シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

続・鄙びた村

f0203836_23522276.jpg


そろそろ引き揚げようと、村の入り口のタベルナまで戻ってきたときだった。
50代半ばくらいだろうか、一人の男性とばったり出逢った。
さっぱり人気が無かったのに、まるで湧いて出てきたかのようだ。

島で一番大きな町でさえ東洋人はいないのに、こんな人里離れた村ならなおさら珍しいだろう。
彼は驚いたような、不思議そうな顔をしつつも、話しかけてきた。
「コーヒーでも飲んでいかないか?。俺はコーラを飲むから...」

えーっと...、そのコーラ代を払うのはあなた?、もしかして私に奢れとでも?。
なんとなく胡散臭く感じてしまったので、丁重にお断りしてクルマに戻ることに。
...けれども、このまま村をあとにすると、なんだかとても後悔しそうな...、そんな予感がした。

それに、よく歩いたので喉がカラカラだ。
ペットボトルの水はとっくに飲み干してしまったし。
気がつけば、足は村へと引き返していた。

「やっぱり、飲んでいくことにしたよ♪」
タベルナの椅子に座っていた彼は、待ってましたとばかりにニコリと笑った。
「そうか、それじゃ店の人を呼んでくるからな。そこに座って待ってろ」

木漏れ日の下で小鳥のさえずりを聞きながらのんびりしていると、お店の人らしき娘さんが注文したフラッペ(=ギリシャ式アイスコーヒー)を持ってきてくれた。
少しばかりねじれたグラスに注がれたフラッペと...、もうひとつ何かが乗ったお皿をテーブルに置くと、優しく微笑ながら穏やかな口調でこう言った。
「この村には観光客なんて滅多に来ないから...。どうぞ召し上がってくださいね♪」

お皿の上には美味しそうなケーキ。
もちろん自家製だ。
疲れた身体に、一層その甘さがしみ渡る。

本当に美味しいモノは、ひとくちごとに幸せを感じる。
ニンマリとしながら、ふと顔を上げると...
いつの間にか、周りには何人かの村人たちが。

私がケーキを美味しくいただいている姿が可笑しかったのだろう。
みんなニコニコしながら、こちらを眺めている。
そんな村人たちの様子もまたどこか可笑しく、ほっこりとした気持ちにさせてくれた。

ケーキの差し入れももちろん嬉しかったけれど...
飾らない笑顔で迎えてくれる素朴な温かさが、私は大好きだ。
そんなギリシャ流の「お・も・て・な・し」、フィロクセニア。

鄙びたシエスタの村には、それが色濃く残っている。

たった2ユーロのフラッペに
美味しいケーキと温かい笑顔が付いてくる
みんな本当に穏やかだ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2015-09-26 23:56 | Trackback | Comments(0)

鄙びた村

f0203836_23472967.jpg


私は田舎の小さな町や村が好きだ。

それもガイドブックはもちろん、地図にさえ載っていないような集落だとなおさらだ。
そんなところには公共の交通機関はまず無いからアクセスは不便だけれど...
だからこその魅力を秘めている。

ある日、山間の道をあてもなくクルマを走らせていると、谷間の陰に一瞬民家らしきものが見えた。
ギリシャの島の集落は見晴らしのいい山肌の斜面だったり小高い丘の上に造られるのが普通で、谷底にあるのは珍しい。
ただそれだけで、もうウズウズしてしまった。

普段なら見過ごしてしまうような脇道へハンドルを切る。
舗装されていない砂利混じりのラフな道を、ガタゴトと下ってゆく。
村の入り口に着いた時には、フロントガラスもダッシュボードも埃で真っ白になってしまった。

時は昼下がり。
ちょうどシエスタの時間とあって、人の気配は無く静まりかえっている。
聞こえてくるのは、「メェー」とか「コケコッコー」という鳴き声だけだ。

村の入り口に、一軒のタベルナ&カフェがあった。
とても鄙びた村だけど、ちゃんとそれがあるのがいかにもギリシャの島らしい。
ただ、彩り豊かな花々で飾られた素敵なオープンテラスに人の姿は見当たらなかった。

