シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

狭き良き道

f0203836_22452819.jpg


シエスタの町の道は狭い。

多くのヨーロッパ諸国には、旧市街と新市街とがある。
大まかに言うと、旧市街は文字どおり昔ながらの佇まいが残るエリア。
一方、新市街は近代(それでも古いけれど...)になって造られ栄えたエリアということになる。

新市街の道路は直線的で、道幅も余裕がある。
歩道も広く、街路樹が植えられていたり、整然とした雰囲気だ。
お洒落なファッションのお店は、新市街に多く構えられている。

対して、旧市街。
こちらの道は、概して狭い。
目抜き通りならまだしも、裏路地はクルマ一台がやっと通れるほどだ。

ただでさえ狭いのに、曲がりくねっているから見通しが悪い。
おまけに、一方通行は当たり前で、行き止まりの道もたくさん。
まるで迷路のようだ。

うっかり迷い込もうものなら、さあ大変!。
方向感覚がわからず、同じところをぐるぐる走ったり、袋小路に捕まってしまったり...。
もう、泣きそうになってしまう。

そもそも旧市街の道は、敵に攻め込まれた時のことを考えて造られている。
狭ければ進軍が遅くなるし、頭上からの攻撃がしやすくなる。
迷路のような町並みは、まさに敵を迷い込ませるためだ。

そんな狭い旧市街の道を、地元の人たちは器用にクルマを走らせる。
片輪を歩道に乗り上げたり、手でちょいとミラーを畳んだり...、手慣れたものだ。
まぁ、あちこち壁が削れていたり、ミラーがもげてしまったクルマなんて珍しくはないケド。

F1のパイロットの多くがヨーロッパ人なのは、こんな環境の下で暮らしているからなのかもしれない。
アメリカやカナダ、オーストラリアなど広い国では、中心部を少し離れれば延々と真っ直ぐな道が続く。
小刻みなハンドルさばきなんて必要ないのだから。

それでも、旧市街の古き良き趣は、狭い道があってこそ。
広〜い道のシエスタの町なんて...
いや、想像できないナ。

レンタカーを借りるならコンパクトを
ベンツでも借りようものなら...
泣いちゃうゾ!!


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「デザインフェスタ vol.41」に出展します(詳しくはコチラ
2015年5月16日(土)・17日(日)
11:00〜19:00
東京ビッグサイト・西ホール
1階・ブースナンバー B-86


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/24008849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by photographerasuha | 2015-05-14 22:53 | Trackback | Comments(0)