シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お陽さまの実

f0203836_22341470.jpg


地中海地方の特産品は多々あるけれど、柑橘類もそのひとつ。

例えば、オレンジ。
...と言えば、きっと『バレンシア・オレンジ』を連想するだろう。
因みにバレンシアは、オレンジ栽培には不可欠な強い太陽の光が降り注ぐ、スペイン第三の都市の名前だ。

ところが...、実はその原産はアメリカ・カリフォルニア。
イロイロとあって、バレンシアの名前を冠することになったらしい。
それでも、スペインの地中海沿岸はどこもかしこもオレンジ畑だらけで、それが名産品であることには違いない。

学生時代、旅の途中でビタミン補給を兼ねてよくオレンジジュースを飲んだけれど、格段に美味しかった国がふたつある。
ひとつは、エジプト。
そしてもうひとつが、スペインだ。

店先で目の前で絞ったものをいただける、いわゆるジュース・スタンド。
当時はまだ機械式のものは多くなく、手搾りが多かった。
表皮の油分も混入するせいか、その豊かな香りは例えようが無いほどで、今でも鼻の奥に残っている。

もちろん、果汁も素晴らしかった。
信じられないくらいの甘さと適度な酸味。
とにかく濃厚で、喉を通る度に感動を覚えたものだった。

ここコスタ・デル・ソルは、まさにオレンジ色のお陽さまが微笑む地域。
オレンジ栽培には最適の場所だ。
果物屋の店頭に並ぶオレンジを持ってみればズッシリと重く、果汁をたっぷり蓄えていることをうかがわせてくれる。

そんな「お陽さまの実」を搾ったフレッシュ・ジュース。
その味は、今もなお変わらず。
初めて飲んだときの驚きを、また呼び起こしてくれた。

そして、その記憶はセピア色...
ではなく...
オレンジ色に染まっていた。

暑い日は冷たいジュースを飲みたいけど...
ぬるくても氷は入れない方がおススメ!
せっかくのジュースが薄くなってしまう


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/23545838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by photographerasuha | 2015-01-12 22:36 | Trackback | Comments(0)