シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

温かな山小屋

f0203836_20393298.jpg


アラスカの森を守るレンジャーの山小屋にて。

アラスカン・ハスキーの子犬たち。
この子たちは、ここで生まれて、ここで育ち、ここで一生を送る。

彼らの親は、犬橇(いぬぞり)の引き手を担っている。
総勢40~50頭はいるだろうか。

スノーモービルが台頭しているとはいえ、犬橇も冬のアラスカの森ではまだまだ重要な移動手段。
雪の無い季節の間(...と言っても、僅か3ヶ月ほどだけど...)も、雪の代わりに砂利を敷き詰めた道で毎日訓練が続けられる。

極寒の気候に強く、強靭な足腰と豊かなスタミナを備えたアラスカン・ハスキーは、生まれながらにしてその資質を持っている。
この子たちもまた、ゆくゆくは一人前の引き手へと育っていく。
そして、その中の一番のエリート2頭が、リーダーとして犬橇の先頭を任される。

もっとも、今はそんなことなど知る由も無い。
レンジャーの足下で、ひたすら眠っている。

穏やかな寝顔。
スースーという寝息...。

そんな様子を見ているレンジャーの表情もまたとても穏やかだ。

極寒の地の山小屋は、暖炉の火と癒しの空気で満たされ、それはそれは温かかった。

暖炉の前で眠る子犬たち
温まった毛布はまるで母親の温かさ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/16785201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yetiherder at 2011-11-07 05:53
犬は大好きなんですよ〜あ〜カワイイ。猫に見飽きて(笑)最近今まで見た事もなかったアニマルプラネットチャンネルのわんちゃんなんてたまに見てます^^;

アラスカまで行かれてるんですね!やはり写真を撮るのが楽しみで旅行されるんですか?
Commented by photographerasuha at 2011-11-07 17:50
yetiherderさん

ギリシャの島、サントリー二やミコノス以外はワンちゃんあまり見かけないですものね。
アテネにはノラちゃん、た〜くさんいましたけど...。
その点、フランスはどこに行っても、飼い犬イッパイ見かけます。

この写真、古いモノなんです。
シエスタの町を撮るようになる前は、野生動物を撮ってたんです。
コレは、アラスカにグリズリーとか撮りに行ったとき、たまたま森で見つけたレンジャー小屋にお邪魔したときのものです。

写真を撮るのはもちろん大スキですけど、私はそれ以上に旅が大スキ!。

by photographerasuha | 2011-11-05 21:06 | Trackback | Comments(2)