シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:地中海 ( 49 ) タグの人気記事

青の洞窟

f0203836_22584366.jpg


『青の洞窟』といえば、イタリアはティレニア海に浮かぶカプリ島だ。

雑誌やテレビでも頻繁に紹介されているので、きっと皆さんもよくご存知のことだろう。
学術的には海蝕洞というもので、ごく簡単にいえば、波が長い時間をかけて掘り進めた洞穴。
自然が作り出したアート作品だ。

カプリ島はそれ自体が浸食されやすい石灰質でできている。
なので、実は同じような洞窟が島のあちこちに存在する。
ただ『青の洞窟』は、狭い入り口と内部の大きな空洞のバランスが面白かったり、光の入り方もひときわ美しいので、誰もが知るところとなった。

石灰質といえば、地中海地方はそのほぼ全域が石灰岩に覆われた地域。
と、言うことは...
そう、カプリ島以外にも洞窟はたくさんある。

地中海はまさに「海蝕洞パラダイス」。
特に四六時中、波に洗われている島嶼部...
中でも、無数の島々を擁するギリシャはその宝庫だ。

観光資源として活用されている洞窟もあるけれど、あまり積極的にPRしていないので、真夏のバカンスシーズンを除けば閑散としたもの。
洞窟まで連れて行ってくれるボートは、ある程度の人数が集まらなければ出なかったりするので、運が悪ければ何時間か待つハメに。
もっとも、期待されている「ある程度の人数」分の料金を払えば、その瞬間に喜んで出してくれるケド。

洞窟は光の射し方によって、その青さが刻々と変化する。
時間に余裕があるなら、船頭に何時がベストなのか尋ねてみた方がいい。
たまに「...今だよ!」と適当な答えが返ってくることもあるけど、大抵はちゃんと教えてくれる。

水の透明度は文句無しの地中海。
サファイアだったり、アクアマリンだったり...
海底の形状やお陽さまのご機嫌次第で、その美しいブルーはいろんな表情を見せてくれる。

ジュエリーのような色に見とれていると、海の中へと吸い込まれそうになってしまう。
そんな時は、飛び込んでしまえばいい。
ボートによってはスイミング・タイムをとってくれるから、存分にその青い世界を堪能することができる。

た・だ・し...

真夏でも水温はメチャクチャ冷たいぞっ!ぶるぶるっ...

洞窟へ行くなら冬は避けた方がいいかも
カプリ島の本家『青の洞窟』は波が高くて入れない日が多くて...
ギリシャのは...そもそもボートが長〜い冬休みで動いてない


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

夏まで待ちきれないなら...

ASUHA-明日葉- ファースト・コレクション(写真集)
『エーゲ海のねこ シエスタの町から』
PHP研究所 刊
定価:1350円(税込:1458円)
電子書籍版も配信中!
(詳しくはコチラ


エーゲ海のねこ

ASUHA-明日葉- / PHP研究所



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2016-03-21 23:27 | Trackback | Comments(0)

トイレ事情

f0203836_23495399.jpg


海外へ行けば、いろいろと日本とは事情が違うモノに出くわすものだ。

例えば、トイレもそのひとつ。
日本ではかつての和式が姿を消し、代わって西洋式がすっかり浸透したけれど...
世界各国、習慣によってその形状や使い方は様々だ。

日本では、ウォシュレットに代表される温水洗浄便座が一般化している。
もっとも、「お尻を水で洗い流す」というのはイスラム圏などでは古くから当たり前のことで、それが手なのか機械なのかという違いだ。
その割にはこの温水洗浄タイプ、海外でなかなか定着しないのが不思議だ。

さて、シエスタの町ではどうなのか?。
水洗レバーを押すとか引っ張るとか倒すとか...多少の操作の違いはあるけれど、シンプルな西洋式でいたってフツーだ。
ただ、ひとつだけ使い方で気をつけなければならないことがある。

ギリシャ、スペインやイタリアの一部などでは『便器にトイレットペーパーを流してはいけない』。
何故なら、排水管が細くて、いとも簡単に詰まってしまうから。
もし、そんな状態でうっかりバスタブの栓を抜いたりシャワーを浴びようものなら、あっという間に部屋が洪水になってしまう。

