怖いものなんて何も無い」と言い張っていた男が、「ただひとつ饅頭が怖い」と言い出す。
仲間たちは饅頭をたくさん買い込んでイタズラを謀るけれど...
実はコレが大好物で、食べたいが為の作戦だった...、という噺。

詳しいコトは、調べていただくとして...

さて、イタリアの食べ物といえば、真っ先に思いつくのはやはりパスタだろう。
カレーやハンバーガーと同じく、日本でもすっかり国民食化してしまうほど親しまれている。
街を歩けば、あちこちにパスタのお店があって、どこに入るか決めるのに困るほどひしめいている。

もちろん、私もパスタは大好き。
どちらかというと、濃厚なクリーム系よりも、あっさり塩味のペペロンチーノが好み。
今回の旅でも「本場でおいしいパスタを...♪」と、行く前から楽しみにしていた。

日本では、パスタといえばスパゲッティが代名詞みたいなもの。
お店でいただくとしても、ロングだとフェットチーネやリングイーネ、ショートだとペンネやニョッキにフジッリくらい。
スーパーに行けばいろんな種類が売られているけれど、自分で調理してみようという気にはナカナカ...。

せっかくイタリアまで来たのだから、日本ではいただく機会の無いモノを食べてみたい。
田舎町のトラットリアで、読み慣れないイタリア語のメニューの中から、勘に頼って注文してみる。
どのお店でも、運ばれてきたパスタは見るからに美味しそうだった。

「ウーーーン♪」

「う・・・ん?」

「うーーーん...」

結果から言うと、2日で飽きてしまった。
いや、決して不味いのではなく、美味しいのは確か。
ただ、何というか、味が濃すぎるというか...。

それからというもの、パスタという文字さえ見るのも嫌になってしまった。
イタリアを歩いているというのに、それは到底無理なハナシ。
「ああ、パスタこわい、パスタこわい...」

すっかりウンザリしてしまって、帰国してからも
「年内はもう食べたく無いナ...」
と、思っていたけれど...

食欲とは本当に恐ろしいもので...

「ああ、パスタこわい♪、パスタこわい♪」

一番美味しかった『トロフィエ・ボロネーゼ』
トロフィエは北イタリア・ジェノヴァ名産のパスタ
モチモチとした食感が面白くて◎


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「第20回 あ〜てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」に出展します(詳しくはコチラ)
2013年12月21日(土)〜23日(月・祝)
11:00〜18:30
横浜赤レンガ倉庫1号館・2階
ブースナンバー 13
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-12-02 23:54 | Trackback | Comments(2)

最悪の日

f0203836_23433256.jpg


一番楽しみにしていた町での撮影の日。

例によって、朝から雨降り。
そして、雷と風のオマケ付き。
テンションは空のように、どんよりと...。

連日泣き続ける空に、なんとか笑ってもらおうと四苦八苦。
そんな思いが通じたのか、近くの小学校から賑やかな声が漏れてくる頃には、なんとか泣き止んでくれた。
ただ暗い雲は居座ったままで、いつまた泣き出すかもしれないので、急いで身支度して町へと向かう。

まずは、町全体を見渡せる高台へ。
ところが...、そこには立入り禁止の警告が。
連日の悪天候で地盤が緩んで、崖崩れの危険があるらしい。

残念だけど、入れないのでは仕方が無い。
もっとも、こんな天気では考えていたような画は撮れないだろうから、諦めもつく。
気持ちを切り替えて、海上から撮るために船着き場へ。

...が、「ボートを岸に着けられない」と。
さほど海面が荒れているようには見えないのだけれど?。
好転の見込みが無いということで、あえなくコチラもキャンセル。

気分転換を図ろうと、トラットリアでランチ。
スカンピやコッツェがたくさん入った『リゾット・アッラ・ペスカトーレ』。
普段なら大喜びなハズなのに、こんな時はちっとも美味しく感じられない。

悪い流れを断ち切るべく、隣の町へと移動することに。
駅に行くと、タイミングよく電車が入線。
待つこと無く乗ることができた。

「ラッキー!、これで悪運と縁が切れたっ♪」

いやいや...

そんなに甘くは無かった...。

=続く=

地中海の海の幸がたっぷりの漁師風リゾット
魚介のダシがしっかりとお米にしみて美味
お酒がイケる方は白ワインと一緒にドーゾ!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-11-18 23:49 | Trackback | Comments(0)

台風、大暴れ

f0203836_22273594.jpg


昨日の台風、湘南地方もけっこうな嵐だった。

またしても各地で大変な被害が出てしまった。
ここ数年、大きな自然災害が頻発して、本当にいたたまれない気持ちになってしまう。
それに比べれば取るに足らないことだけれど、我が家の庭もそれなりに荒らされてしまった。

雨が激しく叩きつける窓から外を眺めれば、大きな月桂樹の木は気の毒なほど揺さぶられ...
レモンの苗木は突風ひと吹きで倒れ...
サトイモの大きな葉は見るも無惨にビリビリと破れて、暗い空へと飛んでいってしまった。

