シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

会いたかったマドンナ

f0203836_061156.jpg


四国・松山まで足を延ばしたのは、もうひとつ理由がある。
ずっと前から会いたいと思っていた、ある女性に会うためだ。

道後温泉からクルマで南へ30分弱。
緑に囲まれたところに、そのマドンナは住んでいる。

背が高くて、まるで雪のように色白。
黒いつぶらな瞳に、スッと鼻筋の通った美女。
彼女の名前は...

ピース

もうおわかりだろう。
そう、あのしろくまピースだ。
(ご存じない方はコチラを

ピースは "とべ動物園" の一番の人気者。
小さい時はモチロンのこと、大人になった今でもその可愛らしさは変わらない。
周りにはいつもお客さんがいっぱいで、ピースも穏やかな表情で応えてくれる。

ピースは生後まもなく母親が育児放棄をしたため、飼育員の高市さんが付きっきりで育て上げ、人工哺育の記録を塗り替えた。
癲癇(てんかん)の持病があるけれど、サポートを受けながら元気に暮らしている。

私が訪れたとき、待てど暮らせど部屋にこもったまま姿を見せないので、諦めて帰ろうとしたのだけれど...
隣のアシカたちが
「ちょっと待って、もう一度様子を見ておいでよ」
というので、引き返してみることにした。

すると...、なんとピースがゆっくりと立ち上がってコチラに歩いてきてくれた。
すぐそばで見るピースは、とても優しい顔をしていた。
大人になったけれど、その瞳は子供の頃のピースそのものだった。

そんなピースも、12月2日には満13歳の誕生日を迎える。
同日には毎年恒例のお誕生日会も開催される。
今年も多くのファンに祝ってもらうことだろう。

すっかり寒くなってきたけれど、ピースはへっちゃら!。
そんなピースに会いたくなったら...
是非 "とべ動物園" へ!。

愛媛県立とべ動物園
http://www.tobezoo.com
愛媛県伊予郡砥部町上原町240


温かい温泉で癒され...
可愛いピースで癒され...
ココロはすっかりほっこりと


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2012-11-23 00:03 | Trackback | Comments(0)

小さくて大きな世界

f0203836_0223642.jpg


コレ、なぁ〜んだ?。

正解は、アゲハチョウの幼虫。
庭のスダチの木に何匹かついていた。

柑橘系の木の葉が大好物の彼ら。
小さな身体に似合わずその食欲は旺盛で、葉っぱをモリモリと食べてしまう。
なので、そんな木を育てているヒトからすれば、害虫にほかならない。

でも、近くでよく見れば...
クリクリとした目のように見える模様やカチューシャのような模様はキュートだし、ずんぐりとしたフォルムのカラダはなかなか可愛らしい。
なにより、鮮やかなライムグリーンをベースに、曇りのない白や濃いグリーンを織りまぜたカラーリングは、グッドデザイン賞に値する。

そんなファッショナブルな彼らが、一生懸命に葉っぱを食べている姿を見ると、駆除する気が萎えてしまう。
なんたって、彼らだって生き物だし。
もう少し成長すれば、あの美しいアゲハチョウになって、大空へ飛び立つのだから。

...と言いつつも、結局ご退去いただいた。
あぁ、罪悪感×××。

ふと足下を見れば、アリたちがまだ小さなアゲハの幼虫を巣穴へと運んでいた。
先日、木に大量のアリたちが登っていたので思わず殺虫剤を吹き付けてしまったのだけれど、人知れず役に立っていたようで悪いことをしてしまった。

ダンゴムシにカメムシ、ナメクジ、キリギリス、ムカデ、トカゲにモグラ...。
小さな庭にもいろんな生物が棲んでいて、うまい具合に食物連鎖が成り立っている。
普段はなかなか気付かないけれど、小さいながらも大きな自然がそこにはある。

全ては自然のバランス。
むやみに干渉するのはやめよう。

...そう思いつつも、今日は玄関先で大きなクモをやっつけてしまった。
だって、気持ち悪いんだもん×××。

触った感じはプニョプニョやわらか
ゴム手袋をしてたけど
ちょっと鳥肌モノだった


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2012-06-02 00:28 | Trackback | Comments(2)

アクアマリンの世界へ

f0203836_21242822.jpg


今週に入ってからというもの、連日暑さ炸裂!。
今日もモーレツに暑かった~。
こんな日は、ザブンと水の中に飛び込みたくなりますよね。

というワケで、今日は海に潜りましょう!。

どこの海にしようかと思いましたが、いつもの地中海はお休みにして...

