シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ネコのいる場所

f0203836_082454.jpg


「地中海って、こんなにネコがいるんですか?」

作品展やイベント会場で、決まってこう尋ねられる。
結論から言うと...
「いる」

でも、決してどこにでもいるというわけではない。
いくつかの条件がある。
それさえ満たしていれば、そこには必ずネコがいる。

『食べ物がある』

食事を提供してくれる "ネコ伯母さん" はもちろん地中海にもいて、野良ネコたちにとっては女神さまのような存在。
漁港のある村はもちろんだし、観光客の多い町もお裾分けにありつきやすい。
意外だけれど、大都会もヒトが多いので、なにかと食糧は潤沢だ。

『クルマの往来が少ない』

狭い路地や石段の坂道が多い地中海の小さな町は、クルマが入り込めない場所が多く、ネコたちには好立地。
漁港など餌場があっても、クルマがビュンビュンと走るところではあまりお目にかからない。
ネコだって、ペチャンコにはなりたくないし。

『リスペクトされている』

地中海辺りにネコが多いのは、その昔ネズミ対策で船に乗せていたネコたちが繁殖したから...、という説も。
同じ目的でワイナリーや倉庫などで飼われていたりだとか、なにかと人々が恩恵を受けている町は多い。
そんな背景もあってか、例えタベルナやカフェの中を歩き回っても追い出されることなんて無いから、安心して暮らすことができる。

他にもいろいろあるけれど、『食べ物があって、クルマが走らず、人が穏やかな場所』ならば、必ずネコたちに出逢えるだろう。
でも、コレ...
よく考えてみれば、日本でも当てはまる。

例えば、私の生まれ故郷から程近い、広島県の尾道。
千光寺山の斜面に張り付く古い町並みは、細い路地と石段の坂道だらけ。
観光客もそこそこいるし、地元の人々も穏やかだ。

湘南・江の島もそうだし...
鎌倉辺り、いや全国のお寺や神社も。
そして路地裏も...。

そう。
わざわざ遠いところに行かなくても...
案外、すぐ近くにいい場所があるかもね♪。

ネコはヒトがいないと生きていくのは難しい
そしてヒトもネコに何かを求めている
ツンデレだけど癒される、小悪魔的な動物


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

猫の合同写真展「ねこ専」

2014年8月22日(金)~27日(水) 10:00~22:00(最終日のみ20:00)

TODAYS GALLERY STUDIO
東京都台東区浅草橋5-27-6-5F
JR・都営地下鉄浅草橋駅より徒歩7分

入場料 500円
(先着2000名様限定:五十嵐健太オリジナル「飛び猫」ポストカードをプレゼント)

⇒詳しくはコチラを!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/22773473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-08-26 01:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photographerasuha at 2014-08-27 00:03
鍵コメさん

コメントありがとうございます。
こちらこそありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
by photographerasuha | 2014-08-21 00:18 | Trackback | Comments(2)