シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

青の洞窟

f0203836_22584366.jpg


『青の洞窟』といえば、イタリアはティレニア海に浮かぶカプリ島だ。

雑誌やテレビでも頻繁に紹介されているので、きっと皆さんもよくご存知のことだろう。
学術的には海蝕洞というもので、ごく簡単にいえば、波が長い時間をかけて掘り進めた洞穴。
自然が作り出したアート作品だ。

カプリ島はそれ自体が浸食されやすい石灰質でできている。
なので、実は同じような洞窟が島のあちこちに存在する。
ただ『青の洞窟』は、狭い入り口と内部の大きな空洞のバランスが面白かったり、光の入り方もひときわ美しいので、誰もが知るところとなった。

石灰質といえば、地中海地方はそのほぼ全域が石灰岩に覆われた地域。
と、言うことは...
そう、カプリ島以外にも洞窟はたくさんある。

地中海はまさに「海蝕洞パラダイス」。
特に四六時中、波に洗われている島嶼部...
中でも、無数の島々を擁するギリシャはその宝庫だ。

観光資源として活用されている洞窟もあるけれど、あまり積極的にPRしていないので、真夏のバカンスシーズンを除けば閑散としたもの。
洞窟まで連れて行ってくれるボートは、ある程度の人数が集まらなければ出なかったりするので、運が悪ければ何時間か待つハメに。
もっとも、期待されている「ある程度の人数」分の料金を払えば、その瞬間に喜んで出してくれるケド。

洞窟は光の射し方によって、その青さが刻々と変化する。
時間に余裕があるなら、船頭に何時がベストなのか尋ねてみた方がいい。
たまに「...今だよ!」と適当な答えが返ってくることもあるけど、大抵はちゃんと教えてくれる。

水の透明度は文句無しの地中海。
サファイアだったり、アクアマリンだったり...
海底の形状やお陽さまのご機嫌次第で、その美しいブルーはいろんな表情を見せてくれる。

ジュエリーのような色に見とれていると、海の中へと吸い込まれそうになってしまう。
そんな時は、飛び込んでしまえばいい。
ボートによってはスイミング・タイムをとってくれるから、存分にその青い世界を堪能することができる。

た・だ・し...

真夏でも水温はメチャクチャ冷たいぞっ!ぶるぶるっ...

洞窟へ行くなら冬は避けた方がいいかも
カプリ島の本家『青の洞窟』は波が高くて入れない日が多くて...
ギリシャのは...そもそもボートが長〜い冬休みで動いてない


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

夏まで待ちきれないなら...

ASUHA-明日葉- ファースト・コレクション(写真集)
『エーゲ海のねこ シエスタの町から』
PHP研究所 刊
定価:1350円(税込:1458円)
電子書籍版も配信中!
(詳しくはコチラ


エーゲ海のねこ

ASUHA-明日葉- / PHP研究所



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/25066445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by photographerasuha | 2016-03-21 23:27 | Trackback | Comments(0)