村の中を歩いてみる。
躓きそうな粗い石畳の道を挟んで、伝統的なエーゲ海様式の家が並んでいる。
そのどれもが古びてはいるけれど、それがまた時の流れを醸し出している。

それにしても静かだ。
ざっと40から50軒くらいの家があるけれど、ひとっこ一人、ネコ一匹さえ出くわさない。
多くの軒先にはゼラニウムの咲く鉢植えがあるから、空き家というわけではなさそうなのに。

1時間ほどだろうか、集落の隅から隅まで歩いてみた。
昔ながらの素朴な生活の匂いがそこかしこに残る素晴らしい村だ。
けれど出逢えたのは、新鮮なミルクと卵を供給してくれるであろうヤギとニワトリだけだった。

そろそろ引き揚げようと、村の入り口のタベルナまで戻ってきた、そのとき...

⇒⇒⇒続く⇒⇒⇒

フラッペとケーキでひと休み
地中海のお陽さまの下でいただくと
その美味しさも格別♪


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「世田谷アートフリマ vol.24」に出展します(詳しくはコチラ
2015年9月19日(土)
11:00〜17:00
世田谷文化生活情報センター
キャロットタワー 4階
ブースナンバー15
(東急田園都市線/世田谷線・三軒茶屋駅隣接)
入場無料


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2015-09-15 23:59 | Trackback | Comments(0)

怠け者だって?

f0203836_234731100.jpg


「ギリシャ人は怠け者だから、こんなことになるんだよ...」

ここ数週間、ギリシャ情勢についてテレビで見ない日は無くなってしまった。
一国の経済が破綻するかどうかの瀬戸際なのだから、注目されるのは当たり前と言えば当たり前だ。
そして、雑誌やネットの記事・コメントなどには、そんな言葉がお決まりのように添えられている。

おかげですっかり『ギリシャ人=怠け者』という図式が刷り込まれてしまっている。
が、果たして本当にそうだろうか?。
私が現地で見てきた姿は、決してそんな様子ではないのだけれど...。

夏のバカンス・シーズンを迎えた今は、ギリシャにとって一番の稼ぎ時だ。
この時期の地中海には、パワフルなお陽さまと青い海を求めて、世界中から観光客が押し寄せる。
中でもギリシャはフランスやイタリアなどよりも物価が安く、ビーチリゾートが豊富なことから、とても人気が高い。

観光客が多くなれば、当然仕事も増える。
港近くの旅行会社は、船のチケットの販売や日帰りツアーの手配などで大忙し。
早朝であろうが深夜であろうが、船が動いている限りは開いている。

カフェやタベルナは、朝食の時間から日付が変わる深夜までぶっ通し。
土産物屋や一部のショップは、観光客が見当たらなくなる時間まで。
島の小さなスーパーなんて、主人が一人でまさにセブン−イレブンでやっている。

お昼過ぎから夕方までシエスタをとるお店もあるけれど、その分夜遅くまで営業するから実働時間はかなり長い。
また、この時期は休日を取らないことも珍しくはない。
というのも、冬のオフ・シーズンには観光客がめっきり減ってしまうから、その分夏の間に一気に稼いでおかなくてはならないという事情がある。

定職があれば、まだいい。
大量雇用できるような産業に乏しいギリシャは失業率がとても高く、働きたくても働き口が無いというのが実情だ。
大学を優秀な成績で卒業しても、いくつかの外国語を話せても、それでも仕事を見つけるのはなかなか難しい。

彼等をひとまとめに怠け者と括ってしまうのは、ちょっと短絡的すぎる。
少なくとも、ここ数年の経済危機を作り出したのは国政のはず。
そして確かなのは、政治家の誤った舵取りのせいで、損をするのはいつも一般の国民だということ。

テレビで流れる映像を観ていると...
険しく曇った表情のメルケル独首相やオランド仏大統領に対して、チプラス希首相は威風堂々、余裕綽々で晴れやかな笑顔さえも。
そりゃ、確かに主役は貴男なのだけど...ね。

