シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:グラフィティ ( 78 ) タグの人気記事

続・スリ

f0203836_22592889.jpg


学生時代にヨーロッパを巡った旅でのことだ。

初めて訪れた、フランス・パリの街。
エッフェル塔、凱旋門、ルーブル美術館...
テレビで何度も観た建築物の数々が今自分の目の前にあることに、ついついはしゃいでいた。

セーヌ川の川辺に並ぶ絵描きたち、メトロの駅に集うミュージシャン。
プジョーの自転車に乗った男性は片手に花束、その向こうにはバゲットを小脇に抱えた人。
道行く人々が皆、とにかくお洒落に映った。

長い旅の途中、どこかで親や親戚へのお土産を買って帰りたいのだけれど...
このあとに行くイタリアにはきっと垢抜けたモノがあるだろうし、その次のエジプトには何かもっと珍しいモノがあるかもしれない。
そうも思ったけど、先ずはこのお洒落なパリで探すことにした。

早速、両替をするため銀行へ。
お土産代の他に、当面の旅費も必要だったので、多めに替えておくことにした。
日本円にして、5万円分くらいだろうか。

そこからどこへ行ったのかはもう忘れてしまったけど...
すぐメトロに乗って、どこかの駅で降りた。
改札を抜けて、階段を上って、地上へと出た。

冬のパリにしては、よく晴れて明るい日だった。
...けれども、私だけは漆黒の闇に包まれていた。
何故なら...

「無いっ!!」

ジャケットのポケットに手を入れると、そこにしまったはずものが無くなっていた。
さっき銀行で両替したばかりのお金が全部...。
もう汗は吹き出るわ、顔は真っ青になるわで、周りにいた人にはさぞ気持ち悪い日本人に映ったことだろう。

車内か駅構内で落としてしまったのだろうか?。
いや、ポケットにはジッパーとスナップボタンの付いたフラップがあるから、落ちるはずはない。
茫然としながら、スリに遭ったのだと理解した。

迂闊だった。
きっと銀行で両替したときから狙われていたのだろう。
掏られたことももちろん悔しかったけど、油断していた自分自身がどうにも情けなかった...。

...と、そんな実体験もあって...
服のポケットには、金目のものは入れないようにしている。
それだけで、嫌な思いをしなくてすむのだから簡単なことだ。

どんな分野にもプロフェッショナルがいるけれど、スリも然り。
前回のポストのスペインでの件は、かな〜りヘタな例だ。
プロは気配を完全に殺して完璧な "仕事" をするので、気付いた時にはもう後の祭だ。

旅先での街歩き、くれぐれも気をつけて。

苦い思い出のあるパリのメトロだけど...
時には素敵なパフォーマーが楽しませてくれる
ホットな演奏を聴かせてくれた陽気なジャズメン


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2015-03-03 23:02 | Trackback | Comments(2)

マタシテモ、鞆の浦

f0203836_23512241.jpg


先週末から『流星ワゴン』というドラマが始まった。

重松清さん原作の同タイトルの小説をテレビドラマ化したものだ。
私はドラマはまず観ない...、というよりテレビ自体あまり見ないのだけれど、今回はとりあえず録画だけしておいた。
というのも、私の故郷である広島県福山市がそのロケ地になっているからだ。

それを知ったのも、実家の母から電話があったからだった。
連絡が無ければ、いつもどおり気にも留めなかっただろう。
もっとも、その録画したモノを観るかどうかはワカラナイけれど。

その程度の関心なので、録画予約していることなんてすっかり忘れていた。
で、お風呂上がりに天気予報でもやっていないかとテレビを点けたら、どこか見覚えのある風景が...。
あれ?...これって...

