シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

違う、そうじゃない

f0203836_23223026.jpg


「なにか...違うなぁ...」

コスタ・デル・ソルの印象だ。
『こぢんまりとしたシエスタの町が、静かな海岸沿いに点在している...』
私の中では、そんなイメージだった。

ところが今、目の前にあるのはと言えば、建ち並ぶ白亜のアパートメントに巨大なショッピングセンター。
マリーナには、一体いくらするのか想像さえできない豪華なクルーザーが数え切れないほど。
ビーチの前のクラブやディスコからは、ギラギラした音楽が大音量で流れてくる。

郊外を走れば、豪華なリゾートホテルが海岸に沿って延々と続く。
ところどころに町はあるけれど、どこもそう遠くない過去に造られたニュータウンばかり。
少しばかり、がっかりしてしまった。

考えてみれば、ここは夏のバカンスを楽しむために国内外から人々が集う場所。
きっと元々は素朴な海岸だったのだろうけど、開発の手が入って切り拓かれてしまったようだ。
道路脇に残る松林が、かつてのコスタ・デル・ソルの姿を偲ばせる。

それでも、私が滞在した町は海岸沿いこそ賑やかだけれど、少し歩いたところには昔ながらの旧市街が残っていた。
古い佇まいの町は白く塗られていて、そこかしこにブーゲンビリアが咲き乱れている。
期待どおりのシエスタの町だ。

もちろん、宿もその旧市街の中にとった。
窓から地中海を望む、ビーチ沿いのホテルも決して悪くはないけど...
私にはやや鄙びた町の方が数段魅力的だった。

何故って、そこに古き良きコスタ・デル・ソルの姿が見えたから。

ビーチサイドのアパートメント群
1階はバルやレスタウランテが軒を並べる
お陽さまが顔を覗かせれば、これはコレでいいのだけれど...


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/23341047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by A110ALPINE at 2014-11-27 18:32
コートダジュールも同じで、夏休みに馬鹿騒ぎをするための場所になっています。北欧州の人たち、コレが好きなんですよね。地元民には迷惑ですが、観光がないと生きていけない場所なので、これが収入源なのです。観光が大産業になっているので、これからも開発は進むと思いますよ。うちの地域でも少し山に入れば、昔のままが残っていたります。
Commented by photographerasuha at 2014-12-02 22:43
A110ALPINEさん

北欧の方々にとっては、「夏」は貴重ですからね。
その気持ちもよくわかります。
観光が産業として重要なのも、これもまたよくわかります。

日本もそうですが、「無駄な開発」だけはして欲しくないですね。
一度壊したものは、そう簡単には元に戻らないですから。
by photographerasuha | 2014-11-25 23:37 | Trackback | Comments(2)