シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ドチラニシヨウカナ?

f0203836_23114935.jpg


「あれ?...無い...」

長い長い移動の末、最初の島に辿り着いた時のこと。
日本より一足先に訪れていた夏の陽気に合わせようと、ショートパンツに履き替えることにした。
ところが...

無い!。
スーツケースをひっくり返して探しても見つからない。
どうやら、ベルトを持ってくるのを忘れてしまったようだ。

まあ無くてもずり落ちたりはしないのだけれど...
なんとなく収まりが悪いと言うか、どうも落ち着かない。
仕方が無いので、島で調達することに。

宿のオーナーに売っていそうなお店を尋ねると...
「坂の途中の洋服屋と、その斜向かいの靴屋くらいかな?。だけど、今日はもう閉まっちゃったし、明日は日曜日だから休みだね」
シエスタの島というのは、まあそんなところだ。

そんなワケで、2日間しっくりこないショーパンで過ごして、月曜日。
洋服屋はまだ開いてなかったので、靴屋の方へ。
ご主人に尋ねると、置いてあるとのこと。

「こっちだよ」
なるほど、ハンガーにたくさんベルトがぶら下がっている。
ただ、どれもごっつい革製で、よくよく見ればデザインは2種類だけ。

片方は25ユーロで、ごくオーソドックスなデザインだけど、本革製で作りはしっかりしている。
もう片方は5ユーロと安いけれど、竜の押し型が入ってるし、バックルにはなにやら漢字が刻んである。
ひと目でそれと判るフェイクレザーだし、某国感この上ないシロモノだ。

ご主人は25ユーロの方を手に取って、裏側の銀色に輝く刻印を見せながら
「MADE IN GREECEだ。こっちの方がいいよ?」
と薦めてく...

「ええ。もちろん、そうしますともっ!」


旅の間に合わせのつもりだったけど...
思いのほか重宝している
デニムにはピッタリ♪


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

エーゲ海の島が好きな方へ...

ASUHA-明日葉- ファースト・コレクション(写真集)
『エーゲ海のねこ シエスタの町から』
PHP研究所 刊
11月11日発売
定価:1350円(税込:1458円)
電子書籍版も配信中!
(詳しくはコチラ


エーゲ海のねこ

ASUHA-明日葉- / PHP研究所



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2016-01-21 23:18 | Trackback | Comments(0)

ごーいん・ほーむ

f0203836_23461914.jpg


先月半ばから来日していた、友人のギリシャ人フォトグラファーたちが家路についた。

帰国の前に日本らしいところで食事を...と思い、新橋駅前で待ち合わせをした。
週末、それも年初のサラリーマン天国・新橋は、新年会でさぞ賑やかなことだろう。
お酒がからっきしダメな私には、およそ縁の無い場所だ。

それでも、焼き鳥ならきっと食べやすいだろうし、日本の日常が垣間見えるだろう...。
そう思って、人混みは苦手だけど、敢えて新橋を選んでみた。
もっとも、私が焼き鳥をお店でいただくなんて滅多に無いことなので、実は密かに楽しみにしていた。

Nはほぼ約束の時間どおりに現れたけれど、Gはまだ家族へのお土産を探しに歩いているから少し遅れると。
ギリシャ人らしいアバウトな時間感覚だ。
因みに、ギリシャ人が言うところの「少し遅れる」は、1時間超を意味する。

Gが来るまで、Nとカフェで旅の話を聞きながら時間を潰すことにした。

楽しみにしていた京都では、風邪をこじらせて発熱、まる4日間ホテルから一歩も出られなかった...
京都で知り合った日本人と意気投合、奈良へ連れて行ってもらって、そのまま一晩お世話になった...
大阪では街行く人が大きな声で喋りながら流れ星のような早さで歩いていた...
私がプレゼントしたSUICAをどこかで落としてしまった...
鉄道が時刻表どおりに運行されるなんて!...
ギリシャ料理店を覗いてみたら、オーナーがトルコ人だった...

Nにとって初めてのニッポン。
終始体調が今ひとつでありながらも、充実した毎日を過ごせたそう。
旅を楽しめたことは、その表情からも窺えた。

18時、Gが合流したところで食事に行こうと促すと...
「まだ、お腹空いてないよ」
そりゃそうだよね、ギリシャの夕食は21時頃からだから。

「ところで、行きたいところがあるんだけれど...」
残り少ない日本での時間につき合うことにして、六本木ヒルズの森美術館へ。
エーゲ海の島の風のごとく、自由気ままだ。

結局、夕食はそのまま六本木ヒルズでパスタになってしまったけど...
二人とも東京の夜景をしみじみ楽しんでいたから良かったかも。
それに、誘われなければ行かなかったかもしれないであろう、村上隆さんの壮大な五百羅漢図展を鑑賞できたことだし。

ただ...
それからというもの...
焼き鳥が食べたくて食べたくて、どうにも仕方が無い!。

誰か、連れてってくれないかなぁ...?。

ブドウ畑に囲まれた閑静な場所にあるNの自宅
窓の外には碧いエーゲ海が広がる
夜は空一面が星々で覆い尽くされる


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

エーゲ海に憧れる貴方に...

ASUHA-明日葉- ファースト・コレクション(写真集)
『エーゲ海のねこ シエスタの町から』
PHP研究所 刊
11月11日発売
定価:1350円(税込:1458円)
Kindle版:12月18日より配信開始! (税込:1101円)
(詳しくはコチラ


エーゲ海のねこ

ASUHA-明日葉- / PHP研究所



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2016-01-12 23:47 | Trackback | Comments(0)