シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

小さい秋、見つけた

f0203836_23383125.jpg


窓を開ければ、キンモクセイの香りがフワリ。
数週間前のあの暑さからは考えられないくらい、爽やかな気候になってきました。
朝夕にはコートやブーツを身にまとった方も見受けられ、秋の足音が大きくなってきたのを感じます。

エーゲ海に浮かぶシエスタの島々も、嵐のような夏の喧噪から解放されて、やっと静かで落ち着いたひとときを取り戻した時期。
秋の訪れです。

ただ、日本のように鮮やかな紅葉で彩られるわけでもなく、松茸や栗など秋ならではの味覚が出回るわけでもなく、見た目にはっきりと秋の衣装に身を包むという感じではありません。

観光客相手のお店は、そろそろ来春までの店じまいの準備を始める頃。
10月末に向けて、観光客は日を追うごとに少なくなり、お店のオーナーたちはアテネやテッサロニキなどそれぞれの家へと帰って行き、11月の声を聞くと同時に一気にオフシーズンへと突入します。

夏の間あれだけ力強く降り注いでいたお陽さまも、これから暫しの休憩に。
雨の日や、風とともに荒れる日も増えてきます。

そんなシエスタの島でも、いくつか秋らしいものを見つけることができます。

それは、オリーブやブドウ、ザクロなどの果実。
農産物として畑で栽培されているものはもちろんのこと、町を歩けばあちこちの庭に実っています。

栽培のものは収穫のあと、オリーブはオイルや石鹸や塩漬けなどなどいろんなモノに、ブドウはワイン、ザクロはジュースへとそれぞれ形を変えて、翌年のオンシーズンに備えるのです。

もし、皆さんが来年シエスタの島々を旅行されるなら、その時手にするお土産は、まさにこの秋の実りから作られているかもしれませんネ。

=追記=

日本テレビ「世界!弾丸トラベラー」で、アテネとクレタ島が2回にわたって紹介されます。
ナビゲーターは、BENIさんとクリスタル・ケイさんです。
10月9日(土)/ 24:00〜
10月16日(土)/ 23:45〜

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/14746611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kattyan62 at 2010-10-08 12:07
秋ですねぇ〜 此処、浜松も次郎柿が色づき始め、三ヶ日蜜柑も仄かな蜜柑色が付き始めました。
シェスタの町の観光オフシーズンが知りたくなりますね。
Commented by photographerasuha at 2010-10-08 18:26
柿に蜜柑ですか、日本の秋ですね。
食に芸術に読書に...、秋の夜長を楽しみましょう。
by photographerasuha | 2010-10-07 23:45 | Trackback | Comments(2)