シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

続・最悪の日

f0203836_21522414.jpg


=前話の続き=

いやいや、そんなに甘くは無かった。

飛び乗った電車、コレがなんと『快速』で...。
気付いたときには、時既に遅し。
降りたい駅どころか、3つも4つも通過して、宿のある町まで戻ってしまった。

こうなると、負の連鎖は勢いづいてしまって、もう止めることができない。

切符を買いなおそうと、券売機にクレジットカードを通すと...
切符は出て来ず、カードだけ精算されてしまった。
何台もある券売機のほとんどが、『切符が出ない』、『おつりが出ない』、『どっちも出ない』のいずれかだ。

なんとか切符を手に入れて、乗り過ごした駅まで戻ることに。
ところが直通の電車が無く、一旦最初の駅まで行って乗り換えて、また一駅戻らなければならない。
本来ならたった5分で行けるところを、まるまる1時間も無駄にしてしまった。

そんなこんなで、やっと辿り着いた小さな町。
苦労をした割には...、惹かれるモノがほとんど無い。
いや、きっとたくさんあるハズだけれど、こんな気分なので目に映らないのだろう。

カラダもココロもすっかり疲れてしまったので、切り上げて宿に帰ることに。
駅に行くと、電車はたった今発車したばかり。
次の電車は、...1時間後。

今歩いてきたばかりの道を引き返し、さっぱり物欲をそそらない土産物屋で時間を潰す。
こんな時の1時間は、何倍も長く感じる。
粘ってみたけれど30分ともたず退散、駅に戻る。

ふと電光掲示板に目をやると、乗る予定の電車の横に何か標示されている。
何だか、イヤな予感...。
普段はさっぱり当たらない勘も、こんな時に限って神懸かり的に見事的中してしまう。

「次の便は本日に限り、キャンセルになりました...」
ホームに流れる無情のアナウンス。
次の電車は、...さらに1時間後。

まるで魂が抜けてしまったかのように、ベンチで茫然と過ごす。
陽はすっかり落ち、風も冷たくなってきて、なんだか空しさがこみ上げてきた。
そして宿に向かう頃には、そんな心を代弁するかのように、また空が泣き始めた...。

旅にトラブルはつきもの。
その時はヘコむし、辛いし、大変だけれど...
それもあとから思い起こせば、旅の良い思い出だったりする。

悪い記憶を良い記憶に書き換えることができるのは、ヒトだけに与えられた特権かもしれない。

だから、旅は楽しい。

だから、旅はやめられない。

P.S.
クレジットカードで宿代を払ったら、帰国後に二重請求...。
返金処理、未だにさっぱり進展せず×××。
恐るべし、イタリア!。

2時間近く過ごした駅のホームから
オレンジ色の温かい灯りにホッと一息
沈んだ気持ちを優しく癒してくれた


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/20969019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by O&クロ at 2013-11-27 18:29 x
じぶんは、イタリアではカードは使いません。ちょっと危なくても現金を持ってきます。宿など前もってカードで払っておける大手のチェーンホテルを利用するようにしていますが、場所によっては難しいのが難点です。いい国だけど問題も多い国みたいです。
Commented by photographerasuha at 2013-11-29 18:30
O&クロさん

私も現金派です。
今回のは某予約サイトで手配して、前払い決済をしたにもかかわらず、宿泊日にも重複して決済してしまったという、宿泊施設側のミスでした。
つい先ほど、ようやくカード会社経由で返金される手続きが整ったようで、一安心です。

イタリア、問題も多いですけど、いい国でもありますネ。
by photographerasuha | 2013-11-26 22:03 | Trackback | Comments(2)