ここはグアム。
場所はタモン・ビーチ。
ホテルがたくさん並んでいる、メインのビーチです。

ボンベを背負うスクーバではなく、現地のスーパーで買った安いスノークルで(Kマートでたくさん売ってます)、ビーチからそのままエントリーしてます。
水深は3~4メートル程度でしょうか。

カメラは防水コンパクト。
今は各社から出ていて、比較的安価で買えますね。
アウトドアにはとても重宝します。

岸からすぐの場所でも、こんなにたくさんの魚たち。
水を掻くと、手に魚がバシバシ当たってしまうくらいです。

なにより水の透明度がスゴい!。
水の中もとても明るくて、ずーっと先まで見渡せる。
おかげで、日本だと絶対に泳げないような距離を、知らない間に泳いでたりします。

ビーチでは、ライフガードさんたちがしっかり見ててくれるので安心。
波も穏やかだし、見る限り危険なモノもいなかったので(ナマコいっぱいいます!)、お子様連れの方にもいいですね。

グアム、東京からだと3時間ちょっとのフライト、空港はタモンビーチと目と鼻の先、...と便利です。
日本語が通じるお店も多いし、安いパッケージツアーが豊富なのも魅力ですね。

キレイな海を楽しんだあとは、ビーチの椰子の木陰で青い空にプカプカ浮かぶ白い雲を眺めながらシエスタ。

ゆったりと流れる時間...
格別デス。

トロピカルな魚がたくさん
まるで竜宮城のよう


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2011-08-11 21:47 | Trackback | Comments(0)

ロバの落としもの

f0203836_21435953.jpg


エーゲ海に浮かぶシエスタの島々。
平地が少ないのは島であるが故、仕方が無いことです。

町や村の歩道は上り下りが多く、それもヒザが笑ってしまうような、かなり急な石段。
クルマが通れるような道はごく僅かで、生活道路としては狭く迷路のように入り組んだ通りと石段を歩かざるを得ません。

クルマが入って来れないこのようなところで、人の手でホテルやお店へ荷物を運ぶのは大変な重労働。

そこで活躍するのが、このロバさん!。

登坂能力が高いので、食糧など商品はもちろん、材木などの建築材、タンスなどの家具類などなど、なんでも運びます。
専ら観光客向けですが、タクシーとしても働いていたりします。

...で、ロバさん、言うまでもなく生き物ですから、当然 "落としもの" をたくさんされる訳です。
...そう、 "う○ち" デス!。

観光客の多いところではソレを回収する業者の方もいるのですが、そうでないところでは......シンプルに自然風化待ち。

地中海地方は湿度が低く日照も強いので、 ブツはあっという間にカラカラに乾燥してしまいます。
そこへ爽やかな海風が吹くと、それにのって大空へ飛んで行く...という、とってもエコロジーなシステム。

シエスタの島を歩いている時、道端で乾燥したワラを見つけたなら、それはロバさんの "落としもの" の一部かもしれませんよ?。

ミネラルウォーターを運ぶロバさん
既に満載のような気がしますが、更にこのあと奥にあるビールがどっさり載ります
うるうる...