では、ペーパーはどうするのか?。
トイレの片隅に大きめのゴミ箱があるので、そこに捨てる。
日本人には不慣れなシステムだし、ちょっと抵抗があるけれど、そこは『郷に言っては郷に従え』だ。

町中には公衆トイレは少なくて、あったとしてもドアを開けたらそのままそっと閉めたくなるようなところも珍しくない。
そんな時は、カフェでひと休みついでに借りればいい。
カフェのトイレなら、古い新しいは別にして、ちゃんと手入れが行き届いているから安心だ。

ペーパーを流さないよう注意書きがしてあるところが多いけれど、中にはそれが無いところも。
島嶼部をはじめ、地中海の町ではペーパーを流せないところが多いことを常に頭に入れておきたい。
よくお世話になるモノだけに、詰まらせて大変なことにならないよう、ご注意を!。

公衆トイレには「便座」が無いところも多い
悪戯で壊されたりとか、それを見据えて最初から付けないとか...
中腰で使うのはなかなかキツい!


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

トイレでのひとときに♪...

ASUHA-明日葉- ファースト・コレクション(写真集)
『エーゲ海のねこ シエスタの町から』
PHP研究所 刊
11月11日発売
定価:1350円(税込:1458円)
電子書籍版も配信中!
(詳しくはコチラ


エーゲ海のねこ

ASUHA-明日葉- / PHP研究所



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2016-02-25 00:07 | Trackback | Comments(0)
f0203836_1201611.jpg


焼けた、焼けたっ!。

いやいや、お魚でもお肉でもなく...
日・焼・け。
早くもこんがり、真っ黒になってしまった。

今回の旅はありがたいことに、連日お天気に恵まれた。
例年5月から6月にかけて訪れるときは、そのどこかで突然夏がやってくるのだけれど...
今年は先を越されたようで、着いた日にはもうすっかり夏だった。

シエスタの町の夏は、地中海のパワフルなお陽さまが降り注ぐ。
おまけに白い壁の町並みは、それをレフ板のように反射する。
そんなところを何日も歩き回るのだから、そりゃ焼けないワケがない。

パーフェクトUV◯◯なんて日焼け止めを持って行ったけれど、もうぜ~んぜん。
サングラスの跡は逆パンダだし、ソックス履いてないのに白ソックスに見えるし...。
エクストラ・ウルトラ・スーパー・スペシャルなんとか...くらいじゃないとダメかも?。

帰国してみれば、日本は梅雨の真っ只中。
この時期、これだけ焼けていれば、どうにも浮いてしまう。
おかげで成田空港の税関でも...

「どちらから?」「ギリシャです♪」
「観光ですか?」「ハイ、それと撮影です♪」
「..................................................................」

長~い沈黙と共に、ジ~ロジロと全身スキャナーにかけられ...
「どーも...」と、ひと言。
きっと、怪しく映ったのだろう。

でも、良いのか悪いのか、褪めるのも早い。
あんなに焼けたのに、もういくらか落ち着いてきた。
ただ...

シミとソバカスだけは、ちっとも消えないんだなぁ×××。

島のタベルナの焼き魚
チャコールでじっくりと焼いてくれる
香ばしい匂いに、ついお腹が大声で応えてしまう...


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「ねこ専 in 浅草」に出展します(詳しくはコチラ
2015年7月18日(土)・19日(日)
11:00〜17:00
東京都立産業貿易センター台東館
東京都台東区花川戸2-6-5 5F
ブースナンバー 48&49
入場無料


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2015-06-27 17:06 | Trackback | Comments(0)

チュニジアに逢いたい

f0203836_22362034.jpg


まさか、こんな事件が起きてしまうとは...。

チュニジアの首都・チュニスでの事件は衝撃だった。
チュニジアに行かれたことがある方は、決して多くはないだろう。
だから、こんなニュースを耳にすると、とても物騒なところのように思えるかもしれない。

