シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

エル・グレコ

f0203836_2210334.jpg


名作「受胎告知」を生み出した、画家『エル・グレコ』。

誰もが知る巨匠だけれど、その名前がいわばペンネームであることは案外知られていない。
"グレコ" はイタリア語でギリシャ人の意味。
それにスペイン語の冠詞 "エル" をくっつけたもの。

本名は、ドミニコス・テオトコプロス。
1541年、当時はまだヴェネツィアの支配下にあった、クレタ島の生まれ。
ペンネームのとおり、生粋のギリシャ人だ。

数多くの名作を残したエル・グレコ。
それでも、日本で鑑賞できる作品は、わずか2点のみ。
「受胎告知」はそのひとつで、倉敷の大原美術館に収蔵されている。

ところで、エル・グレコといえば...
大原美術館のすぐ隣に、その名前を冠した喫茶店がある。

古い洋館には鮮やかな緑色の蔦が、窓を潰してしまうほどに鬱蒼と絡まっている。
もっとも、窓ガラスは磨りガラスなので、外から中の様子を覗くことはできないのだけれど。
そんな緑一色の建物に、真っ白なドアと赤いテントの入り口が印象的。

開店したのは1959年(昭和34年)のこと。
ただし、建物はもっと古くて、大正末期の建築。
当初、美術館創立者の関連事務所として使われていたらしい。

そんな生い立ちなので、あちらこちらにレトロな雰囲気が漂っている。
古い作りのドアを開けた瞬間、オレンジ色の照明、板張りのフロア、木製の窓枠...
懐古的な空間が広がる。

たくさんある窓からは、蔦のフィルターを通して、優しい光が差し込んでくる。
そよ風にゆらゆらと揺られる蔦が、磨りガラス越しに映る。
その様はまるで影絵のようで、ずっと見ていても飽きない。

ゆったりと美味しい飲み物をいただきながら、何も考えずただただリラックス。
ある意味、贅沢な時間の使い方かもだけれど...
そんな時間も時には必要。

ココロにもシエスタを♪。

ここのおススメはコーヒーだけれど...
私はいつもミルクセーキ
その味わいもどことなく懐かしい感じ


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「第19回 あ〜てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」に出展します(詳しくはコチラ
2013年7月26日(金)〜28日(日)
11:00〜18:30
横浜赤レンガ倉庫1号館・2階
ブースナンバー 2
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/19882264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by photographerasuha | 2013-06-23 22:36 | Trackback | Comments(0)