「トモじゃろ?」

こんな時は、なぜかつい方言が出てしまう。
テレビの画面には、鞆の浦(とものうら)の町が映っていた。
地元の人は、略して鞆(とも)と言うのが普通だ。

鞆の浦については、このブログの過去のポストでも何回か採り上げたけれど...
福山市の南部、瀬戸内海を臨む小さな古い港町で、戦火を免れたために江戸時代からの建物が多く残っている。
数年前には坂本龍馬の隠れ家が見つかったり、朝鮮通信使のための迎賓館であった対潮楼という貴重な史跡があったりと、歴史好きな方の間ではそこそこ有名な町だ。

また近いところでは、宮崎駿監督が滞在してその作品『崖の上のポニョ』の構想を練った場所としても知られている...
が、知名度はまだまだといったところだろう。
とても残念なことだ。

地方都市の農漁村部の多くが限界集落化しているように、鞆の町も同じ方向へと進んでいる。
要は、若者は都会へと出て行き、高齢者が残されているという状態だ。
その対策として交通アクセスを改善するために、あの美しい港を埋め立てて橋を架けるという話もあったのだけれど、それは魅力と財産を自ら捨ててしまうようなものに思える。

私が子供の頃には、まだまだ活気があった。
船着き場の辺りには、漁師が獲ってきたばかりの魚をその奥さま方が即売するリヤカーがたくさん並んでいたし、その魚を買い求める客もまた多くいたものだった。
時の流れは時として冷たく、今はそんな様子もすっかり少なくなってしまった。

それでも、最近は若い人たちが古民家を利用して食堂やギャラリーを開いたり、それに感化されたお年寄りが奮起してカフェをオープンしたりと、息を吹き返す気配を見せている。
ただ、それもお客さんが来てくれなければ成り立たない。
映画やドラマを観て興味を持たれた方が、少しでもたくさん鞆の浦を訪れていただければ...と願ってやまない。

目新しいものは無いかもしれないけど、古き良き時代の風が今も流れる町。
素朴で静かな、鞆の浦。
瀬戸内のシエスタの町だ。

瀬戸内の海の幸があがる鞆港
漁船のエンジン音がBGM
ひなたぼっこするネコの姿も多い


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2015-01-23 00:01 | Trackback | Comments(0)

お茶だ、お茶だ♪

f0203836_16134350.jpg


カレンダーを来年のものに掛けかえた。

困った、困った。
年々、一年が早くなる。
いや、スピードは変わるワケがないので、ただそう感じるだけなのだけれど...。

毎年のことだけど、気がつけば大晦日。
12月に入ったと思ったら、なんだかんだとやっているうちに、この日が来ているという感じ。
スローな師走なんて、果たしてこの先あるのだろうか。

大掃除も終えて一段落。
やろうと思えばやるコトはまだいくらでもあるのだけれど、もう陽が傾いてしまった。
残った時間は、シエスタの時間としよう。

お酒がイケる方は、これからワインでも...という気分かもしれない。
が、全く飲めない私はそうはいかない。
代わりに、お茶とスイーツだ。

紅茶はティーバッグではなく、リーフのアールグレイをいれてみた。
そこへ、庭から採ってきたペパーミント。
ちょっと贅沢なミントティーの出来上がり。

それに、マカロンと「◯けのこの里」。
さあ、これで準備OK。
ボサノバでも聴きながら、ゆったりした時間を楽しもう。

みなさんも年末年始、
素敵なシエスタの時間を☆。

リフレッシュに最適なミントティー
お酒が御法度の地中海アラブ諸国ではとてもポピュラー
ミントぎゅうぎゅう、砂糖ドッサリ...がアラブ流


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-12-31 16:21 | Trackback | Comments(0)

ブーゲン、咲いた

f0203836_952615.jpg


庭のブーゲンビリアが咲いた。

もう師走も半ば。
窓の外は、枯れ葉が舞い散る季節だというのに。
すっかり殺風景になってしまった庭の片隅を、鮮やかな彩りで飾ってくれている。

今年はこれで4回目の開花だけれど、例年はせいぜい2~3回がいいところ。
年に数回、短い間しか会えないけれど、その艶やかな姿で楽しませてくれる。
ささやかな癒しの時間だ。

