シエスタ・フォトグラファー ASUHA-明日葉- による、ゆったり・まったり・のんびり癒し系ブログ。ウェブサイト In the town of SIESTA 本編とは少し違ったGraffiti(落書き)を描きます。


by photographerasuha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タベルナ DE タベル

f0203836_2228722.jpg


"タベルナ" のストッカー。
マダイにクロダイ、カサゴ、ロブスターなどが見えますね。

獲れたての魚は、すぐお店のストッカーに並びます。
店先にあるところもありますが、厨房の中にある場合もあります。
ウエイターさんに「魚を見たい!」と言えば、快く案内してもらえますよ。

ちゃんとしたタベルナは、きちんと魚の説明をしてくれて、目の前で重さを量って(魚はグラム制料金が多いです)、値段も示してくれます。
逆に、この辺がいい加減なお店はやめておいた方がいいです。

食べたいお魚が決まったら、次はどのように調理するかを伝えます。
塩焼き、フライ、煮る......などなど、お好きなように注文してください。

私はお魚だったら、何と言っても "塩焼き" が一番!。
せっかくの秀逸な素材、シンプルに味わいたいですからね。

ギリシャでは塩焼きはオリーブオイルとレモンでいただきます。
日本のスーパーなどで売られているオリーブオイルは、その殆どがイタリア産かスペイン産。
残念ながらギリシャ産は滅多に見ませんけど、スゴ~く美味しいんですよ!。

そして焼き魚、ギリシャでは嬉しいことに "炭火焼き" なのです。
それも遠火でジリジリと!。
同じ地中海沿いでも、他の国ではガスだったりフライパンだったりするのですけどね。
一般のお宅でも夕方など、庭や軒先で七輪に炭をおこして魚を焼いている光景をよく見かけます。

さて、注文を終えたなら、あとはどこまでも青いエーゲ海を眺めながらのんびりと待ちましょう。

煙に誘われてネコたちが現れたら、そろそろ魚が焼き上がる合図。
ほら、ウエイターさんがとびきりの笑顔と一緒に運んできましたよ。

「さあ、エーゲ海の恵みを召し上がれ!」

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://siestablog.exblog.jp/tb/12674688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 絵里奈 at 2010-01-17 23:22 x
こんばんは!!!

新鮮なお魚がたくさん並んでますね~♪
私も調理法は、塩焼きでお願いしたいです(^^)
オリーブオイルとレモン。。。想像しただけでお腹がすいてきます(´∀`)☆

エーゲ海を眺めながら、お魚&猫たち。。。なんて素敵な組み合わせでしょう~♪♪本当に私の求めるものがそこにあります!!!
遠いけれど、①度(いや、何度でも)行ってみたい場所です(^ε^)
そして、海や猫たちの写真をバシバシ撮るのです♪♪
これも想像したらニヤけてしまいますよ(笑)
Commented by photographerasuha at 2010-01-18 09:16
絵里奈さん

シエスタの島のお魚は本当に新鮮です。
あと、タコやイカも美味しいんですよ。

エーゲ海の島々、魅力は他にもいっぱいあります。
もし、絵里奈さんが現地を訪れたなら、きっと住みたくなってしまうでしょうネ。
by photographerasuha | 2010-01-16 23:30 | Trackback | Comments(2)