シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

¡ オーレ、アンダルシア !

f0203836_2394340.jpg


『アンダルシアでフラメンコを観るっ☆』

それが、今回の旅の一番の目的。
スペインでフラメンコを鑑賞するのはこれが初めてではないけれど、なにしろ南スペイン・アンダルシア地方はその本場。
やっぱり、聖地でホンモノを体験したいもの。

アンダルシアの町の夜の裏通りを歩けば、そこかしこからリズミカルなサパテアード(タップのように、靴で出す音)が漏れ聞こえてくる。
ショーだったり、教室のレッスンだったり、はたまた微酔いで上機嫌の客のいるバルだったり...。
そしてそれに合わせるかのように、どこからともなくギターラ(ギター)の音が路地を通る風に乗って追いかけてくる。

フラメンコは、タブラオと呼ばれるショーハウスで観ることができる。
簡単に言えば、専用のライブハウスのようなものだ。
大きなところでもせいぜい50席程度と、割とこじんまりとしている。

そのおかげでステージとの距離が近く、ただでさえ抑揚の激しいパフォーマンスがより力強く感じられる。
最前列など、バイラオーラ(女性の踊り手)のファルダ(衣装)の裾が、ビシバシと容赦なく当たってしまうほどだ。
カンテ(歌)もギターラも普通はマイクを通さないので、生音の繊細な表情に触れることができる。

音楽も演劇も、絵画も写真も、それにスポーツも、ライブに勝るものは無い。
いくら最先端のテレビやインターネットで映像を観ても、どうやったってホンモノには到底敵わない。
ましてや、フラメンコならではの情熱的な鼓動は、ステージを目の前にしてこそ楽しめるというものだ。

町によって、タブラオによって、そして踊り手によって、そのスタイルはさまざまだ。
なので、滞在先を移動する度に、タブラオに通うことになってしまった。
それでも、けっして飽きることは無く、それどころかますます魅了されるばかりだった。

そんなわけで、すっかりフラメンコの虜になって帰国。
それからというもの、夜な夜な激しいサパテアードの音が聞こえてくる気がした。
幻聴が聞こえるなんて、相当感化されてしまったらしい。

それにしても、どうにもその音がリアルすぎる。
おかしいな...と思ったら、音は隣の家からだった。
どうやら娘さんがフラメンコを習い始めたらしく、夜に練習しているようだ。

どうりで...。

フラメンコの踊り手と言えば女性を連想するけど...
男性のスピードとキレ、そしてエナジーに圧倒されてしまった
ウーン、せくすぃ〜〜〜♪


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/23619218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by photographerasuha | 2015-01-31 23:13 | Trackback | Comments(0)