実はシエスタの町ではたいして珍しくもなく、どこにでも咲いている。
日本では南国以外では、なかなか見かけることは少ない。
冬の寒さも苦手だけれど、それ以上に力強いお陽さまが必要だからだ。

陽が随分と短くなったし、すっかり冷え込むようになってきた。
新しい年が明けるまでには、せっかくの花も落ちてしまうだろう。
そして来年の春まで、しばらく寂しい日々が続く。

次に会える日が待ち遠しい。

冬の間は花も葉も落ちて、まるで枯れ枝のよう
実のところ、いつも少し本当に枯らしてしまう
詳しい方、冬越しの仕方、教えてください


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-12-10 09:12 | Trackback | Comments(0)

お袋の味

f0203836_23101987.jpg


混み合う年末年始を避けて、ちょっと里帰り。

機窓から見下ろす山々は、紅葉で臙脂色に染まっている。
その様は、まるで極上の絨毯のようだ。
広島空港周辺も、県木であるモミジやカエデの彩りが美しい。

帰郷した当日の夕食は、いつの頃からか母の手料理と決まっている。
『お袋の味』というやつだ。
地中海の料理も美味しいけれど、流石にこれには敵わない。

この季節、広島といえば、何と言っても「牡蠣」。
牡蠣は調理法次第でいろんな表情を楽しめる。
今回は、フライにしてくれた。

それから、「うずみ」。
と言っても、きっと殆どの方はご存じないだろう。
広島県の中でも、福山など備後地方に伝わる郷土料理だ。

簡単に言うと、いりこだしの澄まし汁に、海老、豆腐、里芋、春菊、それに松茸などを入れたもの。
松茸はなかなか手が出ないので、今回は省くことに。
ぶなしめじで代用することもあるけれど、やはり松茸の香りがあってこそだ。

そして、これをご飯にかけていただく。
「ご飯にお汁を埋(うず)める」ところから、「うずみ」と呼ばれるようになったとか。
ただ、それをあえて別々でいただくのが、我が家流なのだけれど。

故郷でしか食べられないものは、一段と美味しく感じるもの。
何とも言えない嬉しさがこみ上げてくる。
それが手料理ならば、なおさらだ。

「あ〜美味しかった。ご馳走さま♪」

レシピはそれぞれに多少違うけれど...
小海老が入るのはどうやら共通のよう
その風味が瀬戸内を感じさせてくれるんだなぁ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-12-04 23:25 | Trackback | Comments(0)

イベントの秋

f0203836_23412239.jpg


11月、秋深し。

芸術の秋だからというわけではないけれど、今週からイベント出展が2本。

まずは、『ねこ専 in 大阪』

2014年11月4日(火)〜16日(日)
11:00〜19:00
アトリエ1616
大阪市浪速区恵美須東1-16-16

つい先日、テレビ朝日系「タモリ倶楽部」にも出演した(関西圏は後日放映)五十嵐健太氏が主催する、猫専門の写真展。
好評だった8月の東京に続き、要望の多かった大阪での開催。
数名の作家が集うので、それぞれの作風をご覧あれ。

大阪行きを楽しみにしていたのだけど、生憎イベントが重なってしまった。
私は後述のもうひとつの方へ。
カラダはひとつしかないので仕方が無い。

そのもうひとつは、『デザインフェスタ vol.40』

2014年11月8日(土)・9日(日)
11:00〜19:00
東京ビッグサイト・西ホール
1階 ブースナンバー B-126

今回は小さなブースで少々手狭なので、小さな作品が中心。
窓の外は黄色と赤で染まってきてるけど、それでもブースはいつもの青と白の世界。
変わらずシエスタの町の風を吹かせたい。

今年は『にゃんこ展3』に始まり、『ねこ専』に出展したりで、ネコ写真家として扱われたりもするけれど...
私はあくまでも、 "世界でただひとりのシエスタ写真家" 。
シエスタの町を楽しんでいただければ...と思う。

大阪行き、せめて最終日だけでも...と調整中
本場のたこ焼き、食べたいなぁ...
やっぱり食欲の秋かな?


