シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

6月の花嫁

f0203836_22201858.jpg


6月は英語でJUNE。

その語源となったのは、ローマ神話に出てくる女神ユノー(JUNO)。
ユノーは、ギリシャ神話ではヘラという名前で登場する。
(ローマ神話は、ギリシャ神話にローマ独自のアレンジを加えたものなので、若干の違いはあれど大筋はよく似ている)

全知全能の神ゼウスの実姉であり、正妻でもある女神ヘラ。
神々にはそれぞれ専門の仕事があって、ヘラの場合は結婚や出産を司ること。
つまりは、女性の守護神というわけ。

6月といえば、ジューン・ブライドに憧れる女性も多いと思う。
『6月に結婚した花嫁は幸せになれる』...というコレ、元々はヨーロッパの古くからの習慣。
その由来についても、諸説いろいろとある。

その昔、ヨーロッパでは3〜5月の間は農作業で多忙な時期ゆえに、結婚が禁じられていたとか。
おかげで、それが解禁となる6月に結婚するカップルが集中。
作業を終えて手の空いた人々も、一緒に祝福する時間を持つことができたから...、という説がひとつ。

それから、天候に起因するという説。
雨の日が少なくなって晴天に恵まれる6月が、新しい生活のスタートに最適とされたというもの。
ギリシャやイタリアなど地中海沿岸の地域では、よりその恩恵を受ける。

そして、女神ヘラ起源説。
JUNEの語源となった、結婚生活の守護神であるヘラは、6月の守護神でもある。
6月に結婚して、最高位の女神である彼女の圧倒的なパワーにあやかろうという、まさに神頼み的なものだ。

因みに、女神ヘラは、かなりの恐妻。
嫉妬深く、復習への執念は相当なもの。
なにしろ、あの大神ゼウスでさえ、どうにも頭が上がらないのだから。

メンズの諸君っ。
もし、あなたの彼女が『6月の花嫁』を望んだならば...

覚悟を決めて臨むべし!。
ヒッヒッヒッ...

イタリアのシエスタの町の結婚式
昔ながらの伝統が今も受け継がれる
小さな教会は町の人々と祝福ムードで溢れていた


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/22328184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by photographerasuha | 2014-06-17 22:26 | Trackback | Comments(0)