シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フィルムってイイナ...

f0203836_22531898.jpg


先日のこと。

パソコンの調子が芳しく無く、復旧させるべくいろいろ試しているうちにいよいよおかしくなって、お手上げ状態になってしまいました。

ハードディスクの中には大切な写真がたくさん入ったまま。
さあ、大変っ!。
頭の中は真っ白くなるわ、顔は真っ青になるわ、まるでギリシャの国旗のようです×××。
ゆっくりシエスタしようと思っていた矢先、とんでもないトラブルに。

...が、神々は見放していませんでした。

たまたま、本当にたまたま、前日に外付けハードディスクにバックアップをしていたのです。
恐る恐るそちらを立ち上げ、あれこれやってみると(たぶんもう二度とできません)...

何と言うことでしょう~♪

奇跡が起こりました!。
殆どのデータが無事に復旧できたのです。

コンピュータに詳しい方にはなんてこと無いことなのかもしれませんが、ワタシにとっては "海の真ん中で放り出され、泳いで帰れと言われたようなモノ" なのです。

そんな悪戦苦闘している最中、ふと「あぁ、全部フィルムで撮っていたらなぁ...」なんて思いました。
やっぱり、 "シンプルであること" は良いコトです。

みなさん、バックアップはこまめにとって、お気に入りの写真は是非プリントしておきましょう。
大切な思い出も瞬間も、それは既に過ぎ去ったこと。
もう二度と撮り直すことはできませんからネ!。

茜色に染まった、シエスタの島の夕暮れ

うーん...
やっぱりフィルムっていいなぁ
自然にこんな素敵な色で写るんだもの...

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-07-27 22:58 | Trackback | Comments(2)

海岸線上のシエスタ

f0203836_17364398.jpg


青い海をバックに、誰かさんがシエスタ中ですね。

「アザラシでしょ?」
「タマちゃん?」

...惜しい!。
彼らは "Australian Sea Lion" 、オーストラリア・アシカです。
というわけで、今回は地中海を離れ、オーストラリアのとある島でのシーン。

海で生活するアシカやアザラシの類ですが、一日中ずっと水中にいる訳ではなく、このようによく日光浴をしています。
陸に上がれば天敵のサメもいないので、それはそれは穏やかな表情でゆったりとシエスタを楽しんでいます。

この海の遥か水平線の向こうには、南極大陸が控えています。
それにしても、海の色の青いこと。
こんな海を自由気ままに泳げるなんて、羨ましい限りです。

そうそう、アシカってサーフィンをするんですよ。
切り立った形のいい波が押し寄せると、それに乗って凄いスピードで機敏にアクションをキメながら泳ぐんです。

ところで、アシカとアザラシの違い、ご存知ですか?。

外見でわかりやすいのは、アシカには "耳たぶ" があって、アザラシにはありません。
それから、陸上で移動するとき、アシカは前脚を立てて後脚で蹴るように進みますが、アザラシは全身で這うような感じです。

夏休みに水族館や動物園にお出かけの際は、是非観察してみてくださいネ!。
夏の水族館、見た目にも涼しげで、おススメですよ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-07-21 17:48 | Trackback | Comments(3)

クロアチアでほっこり

f0203836_2216423.jpg


クロアチア・ドゥブロヴニク(Dubrovnik)の港にて。

クルーズボートの予約カウンター......の裏側。
白いイヌがシエスタ中でした。

この方たちの飼い犬ではないのですが、お客さんがいないときは構ってもらえるので、傍で待機していた様子。
仕事が一段落したお姉さんから声をかけられると、「待ってました!」とばかりに起き上がります。

シエスタの町、イヌやネコは追い払われることも無く、人々も愛情をもって彼らを可愛がり、みんな穏やかで良い関係ができています。
何気ないシーンですけど、イイなぁ、こういうのって。

さて、クロアチア。
ここ数年で急激に、日本はもとより世界中で人気の目的地になってきました。
実際、世界遺産をはじめ見所が多く、とてもステキな国です。
このブログをご覧の方々の中にも、興味をお持ちの方も多いはず。

