シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ぬうでぃすと・びいち

f0203836_21173618.jpg


エーゲ海に浮かぶギリシャの島々には、たくさんの美しいビーチがあります。

例えば、日本でも有名なミコノス島。
中心地ミコノスタウンから路線バスで行けるビーチは、どこも設備がよく整っていて清潔。
ビーチにはベッドとパラソルがセットしてあり、適当に陣取っていればそのうち係のお兄さんやお姉さんが巡回してきて、料金(5ユーロくらい)を回収してベッドに印をつけて行く...というシステム。

水は言うまでもなく、とってもクリア!。
ただし、水温は真夏でもけっこう冷たいので、ご注意あれ。
砂もキレイで肌に付きにくく、手でサッと払うと簡単に落ちてしまいます。

そんな快適なミコノス島のビーチ、特徴的なコトがありまして...。
いくつかのビーチは、なんと "ヌーディスト・ビーチ" になっています。

...と言っても、なにがなんでも脱がなきゃいけないってワケではないので、ご安心を!。
「脱ぎたいヒトはご自由にどうぞ~♪」って感じです。

あちらの方々は実際にヌードで楽しむ方も多く、見渡すと "老若男女を問わず" 一糸まとわぬ姿でシエスタを楽しんでいたり、素っ裸でバタフライで泳ぎまくっていたり、波打ち際で仁王立ちになってたり...。
日本人には、なかなかエキサイティングなコトですっ。

ただ、それらは決して怪しいモノではなく、むしろとても健全な環境に保たれています。
各々が「ただただ純粋にヌードを楽しむ」って感じですね。

『郷に入っては郷に従え』

みなさん、トライしてみます???。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/14402714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かっちゃん at 2010-08-17 02:18 x
テレビや映画で観たことはあるけど、やらせだと思ってました。体形に自信がないと脱げませんね。僕など老体は恥を晒すことになります。
でも、暑い日本の家の中では晒していますよ。
男には羨ましいかもね。
Commented by photographerasuha at 2010-08-17 17:58
あちらでは本当に "老若男女" お互いに意識することも無く、純粋に楽しまれていますよ。
年配の方も少なくありません。
日本では馴染みが無いですけど、これもひとつの文化ですね。
Commented by kattyan62 at 2010-08-18 23:52
岡山倉敷の大原美術館にロダンの彫刻でね、老婦人の像が展示されてました。僕も老境に入って鏡を見るのを避けてるんですよ。気にせず裸になれる人って凄い事だと思いますね。(^^;
Commented by photographerasuha at 2010-08-19 17:28
トコロ変われば...
世界には本当にいろんな文化があり、それぞれに歴史や意味があって、知るほどに面白いです。

大原美術館のすぐ横に「エルグレコ」という珈琲館があるのをご存知でしょうか?。
もし、機会があれば、是非訪ねてみてください。
とてもステキなお店です。
by photographerasuha | 2010-08-15 21:43 | Trackback | Comments(4)