シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ニガテナモノ

f0203836_2317862.jpg


以前からこのブログをご覧いただいている方はご存知のとおり...

私はお酒が苦手!

決して嫌いなのではなく、ただ体質的に全く受け付けない。
居酒屋にいると、その匂いだけでだんだんとオカシくなってしまうほど。
お酒を嗜む方には、とても信じられないハナシだろう。

ほんのひと口だけでも、顔色はあっという間にボルドー産のシャトー・マルゴーのように真っ赤になり、そのうち気持ち悪くなってブルーキュラソーのように青くなって、終いには血の気が引いてチチのように真っ白になってしまう。
忙しいコトだ。

カラダが拒否するのだから、どうにも仕方がない。
飲めないからといって、特に何か不都合があるワケでもない。
ただ...、少し損をしてるのかなと思う時も無いワケではない。

それは、美味しいお料理をいただいているとき。
隣のテーブルでお料理と一緒にお酒を楽しんでいる様子を見ると...
ふと『少しだけでも嗜めたらなぁ〜』と思うことがある。

そんな時、下戸の私は、専らお茶。
海外ならミネラルウォーターかコーラ。
もしそれが日本酒、ビールやワインだったら、きっともっと美味しくいただけることだろう。

時々、失敗してしまうのが、お料理にお酒が使われているコト。
洋食にはワインやブランデーを使う料理が多々あるので、うっかり注文すると大変なことになってしまう。

スイーツだって、サヴァランなんて無理っ!。
チェイサーにお水を飲んだって、ちっとも追いつかないんだから×××。

コートダジュールのレストランでいただいたリゾット
そのうち目の前がグルグルと......あれれ?
そういえばメニューに "Champagne" とかナントカ...


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「第19回 あ〜てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」に出展します(詳しくはコチラ
2013年7月26日(金)〜28日(日)
11:00〜18:30
横浜赤レンガ倉庫1号館・2階
ブースナンバー 2
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-07-17 23:34 | Trackback | Comments(0)

地中海の風

f0203836_0263242.jpg


今年のゴールデンウイークは雨ばかりで地味だな〜×××

なんて思ってたら、今日になって一気に夏到来!。
青い空と爽やかな風、そして強い陽射し。
どことなく地中海の匂いがする一日だった。

そんなお陽さまに促されて、ガーデニングセンターへ。
レモンにオリーブ、オレガノにディルにチャイブ。
地中海の風を感じるモノをたくさん買い込んだ。

ハーブたちは早速テラコッタの鉢に植え替え。
レモンとオリーブは地植えにするけど、土がまだ出来上がっていないので、それまでしばらくは小さな鉢でガマンしてもらうことにする。

一日お陽さまの下に出ていたら、すっかり日焼けして赤くなってしまった。
この時期の紫外線は本当に強い。
地中海のお陽さまと同じ力強さを感じる。

そうそう、ついに憧れのブーゲンビリアも買ってきた。
紫と赤の2種類。
元気に育ってくれるといいのだけれど。

"シエスタの町" ならぬ "シエスタの庭" 。
果たして我が家に地中海の風は吹くのだろうか。
地中海を彷彿させる植物たちに囲まれてシエスタを楽しむ日が待ち遠しい。

私のお気に入りの町のひとつ
南仏、ヴィルフランシュ・シュル・メール
地中海からの風がブーゲンビリアをそっと撫でてゆく


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2012-05-06 00:40 | Trackback | Comments(4)

時の流れに

f0203836_11455324.jpg


「まさか、あのコダックが?」

既にご存知のとおり、先日コダック社が経営破綻してしまった。

旧来のコダックをご存知の方は、きっと驚かれたと思う。
でも、写真をかじっている者からすれば、「ついに」というか、「やはり」というか...。
そんな感じだろうか。

私はコダックのフィルムが好きだった。
粒状性とかスペック的には日本製のモノに譲る部分はあったけど、代わりにそんなものはどうでもよいと思えるほどの "味" があった。

ほんの数年前までは、そんなコダックのフィルムで撮っていたのだけれど、今は殆どデジタルになってしまった。
"時の流れ" に乗った...というより、巻き込まれてしまったのかもしれない。

『デジタルへの転換に失敗した』のが、破綻に至った主たる原因だそう。
"時の流れ" に乗り切れなかった。
あっけないものだ。

デジタル一眼が各社から出始めた頃、よくカメラ雑誌に
「フィルムとデジタルはどちらが優れているか?」
という誌上企画があった。
私には全く興味の無い話だったので、殆ど目を通さなかった。