トマトは針金細工のようにグニャリと曲がり...
ショウガは茎の根元からポッキリ折れてなぎ倒され...
ハーブを植えたテラコッタのポットたちは、あちらこちらにゴロゴロと。

一夜明ければ、落ち葉や折れた枝が一面に。
それに、どこから飛んできたのか、魚が入っていたであろう発泡スチロールの箱に、見覚えの無いスリッパ。
ビニール袋に、お菓子のパッケージに、その他モロモロ。

余計な仕事が増えてしまった。

それにしても、我が家の庭。
ブーゲンビリアやオリーブ、ゼラニウムなどで、地中海のシエスタの町のようにしようと意気込んでいたけれど...
気がついてみれば

口に入るモノばっかり!!!

シエスタの庭は、いつになったら完成するのやら×××。

去年は全くダメだったスダチがまさかの大豊作
焼き秋刀魚にポン酢にと大活躍
『食欲の秋』ココに始まる!


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「世田谷アートフリマ vol.20」に出展します(詳しくはコチラ
2013年9月21日(土)
11:00〜18:00
世田谷文化生活情報センター
キャロットタワー・4階
(東急田園都市線/世田谷線・三軒茶屋駅隣接)
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-09-17 22:36 | Trackback | Comments(4)

オイルぁにゃ無理だ

f0203836_16542952.jpg


何気なくテレビをつけて、何気なくCS放送にチャンネルを合わせた。

画面に映し出されたのは...
オリーブ畑が果てしなく広がる、スペインの大地...
と、イケメン・速水もこみちさん。

某番組の人気コーナー「MOCO'Sキッチン」の特番。
もこみちさんが、オリジナルのオリーブオイルを作るために、本場スペインを旅するというモノだった。

私もオリーブオイルは大好き。
サラダ、パン、それにタコの刺身...
いろんなものにつけて楽しんでいる。

でも、番組ではオイルよりも...
バルでのタパス(小皿料理)だとか、メルカド(市場)での食べ歩きとか、ソチラの方が気になって仕方が無かった。
食欲、恐るべし!。

オレイン酸を多く含むオリーブオイルは、健康に良いとされている。
心臓病や動脈硬化、便秘に育毛...
ビタミンEと一緒に摂取すれば、癌の抑制効果もあるとか。

私は医者ではないので、その真偽のほどはわからないけれど...
いくら健康に良いとは言っても、極端な摂り過ぎは控えたほうがいいかも。
「過ぎたるは及ばざるが如し」と言うし。

ところで、もし買うのなら、エキストラヴァージンオイルがおススメ。
油なので、できるだけ新鮮で保存状態の良いモノを。
少しばかり値段が高くても、ココは拘りたい。

...で、ハナシは戻って...
農園を訪ねて、収穫して、搾って、ブレンドして、なんだかんだで出来上がった特製『MOCO'Sキッチン・エキストラヴァージンオリーブオイル』
1本450gのお値段は...

5250Yen!!!

(;´・ω・)・・・ムリッ!!!

ギリシャのタベルナ(食堂)
テーブルには必ずオリーブオイルが
焼き魚やサラダの味付けはお好みで


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「世田谷アートフリマ vol.20」に出展します(詳しくはコチラ
2013年9月21日(土)
11:00〜18:00
世田谷文化生活情報センター
キャロットタワー・4階
(東急田園都市線/世田谷線・三軒茶屋駅隣接)
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-09-08 17:17 | Trackback | Comments(0)

朝スイのススメ

f0203836_22293356.jpg


立秋から一週間。

暦の上では秋が始まっているハズだけれど、「いったいドコが?」という感じ。
ますます暑くなるばかりで参ってしまう。
家にいても暑くて暑くて、いっそ家ごと行水したいくらい。

毎朝欠かさず食べている自家製ヨーグルトも、この暑さのおかげですっかりダメになってしまった。
発酵食品は温度管理がなかなか難しい。
私と一緒で夏場が苦手らしい。

仕方が無いので、何か代わりになるモノを...
と、冷蔵庫をガサガサ。
あるモノに白羽の矢が立った。

それは、スイカ

これが思いのほか大アタリだった。
ヒトは寝ている間にコップ1杯分の汗をかくというから、水分の固まりのようなスイカは起き抜けのカラダには嬉しい。
ほどよく冷えた果汁が、喉を潤しながら通っていく感覚が心地よい。

ひと口ごとに、何かカラダに良いモノがスーッと浸透して、細胞が目覚めていく...
そんな感覚がはっきりとわかる。
私にとっては専ら夜に食べるモノだったけれど、すっかりそのイメージが覆ってしまった。

昔から、スイカは体温を下げるとか言われるけれど...
季節のモノ・旬のモノというのは不思議なくらい、なにかと理に敵っている。

そういえば、バリ島の宿では朝食時にフルーツが出てくるけれど、必ずスイカが入っている。
他には、メロン、パパイヤ、パイナップルなどなど。
調べてみれば、そのどれもが暑さを乗り越えるのに適した効能を持っている。

それにしても...、この暑さと湿度。
バリ島のそれを思い出させてくれる。
ゆったりシエスタを楽しみに行きたいなぁ...。

残暑お見舞い申し上げます☆

ライムを搾ってかけるのがバリ島スタイル
美味しさと爽やかさが倍増♪
それにシミ・ソバカスの解消に相乗効果があるとか


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-08-13 22:50 | Trackback | Comments(0)

ニガテナモノ

f0203836_2317862.jpg


以前からこのブログをご覧いただいている方はご存知のとおり...

