シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

イタリア的オシャレ

f0203836_22192173.jpg


「 "イタリア" と聞いて、連想するモノは?」

「パスタにピッツァ、ワインにチーズ、ジェラートにティラミス、それから...」
返ってくる答えの大半は、きっとこんな感じだろう。
食べ物ばかりだけど、それくらいイタリアの食文化は日本にもすっかり溶け込んでいる。

そしてもうひとつ、確実に返ってくる答えがある。
それは「お洒落」。
なにしろ、洋服やアクセサリーの有名ブランドをたくさん抱える国だ。

確かに、町行くイタリアの人々はオシャレ。
ただ、今では日本のファッションも世界で認められるようになった。
決してマケてはいない。

それでも、何かが違う。
言葉で表現するのは難しいけれど...
シンプル、自然体、...といったところだろうか。

高級ブランドの多い国だけど、そういったモノを多く身に付ける人は少ない。
余計なモノを削ぎ落としてスマートに、その中でひとつだけポイントを...。
そんなイメージだ。

なによりこの国、オジサンがとにかくカッコイイ!。
女性がオシャレに気を使うのは万国共通だけど、イタリアは男性も相当なモノ。
若い世代はデニムにTシャツも多いけど、オジサン世代の着こなしはナカナカだ。

全くオシャレとは縁の無い私が語ったところで、何の説得力も無いのだけれど...
彼らは『個性』 をしっかりと考えているように見える。
それは無意識なのかもしれないけど、ただ流行を追うわけではなく、うまく自らを表現することに長けているのかも。

それにしても、ビシッとスーツでキメたオジサンはもちろんだけど...
どういうわけか、八百屋や漁師のオジサンでさえ、どこか垢抜けて見える。
ひょっとして...

足の長さ?

...でも、コレだけはどうしようもないんだなぁ×××。

バスで出会った "ちょいワルおやじ" 風の男性
セーターに革のブーツ、そして銀のペンダント
たったコレだけなんだけど......オシャレ~っ☆


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「世田谷アートフリマ vol.21」に出展します(詳しくはコチラ
2014年4月19日(土)
11:00〜18:00
世田谷文化生活情報センター
キャロットタワー・4階
(東急田園都市線/世田谷線・三軒茶屋駅隣接)
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/21810854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by photographerasuha | 2014-04-16 23:16 | Trackback | Comments(0)