シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

パスタこわい

f0203836_23401622.jpg


落語の演目に、『饅頭(まんじゅう)こわい』という名作がある。

「この世に怖いものなんて何も無い」と言い張っていた男が、「ただひとつ饅頭が怖い」と言い出す。
仲間たちは饅頭をたくさん買い込んでイタズラを謀るけれど...
実はコレが大好物で、食べたいが為の作戦だった...、という噺。

詳しいコトは、調べていただくとして...

さて、イタリアの食べ物といえば、真っ先に思いつくのはやはりパスタだろう。
カレーやハンバーガーと同じく、日本でもすっかり国民食化してしまうほど親しまれている。
街を歩けば、あちこちにパスタのお店があって、どこに入るか決めるのに困るほどひしめいている。

もちろん、私もパスタは大好き。
どちらかというと、濃厚なクリーム系よりも、あっさり塩味のペペロンチーノが好み。
今回の旅でも「本場でおいしいパスタを...♪」と、行く前から楽しみにしていた。

日本では、パスタといえばスパゲッティが代名詞みたいなもの。
お店でいただくとしても、ロングだとフェットチーネやリングイーネ、ショートだとペンネやニョッキにフジッリくらい。
スーパーに行けばいろんな種類が売られているけれど、自分で調理してみようという気にはナカナカ...。

せっかくイタリアまで来たのだから、日本ではいただく機会の無いモノを食べてみたい。
田舎町のトラットリアで、読み慣れないイタリア語のメニューの中から、勘に頼って注文してみる。
どのお店でも、運ばれてきたパスタは見るからに美味しそうだった。

「ウーーーン♪」

「う・・・ん?」

「うーーーん...」

結果から言うと、2日で飽きてしまった。
いや、決して不味いのではなく、美味しいのは確か。
ただ、何というか、味が濃すぎるというか...。

それからというもの、パスタという文字さえ見るのも嫌になってしまった。
イタリアを歩いているというのに、それは到底無理なハナシ。
「ああ、パスタこわい、パスタこわい...」

すっかりウンザリしてしまって、帰国してからも
「年内はもう食べたく無いナ...」
と、思っていたけれど...

食欲とは本当に恐ろしいもので...

「ああ、パスタこわい♪、パスタこわい♪」

一番美味しかった『トロフィエ・ボロネーゼ』
トロフィエは北イタリア・ジェノヴァ名産のパスタ
モチモチとした食感が面白くて◎


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「第20回 あ〜てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」に出展します(詳しくはコチラ)
2013年12月21日(土)〜23日(月・祝)
11:00〜18:30
横浜赤レンガ倉庫1号館・2階
ブースナンバー 13
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/21009215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by O&クロ at 2013-12-10 03:41 x
イタリアのパスタ、家庭料理は想像通りの味ですが、レストランのは重いですよね。シンプルなトマトソースとか外食では見た事がありません。
23日までの赤レンガ、・・・・・残念!私は24日に成田着で帰国なんです。また次の機会があればと思っています。
Commented by photographerasuha at 2013-12-11 22:47
O&クロさん

そうなんですよ、私はシンプルなモノが食べたかったんですけどね。
ただ、茹で方はしっかりアルデンテでした。
ギリシャでは概して茹で過ぎなので...。
あとは、家庭料理的なモノを探していたのですけど、お店ではなかなか見つけることができず。
ちょっと不完全燃焼です。

そうだ、もう帰省の時期なんですね。
道中、お気をつけて♪。
by photographerasuha | 2013-12-02 23:54 | Trackback | Comments(2)