私はお酒が苦手!

決して嫌いなのではなく、ただ体質的に全く受け付けない。
居酒屋にいると、その匂いだけでだんだんとオカシくなってしまうほど。
お酒を嗜む方には、とても信じられないハナシだろう。

ほんのひと口だけでも、顔色はあっという間にボルドー産のシャトー・マルゴーのように真っ赤になり、そのうち気持ち悪くなってブルーキュラソーのように青くなって、終いには血の気が引いてチチのように真っ白になってしまう。
忙しいコトだ。

カラダが拒否するのだから、どうにも仕方がない。
飲めないからといって、特に何か不都合があるワケでもない。
ただ...、少し損をしてるのかなと思う時も無いワケではない。

それは、美味しいお料理をいただいているとき。
隣のテーブルでお料理と一緒にお酒を楽しんでいる様子を見ると...
ふと『少しだけでも嗜めたらなぁ〜』と思うことがある。

そんな時、下戸の私は、専らお茶。
海外ならミネラルウォーターかコーラ。
もしそれが日本酒、ビールやワインだったら、きっともっと美味しくいただけることだろう。

時々、失敗してしまうのが、お料理にお酒が使われているコト。
洋食にはワインやブランデーを使う料理が多々あるので、うっかり注文すると大変なことになってしまう。

スイーツだって、サヴァランなんて無理っ!。
チェイサーにお水を飲んだって、ちっとも追いつかないんだから×××。

コートダジュールのレストランでいただいたリゾット
そのうち目の前がグルグルと......あれれ?
そういえばメニューに "Champagne" とかナントカ...


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「第19回 あ〜てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」に出展します(詳しくはコチラ
2013年7月26日(金)〜28日(日)
11:00〜18:30
横浜赤レンガ倉庫1号館・2階
ブースナンバー 2
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-07-17 23:34 | Trackback | Comments(0)

エル・グレコ

f0203836_2210334.jpg


名作「受胎告知」を生み出した、画家『エル・グレコ』。

誰もが知る巨匠だけれど、その名前がいわばペンネームであることは案外知られていない。
"グレコ" はイタリア語でギリシャ人の意味。
それにスペイン語の冠詞 "エル" をくっつけたもの。

本名は、ドミニコス・テオトコプロス。
1541年、当時はまだヴェネツィアの支配下にあった、クレタ島の生まれ。
ペンネームのとおり、生粋のギリシャ人だ。

数多くの名作を残したエル・グレコ。
それでも、日本で鑑賞できる作品は、わずか2点のみ。
「受胎告知」はそのひとつで、倉敷の大原美術館に収蔵されている。

ところで、エル・グレコといえば...
大原美術館のすぐ隣に、その名前を冠した喫茶店がある。

古い洋館には鮮やかな緑色の蔦が、窓を潰してしまうほどに鬱蒼と絡まっている。
もっとも、窓ガラスは磨りガラスなので、外から中の様子を覗くことはできないのだけれど。
そんな緑一色の建物に、真っ白なドアと赤いテントの入り口が印象的。

開店したのは1959年(昭和34年)のこと。
ただし、建物はもっと古くて、大正末期の建築。
当初、美術館創立者の関連事務所として使われていたらしい。

そんな生い立ちなので、あちらこちらにレトロな雰囲気が漂っている。
古い作りのドアを開けた瞬間、オレンジ色の照明、板張りのフロア、木製の窓枠...
懐古的な空間が広がる。

たくさんある窓からは、蔦のフィルターを通して、優しい光が差し込んでくる。
そよ風にゆらゆらと揺られる蔦が、磨りガラス越しに映る。
その様はまるで影絵のようで、ずっと見ていても飽きない。

ゆったりと美味しい飲み物をいただきながら、何も考えずただただリラックス。
ある意味、贅沢な時間の使い方かもだけれど...
そんな時間も時には必要。

ココロにもシエスタを♪。

ここのおススメはコーヒーだけれど...
私はいつもミルクセーキ
その味わいもどことなく懐かしい感じ


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「第19回 あ〜てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」に出展します(詳しくはコチラ
2013年7月26日(金)〜28日(日)
11:00〜18:30
横浜赤レンガ倉庫1号館・2階
ブースナンバー 2
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-06-23 22:36 | Trackback | Comments(0)