シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:グラフィティ ( 78 ) タグの人気記事

f0203836_2333699.jpg


2月22日。

「さて、今日は何の日?」

すぐに答えられた方は、きっとネコ好きさんだろう。
そう、今日は...

(=・ω・=)猫の日(=・ω・=)

2月22日の「2・2・2」を「にゃん・にゃん・にゃん」と読ませた語呂合わせ。
制定されたのは1987年というから、今から26年前のこと。
もう結構な年数、親しまれてきた記念日だ。

猫カフェやペットショップはもちろんのこと、書店や雑貨店などなど、多くの場所でネコにまつわるイベントが目白押し。
今日立ち寄った書店にも、しっかり "猫の日コーナー" 。
おかげで、思いがけず長居してしまった。

私は残念ながらネコを飼っていない。
その代わり、隣家を家出中のネコがちょくちょく我が家の庭に遊びにきてくれる。
"猫の日" の今日は、いっぱい構ってやろうと思っていた。

いつもは庭でひっくり返って、のんびりゴロゴロやってるのだけれど...
今日に限って、まるでチーターが獲物を追うがごとく、もの凄い勢いで駆け抜けて行ってしまった。
思いどおりにいかないところが、またネコの可愛いトコロなのだけれど×××。

ところで、「2・2・2」は「ぶう・ぶう・ぶう」とも読める。
ひょっとして "豚の日" でも?...と調べたら、それは特に無い様子。
(アメリカでは3月1日が "National Pig Day" 、つまり "豚の日" だそう)

因みに 「わん・わん・わん」の "犬の日" は1月11日かと思いきや、11月1日。
語呂合わせで記念日を作るのは、日本のお家芸なのかも。

モデルさんは横浜・Cat Cafe Miysis
『はぁちゃん』
人懐っこいキュートな男のコ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-02-22 23:52 | Trackback | Comments(0)

チョコレートの日

f0203836_19463694.jpg


今日、2月14日はバレンタインデー

「お菓子業界の策略だ!」
なーんて声も聞こえてくるけれど...
やっぱり、女子も男子もドキドキの一日♪。

ところで、チョコレートといえば、連想するのはベルギーやフランス、スイスあたり。

旅から帰国の途中、スイス・チューリッヒ空港での乗り継ぎ時間を利用して、ショッピングエリアを覗いてみた。
期待どおり、もの凄い数の銘柄のチョコレートがところ狭しと並んでいた。
さすがは、国民一人あたりのチョコレート消費量が世界一と言われる国。

チョコレートが大好きな私には凄くウレシイのだけれど...
スイスは物価の高い国なので、チョコレートとはいえ免税店でさえナカナカのお値段。
でも、せっかくスイスに来たのだからと、いくつか買って帰ることにした。

私が買ったのは、リンツにミルカ、それにゴールドケン。
リンツはスイスはもとより、世界を代表する銘柄。
日本では見かけない製品も、現地にはたくさん。

普段は国産の某・赤いパッケージのモノが好きで、それが世界一美味しいと思っていたけれど...
!!!!!
スイスのチョコレートって、オイシイ!。

そういえば、キットカットを造っているネスレもスイスの会社。
そして、ネスレといえばネスカフェだけど...
スイスのチョコレートは、コーヒーによく合うかも。

今朝、駅の柱の陰にチョコを片手に潜んでいる女子生徒を見かけた。
うまく渡せたかな?。

ガンバレッ、女子!

Happy Valentine's Day!


私が中学生の時のバレンタインデー
「コレに入れて帰るんだ!」と
ゴミバケツ用の大きなポリ袋を持ってきた男子がいたな〜
帰りの時点でヒトツも入ってなかったけど...?


