シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

シエスタの島で出逢ったアノ声

f0203836_23435664.jpg


ある日のコト。
夕食をとるため、港の近くのタベルナへ。

オーダーをすませ、他の客が美味しそうに料理を頬張るのを羨ましく眺めていたその時...

「ん?...、どこかで聞いたことのあるような声...」

遠くから潮風に乗って聴こえてくるその声は、確かに聞き覚えのある声だった。

「はて、誰だっけ?」

声はゆっくりとこちらに近づいてきて、やがてタベルナの前で立ち止まった。

声の主は女性。
見たところ、30歳くらいだろうか。
他に、彼女の夫や子供、親御さんらしき方と一緒だった。

タベルナの店先にある獲れたての魚がずらりと並べられたショーケースを見ながら、
「カラマリーア!、カラマリーア!」と連呼する彼女を中心に、さて何を食べようかと家族会議が始まった。
因みにカラマリアとは、 "イカ" のことである。

しばらく賑やかに会議が続いたが、店の奥から現れたタベルナのオーナーに促されて案内されたのは、私のすぐ隣のテーブル。
席に着いてからも会議は延々と続き、「カラマリーア!、カラマリーア!」と彼女の声が店の中に響く。
どうやら、よほど "イカ" が食べたくて仕方が無いらしい。

それにしても、気になるのは彼女の声。
その妙に親しみのある声は、確かにどこかで聞いたことのある声なのだけれど...。
隣のテーブルに座っているので顔もよく見てみるが、さっぱり思い出せない。

ウエイターにオーダーを伝えた後も、相も変わらず「カラマリーア!、カラマリーア!」と、まるでオウムのようにひたすら繰り返している。

そうこうしているうちに、私のオーダーした料理が運ばれてきた。
ハーブと一緒に煮込んだアーティチョーク、なんとも良い香り!。

「さあ、いただきまーす!」

茜色の夕焼け空が映り込んだフォークで、最初のひと切れを口に運んだちょうどその時...
彼女のテーブルに、さらに3人が遅れてやってきた。

「...............?」

「...............!」

「わかったぁーーーーーっ!!」

---続く---

追伸:
"第15回 あ〜てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫" 、無事終了しました。
ASUHA -明日葉- の作品をお買い上げいただいた皆さま、またご意見・ご感想をいただいた皆さま、
ありがとうございました。


アーティチョークの煮込み
ホクホクして、とても優しい味
ハーブの使い方はさすが地中海


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/16335668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヒラタカズヒロ at 2011-07-29 19:08 x
ホームページも拝見いたしました。素敵な写真ですね^^
Commented by photographerasuha at 2011-07-29 23:54
ヒラタさん

コメントありがとうございます。
ブログのお花の写真、透明感があってステキです。
私にはなかなか撮れません×××。
あと、webサイトのRust(錆)の写真。
個人的に、グッ!と来ました。
Commented by yetiherder at 2011-07-31 03:19
このアーティチョークの煮込み、すっごくおいしそう。ギリシャでは外食続きでも野菜不足にはならないのがうれしいですね。

続き、気になる〜!
Commented by photographerasuha at 2011-07-31 12:39
yetiherderさん

アーティチョーク、未だに日本ではなかなか根付かない食材のひとつです。
ギリシャの野菜の煮込み料理は、本当に美味しいですネ。
疲れた身体に、栄養がスッと入ってくる感じがします。
このアーティチョークは本当に超美味(しかも安い!)で、ペロッと平らげてしまいました。
by photographerasuha | 2011-07-27 23:47 | Trackback | Comments(4)