シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

続・鄙びた村

f0203836_23522276.jpg


そろそろ引き揚げようと、村の入り口のタベルナまで戻ってきたときだった。
50代半ばくらいだろうか、一人の男性とばったり出逢った。
さっぱり人気が無かったのに、まるで湧いて出てきたかのようだ。

島で一番大きな町でさえ東洋人はいないのに、こんな人里離れた村ならなおさら珍しいだろう。
彼は驚いたような、不思議そうな顔をしつつも、話しかけてきた。
「コーヒーでも飲んでいかないか?。俺はコーラを飲むから...」

えーっと...、そのコーラ代を払うのはあなた?、もしかして私に奢れとでも?。
なんとなく胡散臭く感じてしまったので、丁重にお断りしてクルマに戻ることに。
...けれども、このまま村をあとにすると、なんだかとても後悔しそうな...、そんな予感がした。

それに、よく歩いたので喉がカラカラだ。
ペットボトルの水はとっくに飲み干してしまったし。
気がつけば、足は村へと引き返していた。

「やっぱり、飲んでいくことにしたよ♪」
タベルナの椅子に座っていた彼は、待ってましたとばかりにニコリと笑った。
「そうか、それじゃ店の人を呼んでくるからな。そこに座って待ってろ」

木漏れ日の下で小鳥のさえずりを聞きながらのんびりしていると、お店の人らしき娘さんが注文したフラッペ(=ギリシャ式アイスコーヒー)を持ってきてくれた。
少しばかりねじれたグラスに注がれたフラッペと...、もうひとつ何かが乗ったお皿をテーブルに置くと、優しく微笑ながら穏やかな口調でこう言った。
「この村には観光客なんて滅多に来ないから...。どうぞ召し上がってくださいね♪」

お皿の上には美味しそうなケーキ。
もちろん自家製だ。
疲れた身体に、一層その甘さがしみ渡る。

本当に美味しいモノは、ひとくちごとに幸せを感じる。
ニンマリとしながら、ふと顔を上げると...
いつの間にか、周りには何人かの村人たちが。

私がケーキを美味しくいただいている姿が可笑しかったのだろう。
みんなニコニコしながら、こちらを眺めている。
そんな村人たちの様子もまたどこか可笑しく、ほっこりとした気持ちにさせてくれた。

ケーキの差し入れももちろん嬉しかったけれど...
飾らない笑顔で迎えてくれる素朴な温かさが、私は大好きだ。
そんなギリシャ流の「お・も・て・な・し」、フィロクセニア。

鄙びたシエスタの村には、それが色濃く残っている。

たった2ユーロのフラッペに
美味しいケーキと温かい笑顔が付いてくる
みんな本当に穏やかだ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/24511327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by photographerasuha | 2015-09-26 23:56 | Trackback | Comments(0)