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-02-14 20:00 | Trackback | Comments(2)

白い贈りもの

f0203836_2362019.jpg


昨日は湘南地方も大雪の一日だった。

我が家の辺りも、珍しく10センチ以上も積もってしまった。
おかげで、今朝は門扉が開かず、朝早くから雪かき作業に汗を流すことに。
慣れないコトなので大変だったけど、お腹を引っ込めるためのエクササイズだと思えば、なんてことは無い。

ただ、雪国にお住まいの方々は毎日数回の雪かきに追われているのだと思うと、頭が下がるばかり。
その労力はもちろんのこと、費やす時間も相当なもののはずだし。
そんな方々には申し訳なく思うのだけれど、故郷ともども滅多に雪が積もらないところに住んでいる私にとっては、ちょっと嬉しいプレゼント。

見慣れた風景も、雪化粧で新鮮に見える。
モノトーンの世界は、まるで水墨画のよう。

童心に帰って、口を大きく開けて上を向いて歩きながら、降ってくる雪を食べてみた。
一瞬冷たくて、でもすぐに融けてしまう。
子供の頃の懐かしい感覚が妙に楽しくて、ひとりでニンマリとしてしまった。

我が家の庭もすっかり銀世界。
二階まで届く月桂樹の木は雪の重みで大きく頭を垂れ、アイビーやチャイブはすっかり白いメレンゲの下に埋もれてしまった。
それでも、ローズマリーや紫陽花にはもう小さな花芽がついていて、春がすぐそこまで来ている事を知らせている。

♪犬は喜び庭駈けまわり、猫は火燵で丸くなる〜♪
という童謡があるけれど...
我が家の庭では、昨夏から隣家を家出中のネコが、いつものように散歩していた。

足、冷たくないのかナ?...

庭のレモン
冷たい雪の下、じっと耐えていた
"成人式" はもうちょっと先かな?


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-01-15 23:19 | Trackback | Comments(2)

初夢

f0203836_23431057.jpg


いち 富士
に  鷹
さん 茄子

初夢に見ると縁起が良いとされる御三家だけど...
残念ながら、私はどれも見たことが無い。

今年こそは見られるかな?...
なんて、少しだけ期待をしていたけれど...
やっぱり今年も叶わなかった。

それどころか、明け方にこむら返りに襲われ、新年早々苦しむことになってしまった。
私はよく睡眠中にこむら返りを起こしてしまう。
あの痛さは本当に耐え難い。

そんなワケで、私の初夢は翌2日の夜のこと。

何処か外国の広い広い草原。
まっすぐな滑走路だけが延びる簡素な飛行場。
そこに7〜8人乗りの小さなプロペラ機。

飛行機の横には、白シャツに短パン姿のガッチリとしたおじさま。
一見オージー風の彼は、どうやら機長らしい。
サングラスで目は隠れているけれど、陽気な表情は簡単に読み取れる。

準備はいいか?
さあ、行こうぜっ!


彼は私をキャビンに押し込むと、勢いよくドアを閉めた。
鼻歌交じりにエンジンをかけ、飛行機を滑走路へと移動させる。
そして徐に後ろを振り返り、ニヤリと笑って一言...

Let's go!

.........と、ココまでしか記憶に無い。
私の夢は、いつも唐突な始まりで、尻切れトンボに終わってしまう。
ちょっとモヤモヤするけれど、悪い夢では無くてホッと一息。

雲ひとつ無い鮮やかな青空と爽やかで澄みきった空気。
それに、力強いお陽さまの光がとても印象的だった。
私の乗った小さな飛行機は、何処へ向かうのだろうか...。

そして私の2013年も、時を同じくしてテイク・オフした。

なかなか夢で会えない富士山
...なので会いに行った方が早い
西伊豆から眺めるその姿は清々しい


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2013-01-05 23:57 | Trackback | Comments(0)

またひとつ...

f0203836_17514146.jpg


あと少しで、今年も終わってしまう。

子供の頃の一年は随分と長く感じたものだけれど、今ではあっという間の時間に感じてしまう。
せめて年越しはゆったりと過ごしたい。
こんな時は、お酒が全くダメな私でも、ほんの少しだけ飲んでみたいという気になってしまう。

シエスタの町でお土産にいただいた、ウゾのボトルがあったのを思い出した。
小さなグラスに、ほんの少しだけ注いでみる。
それを、さらに水で割る。

曇りの無い透明だったウゾは、水を加えると一瞬にして白く濁る。
まるでマジックのようだ。
そんな風に、来年はパッと明るい年になればいいのだけれど。

去り行く年に
そして来たる年に...

ヤーマス!(乾杯!)

みなさん
良いお年を!


