シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ヴィーナスの故郷

f0203836_22335493.jpg


ミロス島に来たからには、是非ともヴィーナスが発見された場所を見てみたいもの。

そんなワケで、ミロのヴィーナス発見地へ、いざ出発!。

かの有名なミロのヴィーナス。
その発見場所ならば当然ガイドブックに載っていると思いきや、これがサッパリ。
宿でもらった島のガイドブックにもマップにも、これっぽっちも見当たらない。

宿のオーナーに尋ねようにも、いつものようにどこかへ出かけてしまって、もぬけの殻。
町中を歩けば、バイクに乗った姿をちょくちょく見かけるのだけど、宿では最初に会ったきり。

ならばと、レンタカー屋に寄って、その場所を尋ねてみる。
「あの~、ミロのヴィーナ...」
「あー、場所ね。もちろん知ってるよ~。その地図貸して~。ほら、ココだよ~。」
と地図にマークしてくれた。
「行けばすぐにわかるよ~。いってらっしゃ~い。」

うーん、アバウト...

地図そのものがアバウトなので、そのうえさらにアバウトな場所を探すのはなかなか大変。
ともかく、クルマを走らせる。

宿のあるアダマスの町からはそう遠くない。
10分も走ると、その場所辺りに着いてしまった。

さあ、ドコだ?。

道という道を走ってみれど...
さっぱりわからないよ、レンタカー屋さん?。

最寄りの集落のパーキングにクルマを停め、ヒントを探しに歩いてみる。
誰か人に尋ねようにも、今はシエスタの時間。
人っ子一人、ネコ一匹さえ歩いていない。

ふと、パーキングの隅っこに、手描きの集落の案内図を見つけた。
手持ちの地図より、ずっと丁寧に描かれている。
おかげで、進むべき方向と位置関係がわかった。

よし、これで辿り着けるかも!。

---続く---

島の地図は宿やレンタカー屋などで貰える
もちろんフリー
大雑把なぶん、かえって冒険心をそそられる


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ASUHA -明日葉- 作品展
In the town of SIESTA -シエスタの町で- 2011
~エーゲ海に浮かぶ島の昼下がり
2011年9月9日(金)〜22日(木)

[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/16465647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yetiherder at 2011-08-27 02:44
うちの島もそうですが、村の中の地図はないし、パンフレットに載ってる電話番号も古いのばかりだし、観光で生きている割にはそういうことがいい加減なんですよね、この国... ^^; そのアバウトさがいい!という方には最高ですが、きっちり計画型の人はイライラすることばかりで最悪なようです (笑)
Commented by photographerasuha at 2011-08-27 11:24
yetiherderさん

その "ユルさ" が島の魅力ですね。
確かに、何でもキッチリの日本人には、慣れないうちはイライラすることもあるかも。
でも、一旦あのペースに慣れてしまうと、そんなことにイライラすることがバカバカしくなってしまう...。
日本のちょっとやり過ぎな部分・ムダな部分も見えてきますね。
by photographerasuha | 2011-08-25 23:05 | Trackback | Comments(2)