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-11-03 23:54 | Trackback | Comments(0)

キレイでもキタナクても

f0203836_0145297.jpg


いつものコトだけれど、作品展やイベントの後にはどっと疲れが出てしまう。

涼しくなってきたし、どこか温泉にでも行ってゆっくり癒したいところだけれど、この後も予定が詰まっているのでそうもいかない。
とりあえず、行きつけの整体院で矯正・調整。
続いて、年に一度の人間ドックを済ませた。

ドック入りしたのはカラダだけではなく、実は我が家もドック・イン真っただ中。
元々年季の入った中古物件。
あちらこちらとガタが来ていた。

屋根の色、ずっとテラコッタ色だと思っていたのに、大工さん曰く本当はチャコールグレーらしい。
つまりは、赤錆だらけってこと。
おまけに、屋根の下の木材は腐ってたし。

床下に潜れば、崩落した大量の断熱材。
さらには、シロアリも出てきた。
外壁の塗装だって、そろそろ限界。

『劇的ビフォーアフター』が喜びそうなシロモノだけど、大改造に充てる予算はどこにも無い。
なので、必要最小限だけのリフォームを。
それでも、結構な額の出費になってしまった。

ふと近所を歩いてみると、そこかしこにリフォーム中の家々が。
年間の寒暖の差が大きく、梅雨や台風にさらされる日本家屋。
どうしてもその寿命は短めなのかもしれない。

その点、ヨーロッパの家屋は寿命が長い。
建物が石や煉瓦造りで、気候が乾燥しているから、元々条件的に有利かもしれない。
でも、加えて長く持たせようと努力をしている。

リフォームだって、日本のそれより施行はずっと雑。
ドアや窓枠の取替え、外壁のペイントくらいだったら、業者に頼らず自分でやるヒトも珍しくない。
おかげで、傾いたドアやなかなか開かない窓、ムラだらけの壁なんてザラだ。

ただ不思議なコトに、向こうではそれが「味」へと変わる。
お世辞にもキレイとは言い難い家が「美しく」映って見える。
つい、「なんということでしょう〜♪」とでも言いたくなってしまう。

ん?...
ひょっとして...
我が家も遠くから見れば...

...ダメダメ×××。

キレイな町並みだけど、近寄ればキタナイ
キタナイ建物だけど、遠くから見ればキレイ
何とも不思議な匠のワザ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-09-09 00:24 | Trackback | Comments(2)

『ねこ専』、ツヅク...

f0203836_22545620.jpg


グループ展『ねこ専』が終了。

おかげさまで予想以上の盛況となり、たくさんの方々にお越しいただいた。
準備不足など不安が無いわけではなかったけれど、来場された皆さんが笑顔でギャラリーを後にされる姿を見てひと安心。
楽しんでいただけたようで、出展者一同ほっと一息というところ。

私の展示のテーマは、過去の個展などと同じく『In the town of SIESTA -シエスタの町で-』。
いつもネコばかり撮っているわけではなくて、メインテーマは飽くまでもコレ。
地中海のシエスタの町に流れる、穏やかな癒しの時間を作品にしている。

けれど、そんな空気感というものにはカタチが無い。
それを表現するために、そこに暮らすネコやイヌ、人々、あるいは花や草木、その他諸々を利用している。
今回は、ネコたちに手伝ってもらった作品を選んだ...というわけだ。

そんな中、このブログで利用している「エキサイトブログ」のエディターさんがご来場。
展示の様子を取材いただいたのが、このポスト↓↓

元気と癒しをもらえる!ねこだけの合同写真展「ねこ専」!