ただ...
フィルムで撮る方が楽しかった♪
これだけは、確かなコト。

当面フィルムの供給は継続されるようだし、また以前のようにフィルムで撮ってみようか。
...なんて思っても、今となってはそれもなかなかできなくなってしまった。

"時の流れ" 。
逆らうのは本当に難しい。

地中海の空気とコダックの相性は抜群だった
コートダジュール・ニースのランドマーク
HOTEL NEGRESCO


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2012-01-29 12:15 | Trackback | Comments(4)

階段の上には

f0203836_23545354.jpg


「人生、楽ありゃ苦もあるさ」
水戸黄門さまでおなじみの言葉。

このところ何かと痛ましいことが多いですが...、

「人生、苦ありゃ楽もあるさ」
希望を持っていきましょう。

自らその可能性を断ってしまうのは、あまりにも勿体ない。

つづら折りの階段の上には、広くて青い空が
南フランス・マントン


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2011-05-13 23:59 | Trackback | Comments(2)

残暑キビシク...

f0203836_22252224.jpg


9月になっても、猛烈に暑い日が続いてますね。

今年の夏は猛暑のおかげで、海水浴場やプールは大盛況だった様子。
暑いときの水遊びは、幾つになっても楽しいですよね。

夏の地中海地方、湿度が低くてカラッとはしてますが、日差しは強烈。
そんな時は、やっぱり水遊びに限ります。

南フランス・プロヴァンスの小さな村で出会ったパグくん。
泉を見つけるや否や、ためらうこと無く、まっしぐらに「ドボン!」。

相当気持ちよかったようで、飛び込んでは泳ぎを何度も何度も繰り返し。
あまりのはしゃぎようが可笑しくてしばらく様子を見ていたら、突然この真顔。

「ん?、なんで泳がないの?」

...という声が聞こえてきそうですネ。

天気予報によれば、まだまだ猛暑は続くとか。
もうウンザリですけど、 "しっかり食べて、たっぷり寝て"、 乗り越えましょう!。

...
記事書いてたら、汗が流れてきた×××
オフロで水浴びしてこよっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-09-04 23:31 | Trackback | Comments(4)
f0203836_19335539.jpg


さて、今年もいよいよ自転車レース "ツール・ド・フランス" が開催されます。
7月3日のプロローグに始まり25日まで、全20ステージに渡る熱戦が繰り広げられます。
日本からは昨年に続き、新城幸也選手が出場します。
応援しましょう!。

...と言いつつも、私は自転車レースについては全くの素人。
"アームストロング選手が滅法強い!" くらいのことしか知りません。
「じゃあ、何で観るの?...」

この放送、映像がとにかく素晴らしいのです!。
フランス、特に田舎の風景はそれはそれは美しく、また空撮を駆使したそのカメラワークが絶妙で、画面の中に引き込まれてしまうのです。
自転車レースに興味が無い方でも、フランスの田舎の風景を眺めているだけで、存分に楽しめますよ。

第1ステージ(ロッテルダム/オランダ~ブリュッセル/ベルギー)の放送は、
7月4日(日)20:30ー25:30。
CS放送「J SPORTS」でご覧いただけます。
ご加入の方は、是非!。

南仏・ルールマラン(Lourmarin)の村。
お洒落な色彩の建物と青く澄みきった空。

=追伸=

7月から記事の下に広告が入るようになりました。
これは "エキサイトブログ" の新しい仕様によるもので、私が自らの意思で掲載・お勧めしているものではありません。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-07-03 19:43 | Trackback | Comments(0)

春なのに...

f0203836_22103070.jpg


今日の湘南地方は最高でも8℃くらいと、冷たい雨の一日でした。
明日はもっと寒くなるとか...。
そうかと思えば、一昨日は20℃超え。
ここしばらく、気温の乱高下に振り回されてます。

そんな訳で、夕食はお鍋でほっこり。
そして、食後は長風呂でまったり。
4月も半ばにして、真冬の生活を送ってます。

こんな日には、シエスタの町が恋しくなります。
地中海周辺の気温を調べてみると...
多くの町で20℃を上回ってますね。
夏のシーズンに向けて、みんな動き出していることでしょう。

