シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

トイレ事情

f0203836_23495399.jpg


海外へ行けば、いろいろと日本とは事情が違うモノに出くわすものだ。

例えば、トイレもそのひとつ。
日本ではかつての和式が姿を消し、代わって西洋式がすっかり浸透したけれど...
世界各国、習慣によってその形状や使い方は様々だ。

日本では、ウォシュレットに代表される温水洗浄便座が一般化している。
もっとも、「お尻を水で洗い流す」というのはイスラム圏などでは古くから当たり前のことで、それが手なのか機械なのかという違いだ。
その割にはこの温水洗浄タイプ、海外でなかなか定着しないのが不思議だ。

さて、シエスタの町ではどうなのか?。
水洗レバーを押すとか引っ張るとか倒すとか...多少の操作の違いはあるけれど、シンプルな西洋式でいたってフツーだ。
ただ、ひとつだけ使い方で気をつけなければならないことがある。

ギリシャ、スペインやイタリアの一部などでは『便器にトイレットペーパーを流してはいけない』。
何故なら、排水管が細くて、いとも簡単に詰まってしまうから。
もし、そんな状態でうっかりバスタブの栓を抜いたりシャワーを浴びようものなら、あっという間に部屋が洪水になってしまう。

では、ペーパーはどうするのか?。
トイレの片隅に大きめのゴミ箱があるので、そこに捨てる。
日本人には不慣れなシステムだし、ちょっと抵抗があるけれど、そこは『郷に言っては郷に従え』だ。

町中には公衆トイレは少なくて、あったとしてもドアを開けたらそのままそっと閉めたくなるようなところも珍しくない。
そんな時は、カフェでひと休みついでに借りればいい。
カフェのトイレなら、古い新しいは別にして、ちゃんと手入れが行き届いているから安心だ。

ペーパーを流さないよう注意書きがしてあるところが多いけれど、中にはそれが無いところも。
島嶼部をはじめ、地中海の町ではペーパーを流せないところが多いことを常に頭に入れておきたい。
よくお世話になるモノだけに、詰まらせて大変なことにならないよう、ご注意を!。

公衆トイレには「便座」が無いところも多い
悪戯で壊されたりとか、それを見据えて最初から付けないとか...
中腰で使うのはなかなかキツい!


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

トイレでのひとときに♪...

ASUHA-明日葉- ファースト・コレクション(写真集)
『エーゲ海のねこ シエスタの町から』
PHP研究所 刊
11月11日発売
定価:1350円(税込:1458円)
電子書籍版も配信中!
(詳しくはコチラ


エーゲ海のねこ

ASUHA-明日葉- / PHP研究所



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/24988868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by photographerasuha | 2016-02-25 00:07 | Trackback | Comments(0)