古賀繭さんは今回、トルコとマルタで撮影した作品を展示。
"地中海" 繋がりということもあり、今後の活躍が楽しみ!。

さて、『ねこ専』。
どうやらシリーズ化しそうな気配。
大阪開催のリクエストが多かったけれど...

もしかしたら...朗報になるかも♪。

え?、次回はそう遠くない?
じゃあ、それまでちょっと小休止
シエスタを楽しもう

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-09-02 23:07 | Trackback | Comments(0)
f0203836_20415969.jpg


作品展のお知らせデス。

以前、このブログでもご紹介した新進気鋭の動物写真家・五十嵐健太さん。
(五十嵐さんfacebookはコチラ
氏が主催するグループ展に、私 ASUHA-明日葉- も参加・出展します。

猫の合同写真展「ねこ専」

2014年8月22日(金)~27日(水) 10:00~22:00(最終日のみ20:00)

TODAYS GALLERY STUDIO
東京都台東区浅草橋5-27-6-5F
JR・都営地下鉄浅草橋駅より徒歩7分

入場料 500円
(先着2000名様限定:五十嵐健太オリジナル「飛び猫」ポストカードをプレゼント)

⇒コチラもどうぞ!

既に東京新聞や日本テレビ「スッキリ!!」、その他メディアで紹介されているので、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。
五十嵐さんを筆頭に、猫を撮る写真家が集います。

私は『シエスタの町に暮らすネコ』をテーマに展示。
時間の都合上、今のところ23日(土)・24日(日)の終日と最終日27日(水)の夕方以降のみ在廊の予定です。
変更の可能性もありますので、都度ウェブサイトとブログでお知らせします。

こうも連日暑さがキビシイと、さっぱり外に出る気なんてしないと思いますが...
会場は涼しいので、是非遊びに来てください。

参加者一同、お待ちしています☆

塀の上を見上げれば、ひょこんとこんなのが...
一体どんな寝相でシエスタしてるんだか
さて、「ねこ専」ではどんなネコたちと出逢えるのかな?


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-08-05 21:02 | Trackback | Comments(2)

梅雨時、眠り時

f0203836_22531436.jpg


今日から7月。

今年も半分が終わってしまった。
あと2週間もすれば梅雨も明けて、またキビシイ夏がやってくる...
のだろうか?。

というのも、今年の梅雨は何だかオカシイ。
豪雨だの竜巻だの雹だの...と。
不安定極まりない。

ところが、私が住んでいる湘南辺りはどうしたことか、申し訳ないほどに穏やかだ。
そもそも例年に比べて、圧倒的に雨降りの日が少ない。
気温も湿度も控えめで、爽やかで過ごしやすい日が続いている。

先日、撮影で猫カフェを訪ねた。
湘南は晴れていたけれど、横浜は暗くて重い雲から雨が落ちていた。
大きな街の熱気と相まって、じとじとムンムンと梅雨らしい空気だった。

お店に入ると見渡す限り、ほとんどのネコたちがシエスタ中。
スタッフさんが仰るには、晴れの日は活発に動く時間帯でも、雨の日にはグースカと寝ている子が多いそう。
私は雨の日は気分が落ち着くので割と好きなのだけれど、ネコたちもそうなのだろうか。

ご飯の時間にはちゃっかり起きて来るのだけれど、お腹がいっぱいになるとまた寝てしまう。
つくづく羨ましい。
そんな穏やかな様子を見ていると、コチラまで眠くなってしまう。

ネコたちと一緒に寝そべりながら撮っていたら...
うっかり夢の世界へと誘われてしまっていたらしく...
気がついたら...

ネコたちがいっぱいくっついていた♪。

☆キャットカフェ ミーシス
☆猫カフェ れおん

雨の日や暑い日
外を歩くのがイヤな日は...
猫カフェでゆっくりと♪


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-07-01 23:15 | Trackback | Comments(0)