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2011-05-06 22:00 | Trackback | Comments(2)

我が子を愛でる

f0203836_22365886.jpg


バリ島のとある農村にて。

男たちが輪になって、何やら話しています。
そして、その手元には...。

そう、ニワトリです。

実はコレ、 "闘鶏" で戦わせるために飼っているニワトリたち。
男たちにとってみれば、我が子同然に手塩にかけた、それはそれは大切な鶏なのです。

まだ陽の高い昼下がり、村の男たちは仕事の手を休め、 "我が子" を連れて意気揚々と村の集会場へ。
みんなが集まると、それぞれが "我が子" の自慢話を始めます。

その表情は真剣そのもの。
自然と、身振り手振りも大きくなります。

全員の自慢話が終わるのは、もうすっかり陽が傾いた頃。
そして男たちは、仕事へと戻って行きます。

暑いバリ島では、日の高い時間に作業することはとても苦痛。
そんな時間を利用して、こうやってみんなとコミュニケーションをとって、鋭気を養う。

バリ島の農村に生きる男たちの、シエスタの時間の過ごし方。
なかなかケッコーな光景でした。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2011-01-06 22:38 | Trackback | Comments(0)

うさぎcafe

f0203836_0183616.jpg


早いもので、今年も残すところあと2週間。
耳をすませば、なんとなくウサギの跳ねる音が近づいてくるような...。

そう、来年は「卯年」。

そういえば、先日の横浜・赤レンガ倉庫のイベント会場で、ウサギにリードをつけて散歩している人を見かけました。
ウサギちゃん、ポッテリしてて可愛かった~。

さて、私のポストカードをお取り扱いいただいています、横浜・石川町の「猫カフェ れおん」さん。
先月新たに「うさぎcafe」をオープンされました。

"うさぎスタッフ" は現在11羽。
私、ウサギにこんなに種類があるなんて知りませんでした。
どのコもみんなカワイイです(お口、モゴモゴ...)。

場所は「れおん」さんに併設。
なので、ネコとウサギ、両方を楽しむことができます。
システム・料金については、ウェブサイトをご参照ください。

卯年ということで、年賀状撮影コーナーが設置されています。
お店の "うさぎスタッフ" たちをモデルにして、撮影ができますよ。
是非!。

写真は、私が撮った一例
年賀はがきに加工してお店に置いてあります

=お店データ=

うさぎcafe
猫カフェ れおん
横浜市中区松影町1-3-2 関山ビル2F
045-211-4152

私 "ASUHA -明日葉-" のポストカードやフレーム入りプリントをお取り扱いいただいています。
ここだけでしか手に入らない、撮りおろしポストカードもあります。
お店にお出かけの際は、あわせてご覧ください。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-12-19 00:24 | Trackback | Comments(2)

バリ島のニワトリ

f0203836_10114939.jpg


バリ島の田舎の朝は、ニワトリたちのモーニングコールで始まります。

なにしろ数が多いうえにノビノビと育ってて元気がいいので、その声量はたいへんなモノ。
ゆっくり寝ていたくても、そうはさせてもらえません。

バリ島の村を歩けば、あちこちで目にするニワトリ。
放し飼いでストレスが少ないせいか、みんな羽毛の色ツヤがよく、見るからに健康そう。

...実はこのニワトリたち、その殆どは地元の方々の胃袋に収まる運命に。
つまりは "地鶏" 。
どちらのお宅でも庭先でニワトリを飼っていて、必要な時に姿形を変えて食卓に現れます。

「え~?、可哀そう!」

......確かに。
でも、これはバリ島で暮らす方々にとってはごく当たり前のコト。
日本もその昔はそうでした。
それに、私たちだって飼育されたあげく精肉加工された鶏や牛や豚を買って食べている訳ですから、結果的に同じコトです。

ただ現地の方は "貴重な命と引き換えに糧をいただく大切さ" について、私たち日本人の何倍も重んじていらっしゃいます。
何でも簡単に手に入れて口にすることができる私たちは、 "感謝して食する" ということを忘れてしまってますね。

今日の食事は、その辺のことを考えながら、ゆっくりととりましょうか?。

それにつけても...
"地鶏"
とっても「お・い・し・か・っ・た」デス!
感謝!!!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-11-25 10:25 | Trackback | Comments(0)

