シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

こりゃたまらん...

f0203836_22113223.jpg


...............。

どうです、このコーコツとした表情...。
警戒心のカケラも無いですネ。

因みにワンちゃん、このおねーさんの飼い犬ではありません。
首輪をつけてはいますが、ノラちゃんです。

ギリシャの野良犬、どういうわけかシェパードくらいの大型犬が多いのですが、みんな性格はとっても穏やか。
陽の高いうちは、いつも日陰でのんびりとシエスタしています。

自分のお気に入りの場所を見つけたら、例えそこが道路の真ん中であろうが、どんなに人混みであろうが、まったくお構いなし。
一度寝転んでしまうとテコでも動かないので、道を歩く時にはどうぞ足下にお気をつけて。

初夏の陽射しがまぶしいシエスタの島にて
日陰の石畳はヒンヤリ快適


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2011-04-29 22:18 | Trackback | Comments(0)

続・ぽちおくん

f0203836_1925570.jpg


-前回の続き-

クルマに轢かれ瀕死の重傷を負うも、奇跡としか言いようの無い回復を見せた "ぽちお" 。
Kさんに飼われることになり、やっと平穏な生活を手に入れることができました。

3年ほどが過ぎた、ある日のこと。
Kさん宅に近所の方が血相を変えて飛び込んできて開口一番。

「あそこの道路に倒れてるの、お宅のワンちゃんじゃないのっ?!」

「えーーーっ!!!」
驚いたKさん、慌てて道路まで出てみると、見覚えのある姿が。
そこに倒れていたのは、やはり "ぽちお" 。
なんと、またクルマに轢き逃げされてしまったようです。

そしてまたもやの、ヒドい怪我。
獣医も「流石に今度はダメですよ、諦めましょう」。

Kさんも今度ばかりはと思いつつ、それでもひたすら回復を祈って見守りました。
ほんの少しの可能性を信じて。

すると......
数日が経ったある日、またしても何事も無かったように起き上がってくるではありませんか!。
例によってお澄まし顔で。

ここでKさん、気がつきます。
"ぽちお" の様子が何か違う......。

なんと、前回の事故で "首を傾げたように少~し曲がってしまったアタマ" が、真っ直ぐの正常な状態に!。
すっかりもとどおりの姿に戻ってしまいました。

何なんでしょう、このワンコ?。

そんなミラクルを起こした "ぽちお" くん。
奇跡を信じて諦めなかったKさんの願いが届いたのか、その後身体の方も特に問題もなく、いたって穏やかに暮らしています。

...でも時々、脱走するそうですけどネ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ASUHA -明日葉- 作品展
In the town of SIESTA -シエスタの町で- 2011
~エーゲ海に浮かぶ島の昼下がり
2011年3月7日(月)〜20日(日)

[PR]
by photographerasuha | 2011-02-26 19:34 | Trackback | Comments(4)

ぽちおくん

f0203836_2394240.jpg


しばらくイヌの話題が無かったので、この辺りでひとつ。

私の故郷・福山で、知り合いのKさんが飼っているこのワンコ。
名前は "ぽちお" 。
今年で多分、8歳くらいの男のコ。

「多分」と言ったのは、実は "ぽちお" 、もともとは野良犬。
そんな彼がKさんと出逢ったのは.......。

ある日、在宅中のKさんはクルマのブレーキ音と大きな衝撃音を耳にします。
表通りに出てみたものの、そこにクルマの姿は無し。
ふと、路上に視線を移すと、そこには一匹の動物が。
その数日前から見かけるようになった、捨て犬らしきイヌでした。

どうやらクルマに轢かれたらしく、内蔵が飛び出すほどの瀕死の重傷。
Kさんは慌てて動物病院へ連れて行ったものの、獣医の診断は「こりゃ〜もうダメですよ」。

それでもなんとか手術をしてもらい、「ムリですよ、諦めてください」の言葉を承知で自宅に連れ帰ります。
もちろん餌を食べる元気など無く、ただ昏睡状態が続くばかりです。

3日ほど経ったでしょうか。

???、
なんと、突然立ち上がって歩き出すではありませんかっ!。
まるで何事も無かったかのように平気な顔で。
しかも、いつものことのようにいたって普通に餌も食べ、水も飲みます。

ただひとつ、 "アタマが首を傾げたように少〜し曲がってしまったコト" 以外は、何もかも正常な状態。
獣医も「あり得ない、説明がつかない」と、ただただ驚くばかり。

結局 "ぽちお" はそのままKさんに飼われることになり、平穏な暮らしを過ごすことになります。

.........
ところがっ!!!。

- to be continued -
次回に続く

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ASUHA -明日葉- 作品展
In the town of SIESTA -シエスタの町で- 2011
~エーゲ海に浮かぶ島の昼下がり
2011年3月7日(月)〜20日(日)

[PR]
by photographerasuha | 2011-02-19 23:51 | Trackback | Comments(0)