そう言えば、先週末の夜、早くも "蚊" に刺されました。
(私は特別刺され易い奇特な体質なのです!)
夏にかけて地中海方面へ旅行に行かれる方は、携帯式の蚊取り器を持って行くとイイですよ。
宿によっては備え付けてありますけど、無い時にはとても助かります。
かさばるものではないので、是非おひとつご用意を。

写真は、南仏・プロヴァンスのとある村。
カワイイ花で飾られた、素敵な雰囲気のカフェ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-04-15 22:15 | Trackback | Comments(2)

シトロンの季節

f0203836_2151957.jpg


地中海沿岸では、その気候を利用してオレンジなどの柑橘類の栽培が盛んです。
産業としての農園はもちろん、町の街路樹や一般家庭のお庭など、あちらこちらで見かけることができます。

地中海の日差しを浴びて育ったオレンジは、鮮やかな色で見るからに美味しそう!。
もちろん、その芳醇な香りと溢れんばかりの果汁は、期待を裏切らずです。

南フランス・コートダジュール、ここ "マントン" はレモンで有名な町 。
普段は静かなシエスタの町ですけど、ちょうど今は "レモン祭り" の真っ最中。
ニースのカーニバルと並んで、南仏に春の到来を告げる盛大なお祭りです。

そして、お土産屋さんの店先のお菓子・石鹸・化粧水・香水・ポプリ・マグネット・カード......
全てが、レモン・レモン・レモン!。
町を歩いていると、スッパイ顔になってしまいそうなくらい、もう町中がレモンだらけ。

写真のレモン、日本のものよりもふたまわり近くも大玉で、1玉 = 1ユーロ。
見るからにフレッシュって感じでしょ?。
とってもいい香りがするんですよ〜。

...あぁぁ
思い出したら、だんだん "スッパイ顔" になってきたぁ!!!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-02-20 22:00 | Trackback | Comments(2)

あのヒトは、今?...

f0203836_1752712.jpg


ここはプロヴァンスの田舎町、 "Saint Remy de Provence" (サン・レミ・ド・プロヴァンス)。
この町には、あの有名な方の生家があります。

1503年にこの町で生まれ、医師としてペストの流行と闘い、1566年にその生涯を閉じられます。
...が、有名になったのはむしろ亡くなった後で、以来何かと話題を振りまいてこられました。
特に20世紀末に向けて噂が噂を呼び、関連本も爆発的に売れました。
...ところが、一世を風靡したそんな話題も、1999年の7月を境にパッタリと聞かれなくなってしまいます。

もう、お分かりですね?。
その方とは...

予言者 "ノストラダムス" さんです!。

写真は、この町にある "ノストラダムスの泉" 。
最上部にノストラダムスの胸像があるのですが、今やまるで忘れ去られてしまったかのように、茂るツタに隠れてしまって、そのお姿をうかがうことができません。

有名な「空から恐怖の大王が降って来るであろう...」という予言。
それがまさか "葉っぱ" だったとは!...。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2009-09-21 17:56 | Trackback | Comments(0)

蝉 -cigale-

f0203836_1737237.jpg


少しずつ涼しくなってきてますね。
気がつけばいつの間にか、すっかり蝉の声を聞かなくなっていました。

関東地方では圧倒的にアブラゼミが多いですけど、私の故郷の広島県ではクマゼミという大きな蝉が多いです。
特に瀬戸内に浮かぶ島にはいっぱいいて、子供の頃は手づかみで虫かごに入りきらないほど捕れてましたね。
最近では温暖化の影響なのか、関東でも増えてきているそうです。

さてさて、南仏の町や村を歩くと、あちらこちらで蝉をモチーフにした雑貨を目にします。
フランスでは、パリをはじめ北部には蝉が居ないそうなんです。
そんな訳で、北部からバカンスにやってきた人たちが、南仏での休日の思い出として蝉グッズを買い求めるのです。
また南仏では、蝉は "幸運のシンボル" とされているので、日本のお守りみたいな感覚もあるのかもしれませんね。

それにしても、日本の蝉の声はもの凄く大きいです。
以前、オーストラリアのシドニー近郊で見た蝉は3センチあるかないかで、声もとっても小っちゃかったです。
あんなに大きな国なのにね?...、人は大っきいですけど...。

蝉に替わって、今の主役はコオロギやマツムシたち。
連日夜になると、素敵な合奏を聴かせてくれています。
秋の夜長、夜更かしが増えそうですね。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2009-09-15 17:39 | Trackback | Comments(2)