秋、チカヅク

f0203836_0204045.jpg


昨日、そして今日と雨降りの湘南地方。
一昨日には真夏のようだった気温も一転して、涼しいを通り越して寒いくらいに。

これだけ気候が急変してしまうと、何かと戸惑いますね。
今日はまず、服に困りました。
まだ夏物ばかりでしたので...。

一昨日は "かき氷" を食べたのに、今日の夕食は早くも鍋物 "水炊き" 。
布団も用意しないと...。

9月に入ってどんなに暑くても、自然の動物はちゃんとわかるようで、コオロギや赤トンボは例年通りに動き始めました。
赤トンボと言えば "アキアカネ" という種類がいるのですが、 "秋茜" ってなんとも日本の秋らしい素敵な名前です。

夏の間はおとなしくしていた部屋の観葉植物たちも、新しい葉を作ろうと仕事に取りかかってます。

一歩、また一歩と、秋の足音が大きくなってきてますネ。

ひとつ、お知らせです。
12月10日〜12日に横浜・赤レンガ倉庫で開催される「あ〜てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」に出展することになりました。
詳細は、後日改めて掲載いたします。

チュニジアのオアシスで見つけた "赤トンボ"

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-09-25 00:12 | Trackback | Comments(2)

海岸線上のシエスタ

f0203836_17364398.jpg


青い海をバックに、誰かさんがシエスタ中ですね。

「アザラシでしょ?」
「タマちゃん?」

...惜しい!。
彼らは "Australian Sea Lion" 、オーストラリア・アシカです。
というわけで、今回は地中海を離れ、オーストラリアのとある島でのシーン。

海で生活するアシカやアザラシの類ですが、一日中ずっと水中にいる訳ではなく、このようによく日光浴をしています。
陸に上がれば天敵のサメもいないので、それはそれは穏やかな表情でゆったりとシエスタを楽しんでいます。

この海の遥か水平線の向こうには、南極大陸が控えています。
それにしても、海の色の青いこと。
こんな海を自由気ままに泳げるなんて、羨ましい限りです。

そうそう、アシカってサーフィンをするんですよ。
切り立った形のいい波が押し寄せると、それに乗って凄いスピードで機敏にアクションをキメながら泳ぐんです。

ところで、アシカとアザラシの違い、ご存知ですか?。

外見でわかりやすいのは、アシカには "耳たぶ" があって、アザラシにはありません。
それから、陸上で移動するとき、アシカは前脚を立てて後脚で蹴るように進みますが、アザラシは全身で這うような感じです。

夏休みに水族館や動物園にお出かけの際は、是非観察してみてくださいネ!。
夏の水族館、見た目にも涼しげで、おススメですよ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-07-21 17:48 | Trackback | Comments(3)

空に羽ばたけ、小さな命

f0203836_19381817.jpg


ツバメの雛たち。
ちょうど親鳥が餌を持って戻ってきたところです。

このコたちは、私が住んでいる逗子の駅にある巣で育っています。
この時期はいろんな所で目にしますね。
わざわざ人の多いところに巣を架けるのは、天敵であるカラスやトビなどを避けるためだと言われています。

ほんの数分様子を見ていましたが、親鳥の夫婦が代わる代わる何処からか餌を捕まえて来て、すぐまた探しに何処かへ飛び去ってしまいます。
その目まぐるしいこと!。
相当な回数です。

緑地が減って食糧となる虫が少ない現代の町中、親鳥は自らの空腹に耐えながら、せっせと雛たちに餌を運んできます。
私たち人間の世界では "子供に対する愛情が少し薄くなっているのかな?" と思う事件が多いこの頃、本当に頭が下がるような思いです。

そんな親鳥の献身的な育児のおかげで、このコたちは順調にスクスクと育っています。
羽毛の色もいつの間にか大人の色に変わって、ここ数日はパタパタと羽ばたく練習も。
巣立ちの日が近いのかもしれません。
このままみんな無事に巣立って、また来年この町で元気な姿を見せて欲しいものです。

みなさんがお住まいの町のツバメたちも、きっと同じくらい育っていることでしょう。
小さな命の巣立ち、見守ってあげてくださいネ。

=追伸=

鳥(......動物全般かな?)を撮影するときは、フラッシュを "オフ" にしてくださいね。
眼に良くないですから。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-06-21 19:52 | Trackback | Comments(0)