シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

サッカー少年

f0203836_21531059.jpg


巷はサッカーの話題でいっぱいだ。

4年に一度のワールドカップが開催されているのだから、お祭り騒ぎになるのも無理はない。
私はと言うと、実は未だルールさえよく理解していないほどのサッカー音痴。
ちょっと取り残されている感が無くもない。

イングランドが発祥とされているサッカー。
ヨーロッパではどこでも圧倒的に人気が高いスポーツ。
町を歩けばそこかしこのバーやカフェで、テレビ中継に夢中になっている光景を目にする。

大人たちがそれを肴に一杯やっている店先では、子供たちがサッカー遊びに高じていたりする。
小さな町や村、それに島嶼部ではどうしても娯楽が少ないので、より身近で手軽な遊びだ。
なにしろ、ちょっとしたスペースとボールがひとつあればいいのだから。

充分な広さがあって整備された場所なんて、そうそうあるものじゃない。
だから、デコボコした石畳でも、坂道だろうと石段があろうと、そんなことはお構いなし。
子供たちならではの創意工夫で、彼らだけのサッカーを楽しんでいる。

クロアチアのとある町を訪ねた時もそうだった。
かつて要塞都市だったその町は斜面が多く、子供たちの遊び場所はその最上部の舗道。
道だから奥行きはあるけれど、幅は数メートルしかなくて、運が悪ければいくつかある石段へとボールが転がってしまう。

ボールが下へと転げ始めたら最後。
百段以上ある石段を駆け下りて、拾いに行かなくてはならない。
コレは大変!。

しばらく観ていたら、案の定、幾度となくボールは石段を転げ落ちた。
その度に子供たちは頭を抱えながら、ボールを追ってダッシュ。
何分かすると、ゼーゼーと肩で息をしながら、汗だくで戻ってくる。

そんな環境で毎日やっているのだから、上手くもなるはずだ。
遊びのつもりでやっていても、しっかり練習になっているのだから。
ひょっとしたら...

いずれ彼らの中の誰かがナショナル・チーム入りを果たすかも?。

チーム・クロアチアのメンバーたち
世代を超えたチームワークは抜群!
リザーブ?のワンちゃんもやる気満々


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/22394941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by photographerasuha | 2014-06-24 22:16 | Trackback | Comments(0)