が、実際にはヨーロッパ諸国の人々にはとても人気がある旅行先。
カルタゴの古代遺跡、シディ・ブ・サイドの青と白の町並み、果てしなく広がるサハラ砂漠、映画スターウォーズのロケ地・タタウィーン...。
国中いたるところに名勝が点在する、魅力に溢れた観光大国だ。

過去には長年フランスが統治していたことから、イスラム教の国ながらカトリック教会も数多く、またユダヤ教のシナゴークも見られる。
そんな多様な文化が入り混じっていたせいか、イスラム教の戒律も緩めで、北アフリカでは際立って穏やかで安全な国だった。
そう、少なくとも2011年のジャスミン革命前までは。

私が前回訪れたのは、それよりもっと前のこと。
海は碧く、太陽は力強く、ブーゲンビリアが咲き乱れ...、他の地中海の町と同様、穏やかでゆったりとした時間が流れている。
加えて、風がサハラから運んでくる砂塵と、あちこちにあるナツメヤシ畑が、北アフリカらしいスパイスになっていた。

チュニスの街は首都だけに近代的な都会だけれど、それでもメディナと呼ばれる旧市街やスーク(市場)は、まるで別世界のように古き良き時代の雰囲気が漂っていた。
街を歩いて印象的だったのは、あちこちに赤い国旗とひとりの人物があしらわれたポスターやペナントが数多く掲げられていたこと。
その人物こそ、後の革命で国を追われることになってしまう当時の大統領、ベン・アリ氏だった。

チュニスの郊外、カルタゴのアントニヌス浴場遺跡からは、正面に広い地中海を見渡すことができる。
遺跡のすぐ隣、さらに一段高いところに、立派な白亜の大統領官邸があった。
そちらの方向にレンズを向けることは厳しく制限されていたのだけれど、こちらに向けられた監視カメラの数が相当な数だったのを憶えている。

そんな様子から、独裁的政権のイメージをおぼろげに感じていた。
けれども、地元の人々はいたって穏やかで、道行く人々は皆にっこりと微笑んで会釈をして通り過ぎてゆく。
何かと勝手の違うイスラム文化の国で、そんな屈託の無い笑顔に癒され、安心感を得たものだった。

そんな旅から、もう随分時間が経ってしまった。
そんなこともあって、ここ数年、チュニジアへの旅を考えていたのだけれど...
残念だけど、情勢が落ち着くまで、しばらくは難しいだろう。

早く、あの平穏で温かなチュニジアに再会したいものだ。

南部の町、メドニン
昔の暮らしと今の暮らしが混在する
白い今風の建築も、中身は昔ながらの日干し煉瓦だ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2015-03-29 23:36 | Trackback(1) | Comments(0)

食べ通し、南スペイン

f0203836_2293032.jpg


美味、美味、美味っ!。


何を食べても、美味しすぎる。
地中海沿いの町はどこでも美味しい料理を食べることができるけれど...
その中でも南スペインは格別だ。

地中海で獲れる魚介類は種類も豊富で新鮮。
イベリコ豚に代表される肉類もまた絶品。
お陽さまをいっぱい浴びて育った野菜もこれ然り。

そして、濃厚なオリーブオイル。
なにしろ町を一歩出れば、周りは一面のオリーブ畑が広がる土地。
これだけの素材が揃っているのだから、料理の味は言わずもがな。

食してみると、その味付けが意外なほど薄いことに気付く。
素材の味を楽しむのに、余計な調味料は必要ないということだろう。
ハーブを巧く使っているから、実際そんなモノは要らない。

それでいて、とても嬉しいことに、安い!。
もちろん、高級なレスタウランテに行けば、それなりの値段はする。
でも、庶民の味方・バルなら、ずっと手軽に楽しめる。

そんなワケで...
撮影もそこそこに、連日あちこち食べ歩き。
そもそも、今回の旅の目的は、どちらかというとソチラの方だし。

食べ物が口に合う国の旅は、その疲れも少ない。
おかげで、毎度毎度の帰国後の発熱も無かった。
その代わり、いつもなら旅を終えると少し体重が減るのだけれど...