そこで、素敵な方を紹介します。
現在、クロアチアの首都・ザグレブ在住の作家&写真家、
大桑千花さん

ブログ
クロアチアの碧い海の夢
http://hrvatska.exblog.jp/

ブログからリンクされている "裏ブログ" や "クロアチア旅行情報" も、現地在住ならではの楽しい情報満載です。
そしてなにより、その写真と文章のセンスは素晴らしく、著書「クロアチアの碧い海」はおススメです。

「クロアチアって、どんなトコ?」と思ったら、是非ブログを訪ねてみてくださいネ!。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-07-15 22:52 | Trackback | Comments(0)

猫カフェ でびゅう

f0203836_17481965.jpg


以前から気になっていた「猫カフェ」。
先日、ついに行ってきました!。

お邪魔したのは、横浜は石川町にある「猫カフェ れおん」さん。

お出迎えいただいたのは、ネコ店長・マンチカンの "レオン" くん、ほか17匹のネコさんたち。
そして、ヒト店長の "れおぱぱ" さん。

まずは、れおぱぱ店長がシステムを丁寧に説明してくださいます。
こちらはカフェルームと猫ルームがきちんと別れていますが、カフェルームからもドア&窓越しにネコたちの姿を見ることができます。

猫ルームは窓が多く、自然光が入ってきます。
写真撮影はフラッシュ禁止ですが、デジカメなら何も問題無いでしょう。
とても清潔にしてあり、ふかふかマットも敷いてあるので、ゴロンと寝転んで遊べますよ。

私がお邪魔した13:30〜15:30頃は、シエスタ中のネコさんが多かったです。
まぁ、ネコってそんなものですけど。
ネコは暗くなると黒目が大きくなるので、まんまるお目めのカワイイ表情を撮りたい方は、夕方から入店すると良いかもデス。

しとしと雨降りの日も、かんかん照りの暑い日も、ここならゆっくりと快適にネコたちと触れ合えます。
お店は、JR根岸線・石川町駅から徒歩1分。
中華街・元町商店街・横浜スタジアムもすぐ近くです。
是非!。

写真は、まんまるな顔と短い足がとってもキュートなレオンくん。
時々、ヒョイっと立ち上がったりしますよ。

=お店データ=

猫カフェ れおん
横浜市中区松影町1-3-2 関山ビル2F
045-211-4152
http://nekocafe-leon.com/
http://ameblo.jp/nekocafe-leon/

私 "ASUHA -明日葉-" のポストカードとフレーム入りプリントを置かせていただいています。
お店にお出かけの際は、あわせてご覧ください。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-07-09 17:54 | Trackback | Comments(2)
f0203836_19335539.jpg


さて、今年もいよいよ自転車レース "ツール・ド・フランス" が開催されます。
7月3日のプロローグに始まり25日まで、全20ステージに渡る熱戦が繰り広げられます。
日本からは昨年に続き、新城幸也選手が出場します。
応援しましょう!。

...と言いつつも、私は自転車レースについては全くの素人。
"アームストロング選手が滅法強い!" くらいのことしか知りません。
「じゃあ、何で観るの?...」

この放送、映像がとにかく素晴らしいのです!。
フランス、特に田舎の風景はそれはそれは美しく、また空撮を駆使したそのカメラワークが絶妙で、画面の中に引き込まれてしまうのです。
自転車レースに興味が無い方でも、フランスの田舎の風景を眺めているだけで、存分に楽しめますよ。

第1ステージ(ロッテルダム/オランダ~ブリュッセル/ベルギー)の放送は、
7月4日(日)20:30ー25:30。
CS放送「J SPORTS」でご覧いただけます。
ご加入の方は、是非!。

南仏・ルールマラン(Lourmarin)の村。
お洒落な色彩の建物と青く澄みきった空。

=追伸=

7月から記事の下に広告が入るようになりました。
これは "エキサイトブログ" の新しい仕様によるもので、私が自らの意思で掲載・お勧めしているものではありません。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by photographerasuha | 2010-07-03 19:43 | Trackback | Comments(0)