ちょっと格好をつけてみたけれど
ワタシはやっぱりお酒はムリ!
ウゾ・キャンディーの方が美味しいナ♪


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2012-12-31 23:15 | Trackback | Comments(2)

運命のヒト

f0203836_20101853.jpg


ワタシ、今日入籍しましたっ♪

いえ、私のハナシでは無く...
クリスマスの夜、嬉しいニュースが飛び込んできた。
私のトモダチが、ついに運命のヒトと!。

彼女と出会ったのは、私がカナダを旅していたとき。
ナイアガラ・オン・ザ・レイクという、オンタリオ湖岸の小さな町へと向かうバスの中だった。
もう何年も前のコトだけれど、その時の人懐っこい笑顔は今でもハッキリと記憶に残っている。

当時から私は神奈川、彼女は大阪在住なので、普段は会うことも無い。
連絡はもっぱらメールだし、それも頻繁に交わすわけではない。
それでも、以来ずっと大切なトモダチでいる。

今、私は写真が好きでこんなコトをやっているけれど、それ以前に "旅" が大好きだ。
カナダの旅はそれだけで充分楽しかったけど、さらに楽しいモノにしてくれたのが彼女だった。
そしてその充実した旅は、結果として私が写真にのめり込むきっかけとなった。
そういう意味では、彼女は私にとっては運命のヒトかもしれない。

そんな彼女が、運命のヒトと新たな人生(たび)のスタートを切ることになった。
初夏に連絡をとった時には、まだ募集中だったのに!。
なんて嬉しいサプライズ!!。

温かくてステキなクリスマスプレゼントをありがとう♪。
そして...

Mちゃん
本当におめでとう!!!

シエスタの町で出会った花嫁さん
幸せで溢れたトビキリの笑顔は
地中海のお陽さまよりも眩しかった


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2012-12-27 20:39 | Trackback | Comments(0)

クリスマス色

f0203836_17414988.jpg


銀座も渋谷も、そして横浜も。
街を歩けば、クリスマスムード一色。
赤と緑の鮮やかな装飾と光で溢れている。

人混みが苦手な私だけれど、それでもこの季節の街歩きは悪くない。
夜の街を彩るクリスマスツリーの灯りは、ココロをポカポカと温めてくれるような気がする。
街行く人の表情は、笑顔で溢れている。

今年最後の猫カフェでの撮影。
お店はもちろんクリスマス仕様。
そして猫スタッフたちも、クリスマスの衣装でお出迎えだ。

もっとも、猫たちはクリスマスもお正月も我関せず。
いつもどおりの、ゆったり・のんびり・まったりした姿で、私たちを和ませてくれる。

窓越しに外を眺めている1匹の猫スタッフがいた。
後ろから近づいて、そっと覗き込むと...
窓の外には、クリスマス色に染まった街並み。

ん?
猫も何かを感じているのかも...。

みなさん
ステキなクリスマスを♪

Merry Christmas!

猫カフェれおん・レオン店長
http://nekocafe-leon.com/
赤い衣装がよくお似合い


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2012-12-23 17:59 | Trackback | Comments(0)

◯◯の秋

f0203836_22213683.jpg


秋は楽しみがたくさん♪。

昔から言われるように、 "スポーツの秋" 、"芸術の秋" ...
それに、 "読書の秋" 。
そして今日、10月27日からの2週間は "読書週間" 。

ということで、私のおススメをひとつご紹介。

それは、ギリシャ神話
「エ~、なんか難しそう×××」
...なんて声が聞こえてきそう。
でも、堅苦しいモノでは無いのでご安心を。

コレ、神話を漫画で描いたもの。
しかも、著者はあの里中満智子さん。

ギリシャ神話はとても面白いのだけれど、登場人物がやたらと多くて、またその関係が複雑だったり。
なので、活字だけだとなかなかアタマに入らなかったりするケド、これなら大丈夫。

読んでみると、「へぇ~っ!」「ほほう!」と思うことがたくさん。
普段の私たちの生活の中にすっかり溶け込んでいるエピソードもあったり。
とにかく面白いので、秋の夜長に是非!。

マンガギリシア神話・文庫版
中央公論新社
全8巻


ワタシはもっぱら "食欲の秋!"
旅の間にせっかく減った体重も
元に戻るのは時間の問題かな?