今回ばかりは、少〜しプラス成長に×××。

『アホ・ブランコ(Ajo Blanco)』
ニンニクとアーモンドの冷製スープ
歩き疲れたカラダに染みるっ!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-12-16 22:23 | Trackback | Comments(2)

違う、そうじゃない

f0203836_23223026.jpg


「なにか...違うなぁ...」

コスタ・デル・ソルの印象だ。
『こぢんまりとしたシエスタの町が、静かな海岸沿いに点在している...』
私の中では、そんなイメージだった。

ところが今、目の前にあるのはと言えば、建ち並ぶ白亜のアパートメントに巨大なショッピングセンター。
マリーナには、一体いくらするのか想像さえできない豪華なクルーザーが数え切れないほど。
ビーチの前のクラブやディスコからは、ギラギラした音楽が大音量で流れてくる。

郊外を走れば、豪華なリゾートホテルが海岸に沿って延々と続く。
ところどころに町はあるけれど、どこもそう遠くない過去に造られたニュータウンばかり。
少しばかり、がっかりしてしまった。

考えてみれば、ここは夏のバカンスを楽しむために国内外から人々が集う場所。
きっと元々は素朴な海岸だったのだろうけど、開発の手が入って切り拓かれてしまったようだ。
道路脇に残る松林が、かつてのコスタ・デル・ソルの姿を偲ばせる。

それでも、私が滞在した町は海岸沿いこそ賑やかだけれど、少し歩いたところには昔ながらの旧市街が残っていた。
古い佇まいの町は白く塗られていて、そこかしこにブーゲンビリアが咲き乱れている。
期待どおりのシエスタの町だ。

もちろん、宿もその旧市街の中にとった。
窓から地中海を望む、ビーチ沿いのホテルも決して悪くはないけど...
私にはやや鄙びた町の方が数段魅力的だった。

何故って、そこに古き良きコスタ・デル・ソルの姿が見えたから。

ビーチサイドのアパートメント群
1階はバルやレスタウランテが軒を並べる
お陽さまが顔を覗かせれば、これはコレでいいのだけれど...


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-11-25 23:37 | Trackback | Comments(2)

太陽の海岸

f0203836_23334051.jpg


『太陽の海岸』と呼ばれる場所がある。

コスタ・デル・ソル(Costa del sol)。
そんな聞いただけでもウキウキするような名前の海岸があるのは、スペイン南部。
ジブラルタル海峡から東に続く、地中海に面した一帯だ。

最寄りの空港から宿のある町へと向かう車窓からは、真っ白にペイントされたリゾートホテルやヴィラ、レジデンスが途切れることなく並んでいるのが見える。
ただでさえ力強いお陽さまが数々の白い建物に反射して、サングラス無しではとても目を開けていられないほど。
その向こうに見える青い地中海の煌めきが、さらに眩しい。

ちょうど1年前、同じ時期に訪れたイタリアでは滞在中、ずぅーーーっと雨降りの日々でげんなりしてしまったけれど、どうやら今回は免れそうだ。
地中海特有のビビッドな青空から、シトラス色のお陽さまのカケラが絶え間なく降ってくる。
車窓のガラス越しでさえ、ジリジリと肌を焦がすのがよくわかる。

7〜8月は英国を筆頭にヨーロッパ中から、多くのバカンス客が夏の陽射しを求めてひしめきあう。
そんなビーチも、9月の終わりとなっては、人影は疎ら。
まだ夏は居座っているけれど、人々は秋を追いかけて一足先に去ってしまったようだ。

宿にチェックインして、少しだけシエスタ。
開け放した窓からの、乾いた風が心地良い。
散歩がてら、ビーチまで出かけてみる。

...が、そこにはもうあの元気なお陽さまの姿は無かった。
代わりに、怪しい雲がもくもくと湧いてきている。
せっかくの『太陽の海岸』も空が灰色では...。

そして、夜にはとうとう空が泣き出してしまった。
夜が更けるにつれ雨脚は強まり、さらには雷まで。
「明日は晴れるといいナ...」と願いつつ、夢の中へ。

結局、そんな『太陽の見えない海岸』が数日の間、続くことになってしまった。

太陽の見えない『太陽の海岸』
お陽さまはご機嫌ナナメの様子
なかなか微笑んではもらえなかった


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-11-18 23:42 | Trackback | Comments(4)

