シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ネコたちのシエスタ

f0203836_2237924.jpg


梅雨が明けた途端、モーレツな暑さ。

今や30℃後半なんて、珍しくも何とも無くなってしまった。
さすがにこうなると、太陽の下に長い時間留まるのはとても危険!。
日本の夏、過ごし方を少し変えた方がいいかもしれない。

地中海地方の夏も、日中はかなり気温が高くなる。
シエスタの習慣が根付いたのも、そんな環境か背景にあったからこそ。
決して、ただ無駄に昼寝をしているわけではない。

シエスタの町へ行ったなら、地元の人に倣ってシエスタを楽しむべき。
照りつけるお陽さまの下、あちこち動き回ると、とんでもなく疲れてしまう。
『郷に入っては郷に従え』だ。

ところで、シエスタ。
お昼寝を楽しんでいるのは、なにもヒトだけとは限らない。
ネコたちにとっても、大切な癒しの時間だ。

なにしろ、小さなカラダの彼ら。
地中海の太陽はただでさえ強烈なのに、焼けた石畳からの放射熱がさらに追い討ちをかける。
これでは、ストレスは相当なもの。

だから、陽射しの厳しい時間帯は、どこかの物陰に隠れてじっとシエスタを決め込む。
壊れた日干しレンガの隙間、カフェのテーブルの下、オリーブの木の上、換気口の穴の中...。
まるで、かくれんぼのよう。

暑さを凌いで、体力を温存。
そうやって夕暮れまで過ごしたら...
さあ、楽しい街歩きの時間だ。

そもそもネコたち、本来は夜行性(...というより、殆どの哺乳類がそうだ)。
ミュージカル『CATS』じゃないけれど、陽が落ちてからが彼らの一日の始まり。
私たちが夢の中へと誘われる頃、きっと羽を...

いや、尻尾を伸ばしているんだろうなぁ。

「ネコは涼しいところを教えてくれる」
というから後をついてきてみたけれど...
ソコはちょっと一緒には無理だなぁ×××


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「第21回 あ〜てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」に出展します(詳しくはコチラ
2014年8月1日(金)〜3日(日)
11:00〜18:30
横浜赤レンガ倉庫1号館・2階
ブースナンバー 15
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-07-29 22:41 | Trackback | Comments(0)

ナツ、ハジメマシタ

f0203836_22151876.jpg


今日、関東地方は梅雨明けした。

ということは、夏本番の到来だ。
夏が苦手な私は、ちょっと...いや、かなり憂鬱な気分。
有り難いことに、湘南は今のところ湿度が低めの日が続いていて、例年になく過ごしやすい。

地中海のシエスタの町では、とっくに夏本番を迎えている。
陽射しはまるで肌を突き刺すようで、日本のソレとはパワーが違う。
うっかり日焼け止めを塗り忘れたなら、瞬く間に真っ赤に焼けてしまう。

欧米からシエスタの町へとバカンスにやってくる人々は、日焼けすることも旅の大切な目的のひとつ。
何故なら、たっぷり日焼けした肌は「贅沢にバカンスを満喫してきたんだゾ〜!」というステータスになるから。
要は見栄のためだ。

ただ、欧米からの観光客は肌の白い人、つまり日焼けに弱い人がほとんど。
なので、真っ赤を軽く通り越して、真っ紫(こんな表現があるのか?)になっている人がイッパイ。
アレはもう立派な火傷で、いくらなんでも度が過ぎている。

紫外線の悪戯は、なにも肌だけとは限らない。
髪は色が変わってしまうほどだし、目は裸眼では酷く疲れてしまう。
お店の商品だって、外に出してあるモノは、どんどん色褪せてしまう。

夏の日中、温度計は連日30度台半ばを示し続ける。
日向を歩けば、クラクラとしてくるほど。
1リットルのミネラルウォーターなんて、あっという間に飲み干してしまう。

唯一の救いは、湿度。
気温は日本の夏と変わらないけれど、湿度は低くて空気はカラカラ。
日陰に入れば涼しく、汗を吸った服もすぐ乾いてしまう。

そんな過酷な地中海の夏だけれど...

力強く照りつけるお陽さま
青く澄みきった空と海
乾いて軽い爽やかな風...

世界中の人々を惹き付ける魅力に満ちている。
そして...

もちろん私も、そんな地中海の虜になったヒトリである。

ティレニア海を望むオリーブとサボテン
太陽が降り注ぐ地中海の夏が大好きな植物たち
水平線を泳ぐクジラのような島は、バカンス客で賑わうカプリ島


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「第21回 あ〜てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」に出展します(詳しくはコチラ
2014年8月1日(金)〜3日(日)
11:00〜18:30
横浜赤レンガ倉庫1号館・2階
ブースナンバー 15
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-07-22 22:20 | Trackback | Comments(4)

甘いモノ、甘くミナイ

f0203836_22535532.jpg


ワタシは甘いモノが大好き♪。

どれくらい好きかというと...
実は以前、某お菓子メーカーで働いていたほど。
チョコでもケーキでもアイスでも、和でも洋でも、ナンデモ来い!。

もちろん、旅先でもソレは同じ。
甘いモノとの出会いも、楽しみのひとつ。
タルトもジェラートもマカロンも、目に映ったものは「はい、イタダキマス!」。

そんな私にも、苦手なスイーツがある。

南欧、地中海辺りに暮らす人々も、甘いモノは大好き。
食事を楽しんだ後は、デザートタイム。
ウエイターさんに「何かデザートを?」と訊かれて断っている人なんて、ほとんど見かけたことがない。

アチラの方々の食事は、ゆっくり・ゆったりと時間をかけて、結構な量をいただくスタイル。
"甘いモノは別腹" とか言うけれど、日本人の小さな胃袋にはちょっとキツかったりする。
なので、普段旅先では食後のデザートはセーブしている。

それでも、たまには食べたくなるもの。
そんな時、ついタルトなんか頼んでしまうのだけれど...
実はコレが、その苦手なモノ。

「苦手なんだったら、頼まなきゃいいのに...?」

そう、わかってはいるけれど...
ガラスケースの中の美味しそうなタルトの誘惑に、ついつい負けてしまう。
で、ひとくち頬張ると...