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2012-10-27 22:35 | Trackback | Comments(0)

小さくて大きな世界

f0203836_0223642.jpg


コレ、なぁ〜んだ?。

正解は、アゲハチョウの幼虫。
庭のスダチの木に何匹かついていた。

柑橘系の木の葉が大好物の彼ら。
小さな身体に似合わずその食欲は旺盛で、葉っぱをモリモリと食べてしまう。
なので、そんな木を育てているヒトからすれば、害虫にほかならない。

でも、近くでよく見れば...
クリクリとした目のように見える模様やカチューシャのような模様はキュートだし、ずんぐりとしたフォルムのカラダはなかなか可愛らしい。
なにより、鮮やかなライムグリーンをベースに、曇りのない白や濃いグリーンを織りまぜたカラーリングは、グッドデザイン賞に値する。

そんなファッショナブルな彼らが、一生懸命に葉っぱを食べている姿を見ると、駆除する気が萎えてしまう。
なんたって、彼らだって生き物だし。
もう少し成長すれば、あの美しいアゲハチョウになって、大空へ飛び立つのだから。

...と言いつつも、結局ご退去いただいた。
あぁ、罪悪感×××。

ふと足下を見れば、アリたちがまだ小さなアゲハの幼虫を巣穴へと運んでいた。
先日、木に大量のアリたちが登っていたので思わず殺虫剤を吹き付けてしまったのだけれど、人知れず役に立っていたようで悪いことをしてしまった。

ダンゴムシにカメムシ、ナメクジ、キリギリス、ムカデ、トカゲにモグラ...。
小さな庭にもいろんな生物が棲んでいて、うまい具合に食物連鎖が成り立っている。
普段はなかなか気付かないけれど、小さいながらも大きな自然がそこにはある。

全ては自然のバランス。
むやみに干渉するのはやめよう。

...そう思いつつも、今日は玄関先で大きなクモをやっつけてしまった。
だって、気持ち悪いんだもん×××。

触った感じはプニョプニョやわらか
ゴム手袋をしてたけど
ちょっと鳥肌モノだった


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2012-06-02 00:28 | Trackback | Comments(2)

攻防

f0203836_23242587.jpg


先週末のこと。

掃除がてら、ふと床下を覗くと...

(◎_◎;) エッ!!!

...何かと目が合ってしまった。
この辺りはアライグマやハクビシンが野生化して棲んでいるし、ひょっとしたら大蛇かツチノコかもしれない。
そんなのだったらどうしよーっ!...と思いつつ、恐る恐るもう一度覗き込んだ。

薄暗い中に、鋭い目がふたつ。
やっぱり何かいる〜っ。
恐いけど、何なのか確かめないと。

そう思って、少しずつ顔を近づけると...

シャ〜〜〜〜〜ッ!!!

スゴい剣幕で威嚇されてしまった。
よくよく見れば、そこにいたのは...。

新居に引っ越してきた当日、クロネコヤ○トの宅急便を待っていたとき、ホンモノのクロネコがテケテケと庭を通り抜けていった。
その後も、サバだったり、茶トラだったり、ブチだったり...。
どうやらこの辺りには、何匹かのノラネコたちが暮らしているらしい。

気候も良くなってきたせいだろうか。
先々週あたりから、その中の一匹を頻繁に見かけるようになった。
庭を歩くのはもちろん、天気のいい日は捨てるつもりで束ねておいたダンボールの上で気持ち良さそうにシエスタを楽しんでいた。

そこにいたのは、ソイツだった。
どうやら、床下に住み着こうという魂胆らしい。

もっとも、ココは中古の物件なので、ひょっとしたら私よりずっと前から出入りしていたのかもしれない。
でも、もしも子猫を産まれたり、死なれたりしたら、それはとても困る。

そんなワケで、猫がお出かけした隙にネットを張って、出入りができないようにしてしまった。
ゴメンね、ネコさん。

その翌日。
レモンやオリーブを植えるために、ここ数週間せっせと耕してフカフカの土に改良した庭の一等地。
土の具合はいかがなモノかと手を入れてみると、何やら柔らかい感触。

...ネコさんからの "お礼のウ○チ" (。´Д⊂) ...

そして、そんな時に限って "素手" だったりする×××。
あ〜っ、もうっ!。

効果的な対処法、至急求ム!。

エーゲ海の島の通りにあったオリーブの植木
いっぱい刺さっているのは、ギリシャ料理のスブラキ(串焼き肉)に使う串
ネコ糞対策に知恵を絞るのは万国共通


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2012-05-24 23:47 | Trackback | Comments(4)