秋の旅立ち

f0203836_1592983.jpg


秋は旅には最高の季節だけど、ひとつだけ難点がある。

それは、台風シーズンであること。
それが出発日と重なりそうときたら、いつもなら気にしない天気図との「にらめっこ」が続く。
もちろん影響を受けるか否かは運次第だけれど、なかなかスリリングな日々を過ごすことになる。

普段は全くくじ運のない私だけど、こんな時はどういうワケだか当たりをひいてしまう。
思えばちょうど一年前、イタリアへ発つ時もそうだった。
そして...、やっぱり今回も見事に当たってしまった。

出発の数日前に現れた大きな台風。
台湾から韓国に向けて真っ直ぐ北上していたので、そのまま逸れるものと思っていたのだけれど...
なかなかそう旨くはいかないもので、急カーブを描いてコチラに向かってまっしぐら。

天気予報によれば、出発予定時刻ぴったりに成田上空を通過するらしい。
さすがにもう気が気ではない。
家中てるてる坊主を吊るしたい気分で、眠れない夜を過ごす。

台風はしばしば予報よりも速度を上げることが多い。
今回もそのパターンで、また急激に勢力が衰えて、来襲直前に温帯低気圧へと変わってくれた。
ハラハラさせられたけど、なんとかやり過ごすことができた。

飛行機は何事も無かったかのように、あっさりと定刻に出発。
ユーラシア大陸を横断し、トルコはイスタンブルへ。
そこで乗り継ぎ、青い地中海を下に眺めながら、また延々と。

そして、家を出てから実に26時間後。
やっと目的地の空港に到着。
すっかり固まってしまった身体を延ばしながら、到着ゲートを一歩外に出ると...

地中海の乾いた風と力強いお陽さまが、とびきりの笑顔で出迎えてくれた。

白い町並みと青く澄んだ空
元気なお陽さまと色鮮やかなブーゲンビリア
やっぱりシエスタの町はこうでなくちゃ!

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

猫専門の写真展「ねこ専」 in 大阪

2014年11月4日(火)~16日(日) 11:00~19:00

アトリエ1616
大阪市浪速区恵美須東1-16-16
大阪市営地下鉄「恵美須町」「動物園前」、JR環状線「新今宮」、阪堺電車「恵美須町」各駅よりすぐ

入場料 500円

⇒詳しくはコチラを!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-11-11 02:12 | Trackback | Comments(2)

帰国、そして...

f0203836_223631.jpg


旅を終えて帰ってきた。

荷物をざっと片付けて、次はメールのチェック。
「きっとたくさんのどうでもいいメールが溜まっていることだろう...」
そう思いつつ、PCのスイッチを入れた。

ところが...

いつものように、林檎のロゴが出るものの...
そこからさっぱり動かない。
何度起動してみても、結果は同じ。

実は、旅に出る一週間前くらいから、どうも様子がおかしかった。
帰ったらじっくり診てみようと思っていた矢先のことだ。
どうやら先を越されてしまったらしい。

自己診断させてみると...
「致命的なエラーが報告されました」と。
短いメッセージだけど、そこだけ鮮やかな赤い文字で表示されていることが、ただ事ではない状況を物語っている。

もちろん、こんな時のために、バックアップはとってある。
手順に従って、いざ復元!。
順調に進行し始めた。

ところが、1日経っても、2日経っても、さっぱり終わらない。
そして3日目、無情のメッセージ。
「エラー:修復できませんでした」。

もう一度やってみようと、最初から始めると...
今度はバックアップHDDが起動しない。
白いLEDがピカピカと見たことの無い光りかたをしているだけ。

いや、コチラの頭の中も真っ白、顔は真っ青だ。
なにしろ、大切な写真がたくさん詰まっている宝箱のようなもの。
これが壊れてしまっては、手の施しようが無い。

もう1台のPCで対処法をググり、はたして今自分が何をしているのかわからない未知の作業を繰返すこと2週間。
悪戦苦闘の末、なんとかデータの多くは救出でき、PCも怪しいながらも動くまでに回復。
とんだトラブルのおかげで、旅の余韻を楽しむ時間なんて、どこかへ飛んで行ってしまった。

