シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

旅の宿

f0203836_22243043.jpg


「さて、どこに泊まろうか...」

旅行の際、どんなホテルに宿泊するか、楽しみにされている方も多いと思う。
☆が並ぶ高級なホテルだったり、プライベートビーチのあるリゾートホテル、テレビや雑誌で紹介されたゴージャスなホテル...。
どれも素敵で魅力的だけれど、私には無縁の世界。

料金が高いのが一番の理由だけれど、現実離れした空間に身を置くのは、どうも落ち着かない。
「ソレが楽しみなのに~?」という方の意見もよくわかるし、もちろん否定する気なんてさらさら無い。
旅の楽しみ方は人それぞれ自由なのだから。

私はホテルと名前がつくところはあまり利用しない。
せいぜい、旅の初日と最終日、到着と出発の時間がそれぞれ夜遅くだったり早朝だったりで移動が面倒なときに、空港や駅周辺に泊まるくらい。
じゃあ、普段はどんなトコロに泊まるのか?。

それは、レントルーム。
ルーム・トゥー・レットとかいろいろ呼ばれ方があるけど、意味はどれも一緒。
簡単に言えば、部屋貸し民宿だ。

こう言うと、粗末な部屋を思い浮かべる、想像力豊かな方もいらっしゃるだろう。
もちろん、ピンからキリまでいろいろあるけれど...
当たりを引けば、ホテルとさほど変わらないどころか、もっと使い勝手の良い部屋を調達できる。

利点はなんと言っても室料の手軽さ。
国や町、季節にもよるけれど、例えば春秋のギリシャの島なら1泊30ユーロ程度。
ヨーロッパは部屋単位の料金なので、2人用の部屋なら2人で泊まっても同料金、3人なら少しだけ割り増しになるという感じ。

もちろん、シャワーやトイレ、テレビにエアコン、冷蔵庫にテーブル、ドレッサーなど、基本的なものは部屋に付いている。
キッチンは部屋にあったり共同だったりまちまちだけど、調理器具が揃っていると簡単な食事が作れるので便利。
こんな設備のある手頃な値段のホテルを探すのは、向こうではなかなか難しい。

そして、レントルームには、プライスレスな魅力がある。
オーナーさんが手料理のお裾分けをご馳走してくれたり、港までバイクの後ろに乗せて送ってくれたり、その飼いイヌやネコと一緒に寝たり...。
現地の人々の目線で滞在できるのは、旅の満足度を大いに高めてくれる。

旅慣れてない方は、ちょっと様子がわからないかもしれないけれど...
何も難しいことは無いので、是非チャレンジしていただきたい。
きっと、より思い出深い、ステキな旅になるはずだから。

イタリアの島で泊まったレントルーム
港から坂道を登った見晴らしの良い丘の上
4泊で126ユーロ、快適、快適!


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


「Craft Zoo 〜手作りいきもの雑貨の仲間たち〜」に出展します(詳しくはコチラ)
2014年3月23日(日)
11:00〜18:00
横浜赤レンガ倉庫1号館・1階
ブースナンバー 4
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/21482247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by photographerasuha | 2014-02-26 23:21 | Trackback | Comments(0)