お陽さまのチカラ

f0203836_1214110.jpg


今日の湘南地方、数日吹き続いた風もおさまり、穏やな青空が広がっています。
窓辺はポカポカと暖かい...というより、むしろ暑いくらい。
おかげで洗濯や掃除がはかどります。

ストーブやヒーター、スイッチを入れればすぐに部屋を暖めてくれて、もちろん冬には欠かせない機器ですが、その暖かさはどこか人工的。
かたやお陽さまは、身体の芯までしっかり温めてくれて、やはり自然のパワーを感じます。

もう忘れかけていますが、今年の夏、あれだけ悩まされた猛暑を作りあげたお陽さま。
この時期はとてもとてもありがたい存在ですね。

今日から年末年始の休暇に入られる方も多いかと思います。
天気予報によると、年末年始は全国的に荒れ気味とか。
帰省や旅行で動かれる方は、どうかお気をつけて。

さあ、暖かいうちに掃除の続きだ!。

早朝のバリ島
まだやわらかな陽の砂浜でくつろぐイヌたち

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-12-29 12:17 | Trackback | Comments(0)

ワンコも沐浴

f0203836_23502520.jpg


バリ島が属するインドネシア共和国は、世界最大のイスラム教徒を抱える国として有名です。
ただし、国教として定めている訳ではなく、法律で信教の自由は保障されているそうです。
昔からイスラム教徒が多かったのではなく、複雑な歴史の流れの末に、現在の姿に変わってきたものです。

そんな中、バリ島だけはヒンドゥー教徒が大半を占める、一風変わった島。
インドのヒンドゥー教とは少し違うため、 "バリ・ヒンドゥー教" として区別されています。

私たち日本人から見ると、とても興味深い独自の素晴らしい文化を持ったバリ島ですが、 "バリ・ヒンドゥー教" を信仰する敬虔の念によって成り立っているものです。

ということで、バリ島ならではの習慣も多々ある訳ですが、マンディ(沐浴)もそのひとつ。
心身を清めるために、お寺にある沐浴場で聖水を浴びるものです。

とある田舎の村のお寺を訪ねたとき、ちょうど地元の方々が沐浴をしている場面に。
汚れのない澄みきった水が滾々と湧いてくる泉は見るからに清らかです。

燦々と照りつけるお陽さまの下、私も飛び込んでしまいたいくらいでしたが、ヒンドゥー教徒以外は、残念ながらこの聖水に触れることさえ許されません。

バリ島に限らず海外を旅行されるときは、現地の宗教・習慣を尊重して、タブーを侵さないようにご注意を。
観光地の場合は、その入り口などに注意書きがある筈ですので、必ず目を通してくださいネ。

沐浴場で "洗濯される" ワンコ
洗濯石鹸でヒツジのように白くモコモコに泡立てられたあと、何度も何度も繰り返し水の中に放り込まれてました
ドッボ〜〜〜ン!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-11-10 23:59 | Trackback | Comments(0)

残暑キビシク...

f0203836_22252224.jpg


9月になっても、猛烈に暑い日が続いてますね。

今年の夏は猛暑のおかげで、海水浴場やプールは大盛況だった様子。
暑いときの水遊びは、幾つになっても楽しいですよね。

夏の地中海地方、湿度が低くてカラッとはしてますが、日差しは強烈。
そんな時は、やっぱり水遊びに限ります。

南フランス・プロヴァンスの小さな村で出会ったパグくん。
泉を見つけるや否や、ためらうこと無く、まっしぐらに「ドボン!」。

相当気持ちよかったようで、飛び込んでは泳ぎを何度も何度も繰り返し。
あまりのはしゃぎようが可笑しくてしばらく様子を見ていたら、突然この真顔。

「ん?、なんで泳がないの?」

...という声が聞こえてきそうですネ。

天気予報によれば、まだまだ猛暑は続くとか。
もうウンザリですけど、 "しっかり食べて、たっぷり寝て"、 乗り越えましょう!。

...
記事書いてたら、汗が流れてきた×××
オフロで水浴びしてこよっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-09-04 23:31 | Trackback | Comments(4)

サヨナラ...ドビン

f0203836_1820783.jpg


先週になって知ったので、すっかり遅くなってしまったのですが...

以前、このブログでも紹介した、尾道のガイド犬 "ドビン" 。
去る7月3日の朝早く、天国へと旅立ったそうです。
享年18歳、ヒトで言えばおよそ90歳の大往生でした。

ここ数年はガイドに歩くことはありませんでしたが、元気な頃は私もよく案内してもらいました。
ドビンと一緒にノスタルジックな尾道の町を歩くのは、楽しさもひとしおでした。

東京や大阪など遠方からの観光客がガイドブックを片手に「ドビンだ!ドビン!」と喜んで、一緒に写真を撮っているのをよく見かけました。
地元尾道の方々はもとより、全国のみなさんに愛され続け、その生涯を終えました。

命あるもの、いつかは最期の日が来る...。
当たり前のことなのですが、やはり辛く寂しいものです。

みなさんがいつか尾道へ行かれることがあったら、是非ドビンが歩いた道を訪ねてみてください。
姿は見えなくても、きっととっておきのステキなところへ案内してくれると思いますよ!。

ドビン...
楽しい思い出をありがとう!!

