シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カミについて

f0203836_2325397.jpg


決して怪しい話ではないので、どうぞご心配なく。
「神」ではなく、「紙」の話なので。

写真家のブログなのに、機材関係の話題がゼロに等しいので、ソレを期待されている方には申し訳ない。
初心者の頃はアレコレ機材に凝ったものだけど、今はすっかり拘りが無くなってしまった故のこと。
どうかお許しいただきたい。

たった今、道具に拘りが無いと綴ったけれど...
プリントに使うペーパーだけは別。
作品には主に2社のモノを使っていて、そのひとつはジェットグラフ㈱さんが取り扱っているハーネミューレ(Hahnemuhle)。

ドイツ生まれのこのペーパーは、ラインナップが豊富。
因みに私の好みは「トーション」と「ウイリアムターナー」、どちらもマット系のファインアート紙。
それぞれ独特のテクスチャーを持っていて、それが醸し出す柔らかな立体感がプリントに表情を与えてくれる。

来週2月13日から16日まで、カメラ・写真機材の展示会『CP+』が横浜で開催される。
会場内のジェットグラフさんのブースで、私の作品が作例プリントとして展示される。
私は前出2種類のペーパー担当だけれど、他の製品の作例もたくさん用意されているので、是非会場でハーネミューレの素晴らしさを実感していただきたい。

写真はフィルムからデジタルへと時代が移った。
フィルムの頃はプリントして楽しむのが当たり前だったけど、デジカメ時代の今はどうだろうか

パソコン、あるいはタブレットやスマートフォンの画面で楽しむだけ...、というのが多勢だろう。

フィルムの場合、カメラ屋さんに現像に出して、プリントしてもらって、その代金を払って、やっとプリントを手にすることができた。
ところがデジタルは、今撮った画をすぐに見ることができるし、プリントしない限りはそのコストもかからない。
その手軽さがデジタルの長所のひとつなのだから、当然の話だ。

私は作品を展示したり販売したりするので紙にプリントするけれど、一般の方はディスプレイの中で楽しむのが一般的だろう。
ただ...、たまにはお気に入りの写真をプリントして、どこかに飾って欲しいと思う。
あちこちに写真が飾ってある欧米の家庭のカタチを真似ろというワケではない。

一枚の写真には、それぞれのストーリーや思いが込められているはず。
喜びだったり、驚きだったり、愛おしさだったり、あるいは音や温度、匂いや味...。
そんな撮った時の記憶を思い起こすのはなかなか楽しいもので、またそれを誰かと共有していただきたいと思う。

高価なペーパーだけど品質は極上
それでいてとても扱いやすい
部屋に飾るプリントにもおススメ☆


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

カメラと写真映像の情報発信イベント「CP+(シーピープラス)」にて作例プリントが展示されます(詳しくはコチラ)
2014年2月13日(木)〜16日(日)
10:00〜18:00(初日のみ12:00より / 最終日のみ17:00まで)
パシフィコ横浜・展示ホール
ジェットグラフ株式会社ブース
フォトプリントメディアゾーン M-04
入場料1500円(ウェブにて入場事前登録済みの方、および小学生以下の方は無料)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/21386283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by O&クロ at 2014-02-14 05:40 x
紙、実は今、紙と格闘中です。
ちょっと仕事場で水が上がってきて
たくさんの書類、本、そしてPCも濡れてしました。
という事で、濡れた紙、救いたい物と捨てる物の仕分け
そして乾かしたりと、毎日、紙と格闘中です。
Commented by photographerasuha at 2014-02-17 10:32
O&クロさん

年初からバタバタしてまして、お伺いできないでいましたら...
大変なことになっていたのですね。

書類や本、そして写真。
紙は濡れて傷んでもなんとか救済することはできますが、PCやデジタルデータは一瞬にして消えてしまうことも。
大切なモノは、紙に残しておくことも忘れたく無いですね。

それはさておき、一日も早い復旧をお祈りしております。
by photographerasuha | 2014-02-06 23:46 | Trackback | Comments(2)