遠い外国での出来事のように片付けられている感もあるこの問題。
「明日は我が身」かもしれない。
そんなことにならないように、しっかりと舵取りをしていただきたいものだ。

ギリシャ経済を天気で表現するとこんな感じだろうか
ギリシャほど曇りや雨が似合わない国は無い
早くスッキリと晴れ渡った姿を見せて欲しい


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「ねこ専 in 浅草」に出展します(詳しくはコチラ
2015年7月18日(土)・19日(日)
11:00〜17:00
東京都立産業貿易センター台東館
東京都台東区花川戸2-6-5 5F
ブースナンバー 48&49
入場無料


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2015-07-14 23:57 | Trackback | Comments(0)

ギリギリ?、ギリシャ

f0203836_0591180.jpg


「オーライだよ。でも、来週はどうだかわからないけどネ♪」

「最近どう?、順調?」
と、ギリシャの友人たちに問いかけて返ってきた答えだ。
皮肉たっぷりで、つい笑ってしまった。

ジュエリーショップの経営者、ブティックの店員、フォトグラファー、タベルナのウエイター、ヴィラのオーナー...。
業種・職種は様々だけれど、答えは皆一緒だった。
ただ「来週」の部分が「明日」とか「3日後」とかに置き換わるだけだ。

それでも、友人たちの表情は明るかった。
もっとも、彼らはいつだってそうなのだけれど、今回は一段とそう見えた。
その理由は、島へ向かう船に乗ったときから感じていた。

船内は座席を見つけるのが難しいほどの混雑ぶり。
港に着けば、まるで堤防が決壊したかのように大勢の人が流れてゆく。
いつもなら1台だけの町行きのバスは、何台も並んで待っている。

町に向かう道は、見たこともない大渋滞。
町の中心は、人の流れに身を任せるしかないくらいごった返している。
観光客が戻ってきた...、いや、前以上に増えているのが一目で理解できた。

数年前にギリシャが経済危機を迎えたとき、観光業は大打撃を受けた。
産業に絶対的な柱がないこの国にとっては、観光は数少ない頼りどころだ。
一時はリスク回避で離れていった観光客も、やっと回復したところだった。

ところが、帰国して僅か数日。
テレビに映し出された町の様子は...。
これではシエスタどころではない。

ただ、ギリシャという国、ギリギリのところでなんとかつじつまを合わせるお国柄でもある。
過去の経済危機もそうだけれど、2004年のアテネ五輪のときも然り。
会場の建設は誰もが呆れるぐらいの遅延ぶりだったけれど、ギリシャ神話の神様のご加護でもあったのか、奇跡的に間に合った。

ハラハラさせるけれど、なんとかなる。
そんな危なっかしいところも、この国ならではの不思議な魅力だったりする。
今回の危機も、なんとか乗り越えることを期待したい。

夜のアテネの街
観光大国の首都だけにお店がたくさん
カフェやタベルナは遅くまで賑わう


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「ねこ専 in 浅草」に出展します(詳しくはコチラ
2015年7月18日(土)・19日(日)
11:00〜17:00
東京都立産業貿易センター台東館
東京都台東区花川戸2-6-5 5F
ブースナンバー 48&49
入場無料


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2015-07-03 01:13 | Trackback | Comments(2)
f0203836_1201611.jpg


焼けた、焼けたっ!。

いやいや、お魚でもお肉でもなく...
日・焼・け。
早くもこんがり、真っ黒になってしまった。

今回の旅はありがたいことに、連日お天気に恵まれた。
例年5月から6月にかけて訪れるときは、そのどこかで突然夏がやってくるのだけれど...
今年は先を越されたようで、着いた日にはもうすっかり夏だった。

シエスタの町の夏は、地中海のパワフルなお陽さまが降り注ぐ。
おまけに白い壁の町並みは、それをレフ板のように反射する。
そんなところを何日も歩き回るのだから、そりゃ焼けないワケがない。

パーフェクトUV◯◯なんて日焼け止めを持って行ったけれど、もうぜ~んぜん。
サングラスの跡は逆パンダだし、ソックス履いてないのに白ソックスに見えるし...。
エクストラ・ウルトラ・スーパー・スペシャルなんとか...くらいじゃないとダメかも?。

帰国してみれば、日本は梅雨の真っ只中。
この時期、これだけ焼けていれば、どうにも浮いてしまう。
おかげで成田空港の税関でも...