うぅ...甘いぃ...

タルトは好きだし、甘いモノも好き。
でも、この辺りのソレは、甘さがとにかく半端じゃない。
頭の芯も歯の根っこも、ズッキーーーンと痛みが走ってしまう。

それに加えて、大きさもまたデッカイ...。
食後にコレは、いくらなんでも重すぎる。
タルトひとつ食べるのに、なんだかまるで罰ゲームのよう。

それでも...

やっぱり...

甘いモノはやめられないんだなぁ...♪。

甘いモノは疲れを癒すのに効果的
旅はなにかと疲れるもの
早めにカフェで休息を♪


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「第21回 あ〜てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」に出展します(詳しくはコチラ
2014年8月1日(金)〜3日(日)
11:00〜18:30
横浜赤レンガ倉庫1号館・2階
ブースナンバー 15
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-07-15 23:08 | Trackback | Comments(2)

ナポリを見てから...

f0203836_23474267.jpg


Vedi Napoli, e poi muori.

直訳すると『ナポリを見てから死ね!』。

なんとも物騒な言い草だけれど、その真意は
「あの魅力的なナポリを知らずに死ぬなんて...。あの世に行く前に是非一度は見ておきなよ♪」
そんなナポリへの愛を込めた、古くからの諺だ。

ナポリはローマ、ミラノに次ぐ国内第3の都市で、南イタリアの中心を担う。
西は青いティレニア海に臨み、南にはヴェスヴィオ火山を望む。
その間に挟まれた古い佇まいの町並みは、確かに素晴らしい。

...が、である。

街に一歩足を踏み入れると...
いや、先ずその前に踏み入ることを躊躇する。
路地の入り口に立つだけで、なんとも例えようの無い雰囲気に包まれてしまう。

力強い地中海のお陽さまでも届きづらい狭い路地。
ただでさえ薄暗いのに、壁が剥がれた落ちた建物の数々が、なおさらダークな雰囲気を助長する。
そしてそこは、多くの人と物で溢れかえる超一級のカオスで、異様な活気で埋め尽くされている。

人混みが大の苦手な私には、どうにも息苦しい。
およそ "シエスタの町" とは程遠い、ごちゃごちゃとした街。
私はナポリを見て、別の意味で死んでしまった。

舗道はゴミだらけ。
クルマは凹んでるか、ミラーが無いか、ガラスが割れているかの三択。
陰ではカモッラが暗躍する。

そんなナポリだけど...

ここはある意味、最もイタリアらしい街。
なにしろ、人々はいたって陽気で楽天的。
私たちがよくイメージするところのイタリア人像そのものだ。

さらに、美食の街でもある。
目の前のティレニア海からは、毎日新鮮な魚介類が水揚げされる。
マリナーラもマルゲリータも、ここナポリ発祥だ。

良くも悪くも混沌とした街、ナポリ。
やっぱり...

死ぬ前に一度見ておいて損は無いかも?。

真っ直ぐ行っても右へ左へ曲がっても人・ひと・ヒト
とにかく独特のエナジーに圧倒されてしまう
歩く時は持ち物にはくれぐれも気をつけて


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-07-08 23:57 | Trackback | Comments(2)

梅雨時、眠り時

f0203836_22531436.jpg


今日から7月。

今年も半分が終わってしまった。
あと2週間もすれば梅雨も明けて、またキビシイ夏がやってくる...
のだろうか?。

というのも、今年の梅雨は何だかオカシイ。
豪雨だの竜巻だの雹だの...と。
不安定極まりない。

ところが、私が住んでいる湘南辺りはどうしたことか、申し訳ないほどに穏やかだ。
そもそも例年に比べて、圧倒的に雨降りの日が少ない。
気温も湿度も控えめで、爽やかで過ごしやすい日が続いている。

先日、撮影で猫カフェを訪ねた。
湘南は晴れていたけれど、横浜は暗くて重い雲から雨が落ちていた。
大きな街の熱気と相まって、じとじとムンムンと梅雨らしい空気だった。

お店に入ると見渡す限り、ほとんどのネコたちがシエスタ中。
スタッフさんが仰るには、晴れの日は活発に動く時間帯でも、雨の日にはグースカと寝ている子が多いそう。
私は雨の日は気分が落ち着くので割と好きなのだけれど、ネコたちもそうなのだろうか。

ご飯の時間にはちゃっかり起きて来るのだけれど、お腹がいっぱいになるとまた寝てしまう。
つくづく羨ましい。
そんな穏やかな様子を見ていると、コチラまで眠くなってしまう。

ネコたちと一緒に寝そべりながら撮っていたら...
うっかり夢の世界へと誘われてしまっていたらしく...
気がついたら...

ネコたちがいっぱいくっついていた♪。

☆キャットカフェ ミーシス
☆猫カフェ れおん

雨の日や暑い日
外を歩くのがイヤな日は...
猫カフェでゆっくりと♪


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2014-07-01 23:15 | Trackback | Comments(0)