シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ナツニサクハナ

f0203836_20591749.jpg


昨日は、67回目の "原爆の日" だった。
8月6日という日は、広島県生まれの私にとっては、特別な思いの日だ。

私が通っていた小中高では、いずれもこの日は全校登校日だった。
朝早めに登校して、午前8時15分、つまり原爆が投下された時刻に黙祷する。
たぶん、長崎県でも8月9日には同じことをやっていると思う。

学校では平和記念式典のテレビ中継を観るのだけれど、印象に残っているのはセミの鳴き声。
1分間の黙祷、 "平和の鐘" の音の後ろでクマゼミが大きな声でシャイシャイと鳴いている。
その鳴き声に、一層夏の暑さを感じたものだった。

原爆の日の登校日に「夾竹桃のうた」というのを歌った記憶がある。
歌詞の内容は、終戦からの復興と平和を願ったもの。
夾竹桃は "キョウチクトウ" と読むが、街路樹や生垣に使われていて、夏の盛りにその美しい花で楽しませてくれる。

「75年は草木さえも生えない」と言われた被爆地・ヒロシマ。
焼け野原となり放射線の影響が残るヒロシマの地に、キョウチクトウは翌年からしっかりと花を咲かせた。
それはまさに復興と希望の象徴だった。

あの日から67年。
今も平和記念公園や原爆ドームの横を流れる元安川(もとやすがわ)沿いをはじめ、いたるところで紅白に咲き誇るキョウチクトウを見ることができる。
この美しくも逞しい花は、広島の "市の花" に制定されている。

ところで、このキョウチクトウ。
その枝を箸代わりやバーベキューの串に使った程度で死亡例もあるほど、とても強い毒を持っている。
うっかり口にしないよう、くれぐれも気をつけていただきたい。

シエスタの町のセイヨウキョウチクトウ
平和で穏やかなエーゲ海の島によく似合う


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「第17回 あ〜てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」に出展します
2012年8月10日(金)〜12日(日)
11:00〜18:30
横浜赤レンガ倉庫1号館・2階
ブースナンバー52
入場無料です


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/17842332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-08-28 07:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photographerasuha at 2012-08-28 21:59
鍵コメさん

初めまして、コメントありがとうございます。
広島ご出身なのですね!。

私は福山なので、東京発の便だと広島空港に向けて降下中、左手に故郷を見ることができます。
幼い頃から親しんだ瀬戸内の風景、エーゲ海に惹かれてしまうのは、きっとそんなバックグラウンドがあるからなんでしょうネ。

それにしても、今更ながら広島、良いトコロです♪。
by photographerasuha | 2012-08-07 21:07 | Trackback | Comments(2)