そんなこんなで、やっとこのブログも更新できるのだけれど...。
11月はイベントがダブルブッキッング。
元々スローペースのブログだけど、しばらくは更にゆっくりになりそう?。

機窓から見る地中海は空と区別がつかないほど青い
翼の下にはクロアチア・スプリトの町
さて、今回の旅先は?


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「デザインフェスタ vol.39」に出展します(詳しくはコチラ

2014年11月8日(土)・9日(日)
11:00〜19:00
東京ビッグサイト・西ホール
1階・ブースナンバー B-126


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

猫専門の写真展「ねこ専」 in 大阪

2014年11月4日(火)~16日(日) 11:00~19:00

アトリエ1616
大阪市浪速区恵美須東1-16-16
大阪市営地下鉄「恵美須町」「動物園前」、JR環状線「新今宮」、阪堺電車「恵美須町」各駅よりすぐ

入場料 500円

⇒詳しくはコチラを!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-10-28 22:46 | Trackback | Comments(2)

ネコのいる場所

f0203836_082454.jpg


「地中海って、こんなにネコがいるんですか?」

作品展やイベント会場で、決まってこう尋ねられる。
結論から言うと...
「いる」

でも、決してどこにでもいるというわけではない。
いくつかの条件がある。
それさえ満たしていれば、そこには必ずネコがいる。

『食べ物がある』

食事を提供してくれる "ネコ伯母さん" はもちろん地中海にもいて、野良ネコたちにとっては女神さまのような存在。
漁港のある村はもちろんだし、観光客の多い町もお裾分けにありつきやすい。
意外だけれど、大都会もヒトが多いので、なにかと食糧は潤沢だ。

『クルマの往来が少ない』

狭い路地や石段の坂道が多い地中海の小さな町は、クルマが入り込めない場所が多く、ネコたちには好立地。
漁港など餌場があっても、クルマがビュンビュンと走るところではあまりお目にかからない。
ネコだって、ペチャンコにはなりたくないし。

『リスペクトされている』

地中海辺りにネコが多いのは、その昔ネズミ対策で船に乗せていたネコたちが繁殖したから...、という説も。
同じ目的でワイナリーや倉庫などで飼われていたりだとか、なにかと人々が恩恵を受けている町は多い。
そんな背景もあってか、例えタベルナやカフェの中を歩き回っても追い出されることなんて無いから、安心して暮らすことができる。

他にもいろいろあるけれど、『食べ物があって、クルマが走らず、人が穏やかな場所』ならば、必ずネコたちに出逢えるだろう。
でも、コレ...
よく考えてみれば、日本でも当てはまる。

例えば、私の生まれ故郷から程近い、広島県の尾道。
千光寺山の斜面に張り付く古い町並みは、細い路地と石段の坂道だらけ。
観光客もそこそこいるし、地元の人々も穏やかだ。

湘南・江の島もそうだし...
鎌倉辺り、いや全国のお寺や神社も。
そして路地裏も...。

そう。
わざわざ遠いところに行かなくても...
案外、すぐ近くにいい場所があるかもね♪。

ネコはヒトがいないと生きていくのは難しい
そしてヒトもネコに何かを求めている
ツンデレだけど癒される、小悪魔的な動物


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

猫の合同写真展「ねこ専」

2014年8月22日(金)~27日(水) 10:00~22:00(最終日のみ20:00)

TODAYS GALLERY STUDIO
東京都台東区浅草橋5-27-6-5F
JR・都営地下鉄浅草橋駅より徒歩7分

入場料 500円
(先着2000名様限定:五十嵐健太オリジナル「飛び猫」ポストカードをプレゼント)

⇒詳しくはコチラを!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-08-21 00:18 | Trackback | Comments(2)