シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

海外は危ない?

f0203836_22582975.jpg


旅にアクシデントはつきものだ。

もちろん、そんなモノは無い方がよいに決まっている。
ただ、前回のポストのような「もらい事故」的なものは避けようが無い。
それは仕方が無いこととして、中にはリスクを下げることができるものもある。

「海外に行ってるみたいだけど、危なくないの?」
「向こうって、治安よくないんでしょ?」
...なんてコトをよく訊かれるけれど、果たして「危ない」のだろうか。

確かに世界には『本当に危ないところ』も存在する。
けれど、普通はそんなところには行かないだろう。
一般的な旅行なら、その目的地の大半はガイドブックに載っている場所のはず。

フツーの旅行者が旅先で出遭うアクシデントといえば、そのほとんどは軽犯罪。
中でも、窃盗系の被害だろう。
例えば、置き引き・スリ・引ったくりといったやつだ。

確かに日本の犯罪発生率は海外のソレよりも少ないかもしれないけれど、それはあくまで数値としての話。
被害にあってしまえば、確率なんて何の意味も無い。
海外でも日本でも悪いヤツは必ずいるし、何処であれその獲物になってしまう可能性はある。

で、その悪いヤツらが多く集まるのが、旅行者に人気の観光地や大きな街だったりするから始末が悪い。
季節やイベントで旅行者がその目的地を移動すれば、彼らもまた追いかけるように移動する。
人が多いところは、犯罪もやり易いのだ。

だからといって、旅先でずっと身構えてばかりいては、旅を楽しむことができない。
いや、気疲れするほど神経質になる必要は無い。
最低限のことにさえ気をつけていれば、グッと被害に遭う危険を減らすことができる。

難しいことではない。
「バッグは身体の前側に」「ポケットに貴重品を入れない」「一目のあるところで財布を出さない」「人気の無い路地裏は避ける」...
などなど、常識的なことばかりだ。

ただ...、旅先では案外コレができない。
開放的な気分になって、無意識についつい油断してしまっているもの。
特に旅の後半は、旅の疲れが溜まっていたり、帰国を控えた安堵感もあったりで、一層注意力が落ちているので要注意。

不必要なアクシデントに巻き込まれては、せっかくの楽しい旅行が台無しだ。
後で悔やむよりも、ちょっとした心掛けで未然に防ぎたい。
旅の一番の目的、それは...

『無事に帰国・帰宅すること』

なにより、これに尽きる。

大都市は気の抜けないところもあるけれど...
小さなシエスタの町はいつものんびり
昼間からタパスをつまみながらワインで乾杯♪


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/23693719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by photographerasuha | 2015-02-19 23:11 | Trackback | Comments(0)