シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

青いエーゲ海の恵み

f0203836_23181723.jpg


ここ最近、度々テレビで取り上げられていますが...
秋の味の代表格、あの "サンマ" が不漁とか。

ラニーニャの影響とも言われていますが、困ったことです。
一方、その代わりに大漁となっているのが、 "イワシ" だそうです。

イワシは地中海でも人気の海の幸。
例えば、イタリアのサルディーニャ島。
コレ、日本語に訳すと "イワシの島" です。

そしてその人気は、もちろんギリシャでも同じ。
シエスタの島のタベルナに行けば、とびっきり新鮮なイワシが食べられます。

青いエーゲ海で獲れたばかりのイワシを炭火で塩焼きにして、太陽をいっぱい浴びて育った純国産のオリーブオイルをた〜っぷりと。
自家製ハーブをサッとちりばめ、これまたエーゲ海を臨む丘で育った、もぎたてのレモンを搾って...

「ハイ!、召し上がれ!」

いたってシンプルですけど、なにしろバツグンの素材。
お口に運んだ瞬間、ほっぺたが落っこちますよ!。

私はお酒ダメなんですけど、イケる方はこれに白ワインやビールで、より楽しめるでしょうネ。

"Grilled Sardines"
10ユーロくらいです。
シエスタの島で、是非!。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-08-28 23:36 | Trackback | Comments(4)

アダムと...アダム

f0203836_1649207.jpg


前回のブログ記事、その "タイトル" のせいか、いつもより3割ほども多いアクセスがありました。

さては、殿方の仕業ですネ?。
ん...いやいや、今は "草食系男子" の時代。
案外、女性だったりして?。

さて、ヌーディスト・ビーチの多いギリシャ・ミコノス島。
もうひとつ "あるコト" でとても有名です。

それはですね...、実はこの島、 "ゲイの方々のパラダイス" なのです。

夏のハイシーズンには、ヨーロッパはもとより、世界中からたくさんのゲイの方々が集まってくるのですが、皆さん概して知的でスマート、お洒落でハイセンス、そして何と言っても "イケメン!" 揃いなのです(あぁ、勿体無い...)。

町を歩く姿も、ビーチやプールサイドで寛ぐ姿も、凄くカッコイイ!。
チャラチャラすることも無く、どちらかと言うと寡黙で、静かに二人の時間を楽しむという感じ。
お話ししてみると、とても穏やかで物腰柔らかく、そして教養高く...。

なかなか日本では馴染みの無いことで、なんとなく如何わしいイメージで捉えられていますが、ココではそんなイメージは微塵も無いですね。
とにかく皆さん、ナイス・ガイ...、いえ、 "ナイス・ゲイ" です。

それにしても...

「あぁ、モッタイナイっ!」

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-08-22 17:06 | Trackback | Comments(4)

ぬうでぃすと・びいち

f0203836_21173618.jpg


エーゲ海に浮かぶギリシャの島々には、たくさんの美しいビーチがあります。

例えば、日本でも有名なミコノス島。
中心地ミコノスタウンから路線バスで行けるビーチは、どこも設備がよく整っていて清潔。
ビーチにはベッドとパラソルがセットしてあり、適当に陣取っていればそのうち係のお兄さんやお姉さんが巡回してきて、料金(5ユーロくらい)を回収してベッドに印をつけて行く...というシステム。

水は言うまでもなく、とってもクリア!。
ただし、水温は真夏でもけっこう冷たいので、ご注意あれ。
砂もキレイで肌に付きにくく、手でサッと払うと簡単に落ちてしまいます。

そんな快適なミコノス島のビーチ、特徴的なコトがありまして...。
いくつかのビーチは、なんと "ヌーディスト・ビーチ" になっています。

...と言っても、なにがなんでも脱がなきゃいけないってワケではないので、ご安心を!。
「脱ぎたいヒトはご自由にどうぞ~♪」って感じです。

あちらの方々は実際にヌードで楽しむ方も多く、見渡すと "老若男女を問わず" 一糸まとわぬ姿でシエスタを楽しんでいたり、素っ裸でバタフライで泳ぎまくっていたり、波打ち際で仁王立ちになってたり...。
日本人には、なかなかエキサイティングなコトですっ。

ただ、それらは決して怪しいモノではなく、むしろとても健全な環境に保たれています。
各々が「ただただ純粋にヌードを楽しむ」って感じですね。

『郷に入っては郷に従え』

みなさん、トライしてみます???。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-08-15 21:43 | Trackback | Comments(4)

猫カフェ・リターンズ

f0203836_21382521.jpg


またしても、猫カフェに行ってきました。

今回お伺いしたのは、横浜の繁華街・伊勢佐木町にある「Cat Cafe Miysis(ミーシス)」さん。

お店は都会的な雰囲気で、シックな色のフローリングの床に、バーカウンターあり、ソファあり。
一部畳敷きのスペースがあるのが面白いところで、コレがなかなか居心地が良いのです。
それはネコたちも同じらしく、気ままに転がってノビています。

そして大きな本棚には、ネコ関係の本がい~っぱい。
全部に目を通すには、相当通わなくてはなりませんね。

写真撮影はフラッシュ禁止ですが、デジカメなら特に問題無いでしょう。
白熱球色の照明なので、ホワイトバランスを調節すると良いです。

お店は、JR根岸線・関内駅から徒歩5分、横浜市営地下鉄・伊勢佐木長者町駅から徒歩3分、京浜急行・日ノ出町駅から徒歩10分ほど。
まだまだ暑い日が続きますが、適度に冷房の効いた猫カフェで、ネコたちと戯れてみてはいかがでしょうか。

里親の募集もされています。
「ネコ、飼おうかな〜」と考え中の方、是非ご検討ください!。

写真は...
「だ~~~れだ???」
お店のウェブサイトで探してみてくださいね!

=お店データ=

Cat Cafe Miysis
横浜市中区長者町6-99 ハローイセザキ2F
045-325-7166
http://www.cat-miysis.com/
http://blog.livedoor.jp/miysis-ver2/

こちらのお店にも、私 "ASUHA -明日葉-" のポストカードとフレーム入りプリントを置かせていただいています。
お店にお出かけの際は、あわせてご覧ください。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-08-08 22:05 | Trackback | Comments(4)

サヨナラ...ドビン

f0203836_1820783.jpg


先週になって知ったので、すっかり遅くなってしまったのですが...

以前、このブログでも紹介した、尾道のガイド犬 "ドビン" 。
去る7月3日の朝早く、天国へと旅立ったそうです。
享年18歳、ヒトで言えばおよそ90歳の大往生でした。

ここ数年はガイドに歩くことはありませんでしたが、元気な頃は私もよく案内してもらいました。
ドビンと一緒にノスタルジックな尾道の町を歩くのは、楽しさもひとしおでした。

東京や大阪など遠方からの観光客がガイドブックを片手に「ドビンだ!ドビン!」と喜んで、一緒に写真を撮っているのをよく見かけました。
地元尾道の方々はもとより、全国のみなさんに愛され続け、その生涯を終えました。

命あるもの、いつかは最期の日が来る...。
当たり前のことなのですが、やはり辛く寂しいものです。

みなさんがいつか尾道へ行かれることがあったら、是非ドビンが歩いた道を訪ねてみてください。
姿は見えなくても、きっととっておきのステキなところへ案内してくれると思いますよ!。

ドビン...
楽しい思い出をありがとう!!

ガイドに出ていた頃のドビン
途中、茶屋の店先の "金魚鉢" で乾いた喉を潤すのがお決まりでした

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-08-02 18:25 | Trackback | Comments(4)