「どちらから?」「ギリシャです♪」
「観光ですか?」「ハイ、それと撮影です♪」
「..................................................................」

長~い沈黙と共に、ジ~ロジロと全身スキャナーにかけられ...
「どーも...」と、ひと言。
きっと、怪しく映ったのだろう。

でも、良いのか悪いのか、褪めるのも早い。
あんなに焼けたのに、もういくらか落ち着いてきた。
ただ...

シミとソバカスだけは、ちっとも消えないんだなぁ×××。

島のタベルナの焼き魚
チャコールでじっくりと焼いてくれる
香ばしい匂いに、ついお腹が大声で応えてしまう...


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「ねこ専 in 浅草」に出展します(詳しくはコチラ
2015年7月18日(土)・19日(日)
11:00〜17:00
東京都立産業貿易センター台東館
東京都台東区花川戸2-6-5 5F
ブースナンバー 48&49
入場無料


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2015-06-27 17:06 | Trackback | Comments(0)

おかえり☆ただいま

f0203836_23214710.jpg


「やぁ、おかえり♪」

時間というものは、風のようにあっという間に過ぎ去ってしまう。
ギリシャを訪れるのも2年半ぶりになる。
少し間を空けてしまった。

乗り継ぎ地のイスタンブルを飛び立つと、程なくして青く広がるエーゲ海の上に出る。
たくさんの島々がまるでぷかぷかと浮かんでいるようで、なんだか可愛らしい。
そんな様子を眺めていると、今度は白っぽい乾いた大地が近づいてくる。

土が白いのは、それが石灰質であることを意味している。
ただでさえ植物が育ちにくい上にカラカラに乾燥しているから、山々に樹木の姿はほとんど無い。
その光景は、地中海に来たことを実感させる。

青と白の色彩の中を、機体はゆっくりと降下してゆく。
ちょうど海から陸地の上空に入った辺りで弧を描くと、仲良く並んだ2本の滑走路が見えてくる。
アテネ空港だ。

タラップがついてドアが開くと...、お陽さまと微かな乾いた砂の匂い。
懐かしい匂いだ。
ターミナルを歩けば、目から耳から入ってくるギリシャ語がまた懐かしい。

シエスタの町へは、ここからさらにもうひと旅。
バスに揺られ船に揺られ...、家を出てからまる一日。
身体中が凝り固まるのと引き換えに、やっと到着。

久しぶりなのに、そこでは2年半という時間の経過など微塵も感じなかった。
いつもとなにひとつ変わらない力強いお陽さま、煌めく青い海、色鮮やかなブーゲンビリア...
そして、シエスタの町の友人たちが、とびっきりの笑顔で迎えてくれた。

「みんな、ただいま♪」

地中海はどこもとても素敵だけれど...
私の「アナザースカイ」は...
やっぱりギリシャかな


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2015-06-21 23:29 | Trackback | Comments(0)

どたばた、あたふた

f0203836_23424443.jpg


あ〜っ、間に合わなかった!。

ポストをアップしようと思ったのだけれど...
ちょっと無理。
なぜなら、数時間後には「シエスタの町」へ出発だから。

こんなにドタバタしてる中、旅に出るのは落ち着かないケド...

