シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

地中海あらびあん

f0203836_22304783.jpg


チュニジアの "ジャスミン革命" を発端に、エジプトほか各地でさまざまな動きが活発化しています。
中東のアラブ諸国には予備群もたくさんあって、今後さらに "飛び火" する可能性も。

昨年はギリシャが経済問題から騒乱となって、スペインやポルトガルがやはりその予備群とされていました。
一見、穏やかそうに見える地中海沿岸の国々...。
実際には、いろんな問題が山積みなんですね。

ところで、エジプト。
私は学生時代に旅をしました。
写真は生憎、実家に保管していて手元に無いので、今回はお見せできないのですが。

有名なギザのピラミッド、ルクソールの王家の谷などなど、その歴史的な遺跡群からは、太古のロマンを感じずにはいられません。

滔々と流れる大河ナイル、
砂漠へとフェードアウトしてしまうかのような色彩の町並み、
シーシャ(水煙草)を楽しむ男たちで賑わうカフェ、
砂だらけの道をクルマに混じってテンコ盛りの荷物を運ぶロバ車...

一言で言えば、とにかく "カルチャー・ショック" の旅でした。
五感で感じるもの全てが、それまでに経験したモノとは別世界。

食べ物が口に合わなかったり、習慣に馴染めなかったりと、その時は何度も「早く日本に帰りたい」とさえ思ったりしましたが、より不便でより個性的だった当時のエジプトを歩いて回れたのは、今思えばとても貴重な経験でした。

そういえば、海外で日本人バックパッカーを見かけることがめっきり少なくなりました。
学生諸君には在学中に是非一度、 "旅" を体験していただきたいものです。

「出てこいや〜っ!!」

写真はチュニジア・ジェルバ島
エジプトやチュニジア、モロッコなど地中海沿岸のアラブ諸国では、ビーチはすっかり欧米化されてリゾートに姿を変えてしまったところも多く、フランスやドイツからたくさんの人々が休日のシエスタを楽しむために海を渡って来る


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/15434025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by photographerasuha | 2011-02-01 23:02 | Trackback | Comments(0)