ガイドに出ていた頃のドビン
途中、茶屋の店先の "金魚鉢" で乾いた喉を潤すのがお決まりでした

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-08-02 18:25 | Trackback | Comments(4)

クロアチアでほっこり

f0203836_2216423.jpg


クロアチア・ドゥブロヴニク(Dubrovnik)の港にて。

クルーズボートの予約カウンター......の裏側。
白いイヌがシエスタ中でした。

この方たちの飼い犬ではないのですが、お客さんがいないときは構ってもらえるので、傍で待機していた様子。
仕事が一段落したお姉さんから声をかけられると、「待ってました!」とばかりに起き上がります。

シエスタの町、イヌやネコは追い払われることも無く、人々も愛情をもって彼らを可愛がり、みんな穏やかで良い関係ができています。
何気ないシーンですけど、イイなぁ、こういうのって。

さて、クロアチア。
ここ数年で急激に、日本はもとより世界中で人気の目的地になってきました。
実際、世界遺産をはじめ見所が多く、とてもステキな国です。
このブログをご覧の方々の中にも、興味をお持ちの方も多いはず。

そこで、素敵な方を紹介します。
現在、クロアチアの首都・ザグレブ在住の作家&写真家、
大桑千花さん

ブログ
クロアチアの碧い海の夢
http://hrvatska.exblog.jp/

ブログからリンクされている "裏ブログ" や "クロアチア旅行情報" も、現地在住ならではの楽しい情報満載です。
そしてなにより、その写真と文章のセンスは素晴らしく、著書「クロアチアの碧い海」はおススメです。

「クロアチアって、どんなトコ?」と思ったら、是非ブログを訪ねてみてくださいネ!。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-07-15 22:52 | Trackback | Comments(0)
f0203836_2203087.jpg


"出版不況" という言葉をよく耳にしますが、とにかく本が売れないそうです。
私がよく目を通す雑誌も、ここ数年の間に随分と廃刊・休刊になりました。
中には学生時代からずっと読み続けていた雑誌もあって、なんとも寂しい思いです。

写真・カメラ関係の雑誌もいくつか休刊になりました。
もっとも、デジタルカメラの普及に伴ってかなりの数の新しい雑誌が創刊されたので、かなり供給過剰であった感は否めないですけど。

同じように "CD不況" も問題になっています。
携帯音楽プレーヤーの普及やCD-Rに簡単にコピーできるとか、その原因には諸説あるようですが...。
私個人の意見は、「聴きたい音楽が無い」からなのですけどね。

明日5月28日は、話題の "iPad" の発売日。
売れない本やCDとは対照的に、相当な数の予約が入っているようで、 "キンドル" と共に今後の出版業界への影響が注目されます。
またひとつ最先端の技術が投入されるのと同時に、またひとつ "何か" が忘れ去られて行くような...、そんな気がしています。

さて、話は変わって、先週末はネコを探して三浦半島をぐるり。
帰りに私のポストカードや作品をお取り扱いいただいている "Rosshies" さんでティーブレイク。
ちょうど実力派シンガーのMさんが来店されていて、楽しくお話しさせていただきました。

写真はそのMさんの愛犬Pくん。
癒し系ですネ!。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-05-27 22:13 | Trackback | Comments(0)

ギリシャの騒乱

f0203836_11571691.jpg


アテネのショッピング街のワンちゃん。
早朝に町を歩くと、開店前のお店の前でたくさんのノラちゃんが寝ています。
...もっとも、昼間でもお構いなく寝てますけどネ...。

ご存知の通り、今ギリシャが混乱に陥っています。
首都アテネでのデモの様子の映像を観ましたが、群集の中にイヌも混じって警官隊に激しく吠えたてている姿がありました。
それもいくつかの違った映像の中で。

あの大人しくて温和なノラちゃんたちがあんなに激しい行動をしているのは、私の感覚ではちょっと信じがたい光景です。
映像を見る限り、どのワンちゃんも民衆側に加勢しています。
彼らなりに、状況を把握しているのでしょうね。

今回のギリシャショック、今までの "政策の怠惰" のツケが回ってきたようです。
そういえば、ごく身近なところに "同じニオイ" のする国があるような...。
混乱になる前に、しっかりと舵取りをしてまとめていただきたいものです。

ギリシャショックに伴って、アメリカの株価が随分下がりましたが、大きなご発注があったとか。
ネガティブな情報には皆冷静さを失って、必要以上に過敏に反応してしまいます。
インターネットなど情報技術の発展はとても便利なことは間違いないのですが、時として大きな混乱の原因を作ってしまっています。

ギリシャの騒乱が一刻も早く治まって、いつものように人々やノラちゃんたちが安心してシエスタを楽しめる日が戻ってくることを祈っています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-05-09 12:04 | Trackback | Comments(0)