行ってきまーす☆

スペインで見つけた和食の店の看板
お寿司?、それともおにぎり?
正体不明の麺に...、トドメの下駄


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2015-05-22 23:56 | Trackback | Comments(2)

狭き良き道

f0203836_22452819.jpg


シエスタの町の道は狭い。

多くのヨーロッパ諸国には、旧市街と新市街とがある。
大まかに言うと、旧市街は文字どおり昔ながらの佇まいが残るエリア。
一方、新市街は近代(それでも古いけれど...)になって造られ栄えたエリアということになる。

新市街の道路は直線的で、道幅も余裕がある。
歩道も広く、街路樹が植えられていたり、整然とした雰囲気だ。
お洒落なファッションのお店は、新市街に多く構えられている。

対して、旧市街。
こちらの道は、概して狭い。
目抜き通りならまだしも、裏路地はクルマ一台がやっと通れるほどだ。

ただでさえ狭いのに、曲がりくねっているから見通しが悪い。
おまけに、一方通行は当たり前で、行き止まりの道もたくさん。
まるで迷路のようだ。

うっかり迷い込もうものなら、さあ大変!。
方向感覚がわからず、同じところをぐるぐる走ったり、袋小路に捕まってしまったり...。
もう、泣きそうになってしまう。

そもそも旧市街の道は、敵に攻め込まれた時のことを考えて造られている。
狭ければ進軍が遅くなるし、頭上からの攻撃がしやすくなる。
迷路のような町並みは、まさに敵を迷い込ませるためだ。

そんな狭い旧市街の道を、地元の人たちは器用にクルマを走らせる。
片輪を歩道に乗り上げたり、手でちょいとミラーを畳んだり...、手慣れたものだ。
まぁ、あちこち壁が削れていたり、ミラーがもげてしまったクルマなんて珍しくはないケド。

F1のパイロットの多くがヨーロッパ人なのは、こんな環境の下で暮らしているからなのかもしれない。
アメリカやカナダ、オーストラリアなど広い国では、中心部を少し離れれば延々と真っ直ぐな道が続く。
小刻みなハンドルさばきなんて必要ないのだから。

それでも、旧市街の古き良き趣は、狭い道があってこそ。
広〜い道のシエスタの町なんて...
いや、想像できないナ。

レンタカーを借りるならコンパクトを
ベンツでも借りようものなら...
泣いちゃうゾ!!


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「デザインフェスタ vol.41」に出展します(詳しくはコチラ
2015年5月16日(土)・17日(日)
11:00〜19:00
東京ビッグサイト・西ホール
1階・ブースナンバー B-86


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2015-05-14 22:53 | Trackback | Comments(0)

コスタ・デル・美味☆

f0203836_23101522.jpg


コスタ・デル・ソルは、その名前のとおり海沿いなので、当然ながら魚介類が美味しい。

地中海の沿岸は国を選ばず、どこでも魚介類は豊富だ。
ただ、その割には値段は高めで、お店で食べると日本よりも高く感じる。
アチラでは概ね肉類の方が割安だ。

それでも、漁港が近くにある町では新鮮な魚が水揚げされるとあって、間違いなく美味しいモノにありつける。
大きな街は別として、日本の "魚屋" 的なものは少なく、直接港に買い求めに出向くのが一般的だ。
そこで展開される漁師と客との駆け引きは、見ていてなかなか面白い。

冷凍モノもあるにはあるけれど、日本のようになんでもかんでも冷凍保存することはない。
「その日に獲れたものを、その日に食す」。
いちばん理想的な姿がそこにある。

小魚はまず間違いなく地物なので、私は好んでいただいている。
特に、塩をふってチャコールでほどよく焼き上げたサーディンは抜群!。
「わざわざ地中海でイワシなんて...」と思うかもしれないけれど、その味はどんな高級魚も遥かに凌ぐほどだ。

オリーブオイルとの相性も秀逸。
地元産の新鮮なオリーブオイルは香り豊かで、油というよりはひとつの完成された調味料だ。
これに少しオレガノなんてふってあれば、もう最高の一皿に。

平らげたお皿の上にはサーディンの旨味がたっぷりと溶け出したオリーブオイル。
これを残すなんて、モッタイナイ!。
パンですくえば、これまた美味。

...それにしても...
夜遅くにこんなコトを書くもんじゃないナ。
お腹が鳴って仕方が無い...。

地元産のイワシの塩焼き(奥)とマテ貝(手前)
見た目はちょっとグロテスクなマテ貝だけど
濃厚な味わいとしっかりした食感で美味!


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「世田谷アートフリマ vol.23」に出展します(詳しくはコチラ
2015年4月18日(土)
11:00〜17:00
世田谷文化生活情報センター
キャロットタワー 4階
ブースナンバー 9
(東急田園都市線/世田谷線・三軒茶屋駅隣接)
入場無料


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

写真展「ねこ専 渋谷」に出展します(詳しくはコチラ
2015年4月28日(火)〜5月3日(日)
11:00〜20:00 (最終日のみ17:00まで)
ギャラリー LE DECO
東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル
(ねこ専会場は2F・3F)
入場料500円

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2015-04-16 23:29 | Trackback | Comments(2)

チュニジアに逢いたい

f0203836_22362034.jpg


まさか、こんな事件が起きてしまうとは...。

チュニジアの首都・チュニスでの事件は衝撃だった。
チュニジアに行かれたことがある方は、決して多くはないだろう。
だから、こんなニュースを耳にすると、とても物騒なところのように思えるかもしれない。

が、実際にはヨーロッパ諸国の人々にはとても人気がある旅行先。
カルタゴの古代遺跡、シディ・ブ・サイドの青と白の町並み、果てしなく広がるサハラ砂漠、映画スターウォーズのロケ地・タタウィーン...。
国中いたるところに名勝が点在する、魅力に溢れた観光大国だ。

過去には長年フランスが統治していたことから、イスラム教の国ながらカトリック教会も数多く、またユダヤ教のシナゴークも見られる。
そんな多様な文化が入り混じっていたせいか、イスラム教の戒律も緩めで、北アフリカでは際立って穏やかで安全な国だった。
そう、少なくとも2011年のジャスミン革命前までは。

私が前回訪れたのは、それよりもっと前のこと。
海は碧く、太陽は力強く、ブーゲンビリアが咲き乱れ...、他の地中海の町と同様、穏やかでゆったりとした時間が流れている。
加えて、風がサハラから運んでくる砂塵と、あちこちにあるナツメヤシ畑が、北アフリカらしいスパイスになっていた。

チュニスの街は首都だけに近代的な都会だけれど、それでもメディナと呼ばれる旧市街やスーク(市場)は、まるで別世界のように古き良き時代の雰囲気が漂っていた。
街を歩いて印象的だったのは、あちこちに赤い国旗とひとりの人物があしらわれたポスターやペナントが数多く掲げられていたこと。
その人物こそ、後の革命で国を追われることになってしまう当時の大統領、ベン・アリ氏だった。

チュニスの郊外、カルタゴのアントニヌス浴場遺跡からは、正面に広い地中海を見渡すことができる。
遺跡のすぐ隣、さらに一段高いところに、立派な白亜の大統領官邸があった。
そちらの方向にレンズを向けることは厳しく制限されていたのだけれど、こちらに向けられた監視カメラの数が相当な数だったのを憶えている。

そんな様子から、独裁的政権のイメージをおぼろげに感じていた。
けれども、地元の人々はいたって穏やかで、道行く人々は皆にっこりと微笑んで会釈をして通り過ぎてゆく。
何かと勝手の違うイスラム文化の国で、そんな屈託の無い笑顔に癒され、安心感を得たものだった。

そんな旅から、もう随分時間が経ってしまった。
そんなこともあって、ここ数年、チュニジアへの旅を考えていたのだけれど...
残念だけど、情勢が落ち着くまで、しばらくは難しいだろう。

早く、あの平穏で温かなチュニジアに再会したいものだ。

南部の町、メドニン
昔の暮らしと今の暮らしが混在する
白い今風の建築も、中身は昔ながらの日干し煉瓦だ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2015-03-29 23:36 | Trackback(1) | Comments(0)